エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンになる方法と資格

「エステティシャンになりたい!」
「エステを仕事にしたい!」
「エステティシャンになるにはどうしたらいいの?」
「エステティシャンの資格はいる?エステ資格の取り方は?」

という想いを持っている方を応援する為の情報サイトです。

↓エステティシャン資格のチェック↓
エステティシャン資格「BrushUP学び」

エステティシャンとは?どんな事をするの?

エステティシャンは主として全身美容を行なう施術者を指します。全身美容とは顔やボディのトリートメントやマッサージなどのケアを施し、美しさや健やかさをサポートする事です。

日本のエステティシャンが行なう施術としては、フェイシャルエステ、ボディケア、リフレクソロジー、脱毛などが挙げられます。

エステティシャンの手技(ハンドテクニック)により、美肌やホワイトニングの為のケア、痩身サポート、手足の脱毛の為のケアを通してお客さまの美容を支援する仕事です。

エステティシャンの仕事内容は就業先によって多少の違いがあり、フェイシャルケアやボディケアが中心の職場、脱毛や痩身が中心の職場、リフレクソロジーが中心の職場、トータルケアを行なう職場などさまざまです。

エステティシャンを仕事にする3つのメリットと魅力

エステティシャンを仕事にする3つのメリットと魅力
エステティシャンに憧れる女性はとても多いのですが、実は見た目の華やかさとは違い肉体労働であるということを知っていますか?

それでも多くの女性が一生の仕事にしたいと思うのにはそれなりに理由があります。

メリットと魅力1・努力次第で稼げる

エステティシャンの給料は就職先や働き方によって異なりますが、プロ1年目から2年目くらいは月収18万円程度といったところでしょうか。

ただ、経験を重ね実力が評価されればその分収入は徐々にアップしていきます。

サロンの中には歩合制を取り入れているところもありますので、指名数が多ければその分成績もアップし、年齢問わず高収入を目指すことは可能です。

また、経験を重ねあらゆる現場経験を積むことで有名芸能人やモデルご用達のエステティシャンとして活躍することもできるでしょう。

このように豊富な経験と途切れることのない努力次第ではいくらでも稼ぎ出すことができる職業となります。

会社努めのように最初から頭打ちのラインが分かっているような環境が嫌な方には適しているかもしれません。

メリットと魅力2・将来的に独立・フリーを目指せる

女性に人気のエステティシャンは将来的に独立し自身のサロンを持つこともできます。

独立するまでは厳しい下積みと豊富な現場経験そして幅広い人脈、知名度を広げる努力は必要ですが、それでも理想のサロンを自分のものにできるかもしれないといった夢を抱けるだけでもやりがいを感じられます。

また女性の場合若くして大手企業に就職しても、いつかは結婚し子どもを育てるために仕事をやめなければいけないという不安は常についてまわります。

子育てがひと段落しもう一度仕事をしたいと思っても、ある程度の年齢に達した女性を再び雇うほど再就職は簡単ではありません。

しかし、エステティシャンの技術を持ってさえいれば腕一本で仕事を始めることができるため、再就職への不安もありませんし自分のペースで仕事を続けることもできます。

仕事を続けるために結婚や子育てを諦めることも、結婚や子育てのために仕事を諦めることもせず両立させられるのは独立やフリーを実現できるエステティシャンという仕事のメリットといえるのではないでしょうか。

メリットと魅力3・自分自身を綺麗に保てる

エステティシャンは綺麗な人が多いのをご存知ですか?

その理由は美を提供するエステティシャンが綺麗でなければ、お客様が安心しない信頼して施術を任せられないと感じているからです。

綺麗な方がエステティシャンだと「この人に施術をやってもらえば自分も綺麗になるかもしれない」と無条件で感じられますよね。

そのためエステティシャンである限り自分自身に対する美の意識が高く綺麗であり続けられるというのです。

だからといって太っている人がエステティシャンになれないということではありません。

エステティシャンになる準備

エステシャンへの道
エステティシャンになる為には「柔道整復師(骨折・脱臼・打撲などの治療が出来る整体師)」や「あん摩マッサージ指圧師(あん摩、マッサージ、指圧が出来るマッサージ師)」などのような国家資格はありませんが、多くのエステティシャンは民間団体の認定資格(エステの資格)を取得しており、就職や転職、独立開業などの際にはこうした資格が役立ちます。

エステティシャンになる主な道は3つあります。

1、エステの専門スクールで勉強しエステの資格を取る

日本にはエステティシャンを養成する専門スクール(専門学校)がたくさんあります。

そうしたスクールに通学し、エステティシャンを目指す仲間たちと共に学ぶという方法です。

集中してエステの知識や技術を勉強できる、現役エステティシャンの講師から直接教えてもらえる、エステを学ぶ仲間ができる等のメリットがあります。

大手のエステサロンが運営しているスクールに入ると、サロン就職への道が開けるというメリットも得られるでしょう。

通常は卒業試験に合格することでエステティシャンの資格が取れます。

2、エステの通信講座で勉強しエステの資格を取る

エステティシャン養成の為の通信講座で勉強する方法です。

講座から送られてくるDVDやテキスト等の教材で学ぶほか、スクーリングという講座で講師から直接教えてもらえる機会もあります。

スクールに通学できる環境ではない人、時間やお金に余裕がない人にも適した勉強方法です。

自宅で好きな時にマイペースで勉強したい人にも向いています。

通信講座の過程を終え、試験に合格することでエステティシャン資格を取ることが出来ます。

3、エステサロンで働きながら勉強しエステの資格を取る

エステサロンからの未経験でも可の求人に応募し、採用されたら働きながら知識や技術を身に付けるという方法です。

一人前になるまでの期間は、スクールや通信講座で勉強するよりも少し長く掛かる場合があります。

仕事をして収入を得ながらプロのエステティシャンを目指したい人に向いた方法といえるでしょう。

ただし、未経験の人を雇うのは一般的には多くありません。やはり資格や経験のある人が優先されます。

有利な条件で就職する為にもエステティシャン資格はあった方が良いのです。

↓エステティシャン資格のチェック↓
エステティシャン資格「BrushUP学び」

プロのエステティシャンを目指すために必要な勉強とかかる期間

プロのエステティシャンを目指すために必要な勉強とかかる期間
エステティシャンになりたいけど一体どんな勉強をするのか全く想像もできないという方も少なくありません。

ここではどのような勉強がどのくらいの期間で学ぶ事ができるのかをまとめてみました。

どんな勉強をするの?

人を綺麗にするお手伝いをするエステティシャンは、まず人間の体、特に肌の構造や機能を知る必要があるため、皮膚学や栄養学の知識を学びます。

各学校によっては皮膚科の医師を講師に招いた講義を行っているところも増えています。

その他にも使用される道具の知識から取り扱い方、管理の方法を学びます。

さらに人を相手にするお仕事ですから「コミュニケーション能力」「接客マナー」「カウンセリングテクニック」も学習の一つに組み込まれています。

当然「フェイシャル」や「リンパドレナージュ」「ボディエステ」などの技術(手技)も学んでいきます。

勉強のスタイルは色々とありますが、学ぶ環境によって習得する期間も全く異なりますのでタイプ別に理解しておくといいでしょう。

専門の学校へ通って勉強する場合

最短でプロのエステティシャンになりたいなら各種専門学校やスクールで学ぶ事をおすすめします。

各種専門学校やスクールでは半年から1年のコースに分かれて勉強を進めます。

それぞれが習得したい資格や検定によって講座を自由に選択することもできるためピンポイントで学ぶ事ができ、卒業と同時にそれなりのスキルを身につけることができます。

また、日本エステティック協会が認定している「認定校」というものが、全国に約180校程あり資格試験が受けやすい条件となりますので、自分の目的に合わせて学校を選ぶようにしましょう。

通信教育で勉強する場合

通信講座や通信教育で勉強する場合は半年から2年程度のコースから選択可能です。

自分のライフスタイルにあわせて学習を進めることができるため、最近特に人気となっています。

通信講座で決められた学習内容を淡々とこなすことができれば、半年から1年程度でプロとして活躍できる知識と技は習得できます。

また資格や検定試験を受けることもできます。

しかし、通信の場合厳しい拘束が無くまた直接講師から指導されることも無いため「計画通りに学習が進められない」「難しい問題をクリアできない」といったデメリットもあります。

そのため2,3年経過してもなかなか基礎知識が習得できず途中で断念するケースも稀ではありません。

サロンに就職して勉強する場合

未経験のままエステティシャンサロンにアルバイトとして勤務する方もいますが、その場合でも数年程度の実務経験は必要不可欠です。

実務経験がある程度認められると各種試験において一次試験を免除されることもあります。

ただし、下積み経験は1年から2,3年は必要で、そこから資格試験取得となると最低でも3,4年の勉強期間は必要となるでしょう。

エステティシャンの仕事

エステティシャンの仕事
エステティシャンの主な就職先はエステサロンですが、近年の傾向としてサロンの専門家が進んでいます。

美容全般をサポートする総合エステサロンのほかに、美白肌つくりや痩身、脱毛処理を専門としたサロンも数多く登場しています。

都市部ではリラクゼーションを目的とした隠れ家的サロンも増えていて人気です。

サロンへの就職を考えているなら、大手サロンが運営するエステスクールや通信講座で学ぶのが効率的なので検討してみてください。

エステティシャンの自立は可能なの?

エステティシャンでも実力と努力次第で自立は可能です。

自立の代表的な例が独立開業で、起業してサロン経営を行なうというスタイルです。

そこまでの資金力がない場合は、自宅の一室を活用して隠れ家的サロンを開くという方法もあります。

最近人気なのはフリーで働くという方法で、お客さまの依頼に応じて出向エステを行なうという方法で自立しているエステティシャンもいます。

エステティシャンが就職し働ける職場の種類

エステティシャンが就職し働ける職場の種類
エステティシャンになりたいという夢は持っているものの、将来どのような就職先があるのか分からず、具体的な目標が立てられないと言う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、エステティシャンの技術を知識、それに関する資格取得後の就職先を色々と紹介しますので、将来どのような場所で働きたいのか具体的に考えてみるといいでしょう。

職場その1・大手エステサロン

美容系のスクールや通信、などを卒業した方の多くが就職先に選ぶのが、大手エステサロンです。

都心で有名なサロンや、全国展開させているサロンなど色々とありますが、毎年多くのエステティシャンの卵を募集しています。

契約社員や正社員、アルバイトやパートなど様々な勤務形態で働き、経験を積むことができるでしょう。

女性だけでなく、最近では、男性専用のサロンも増えていますので、男女問わず求人が多いのが特徴です。

職場その2・ホテル

最近のホテルには、スパやサロンが設置されているのが一般的です。
そのため、エステティシャンの技術や知識があれば、ホテルへの就職も可能です。

ただし、スパやサロンを設置しているホテルは、すべて一流ホテルのみとなるため、厳しい研修期間をクリアする必要があります。

正社員として就職できれば、一流ホテルの一員として国内外での勤務も期待できます。

職場その3・化粧品メーカー直営サロン

近年急増しているのが、化粧品メーカー直営のサロンです。

自分のお気に入りの化粧品メーカーがあれば、その直営店がないかを調べてみるといいでしょう。

自社ブランドをするため、化粧品を格安で入手できるといったメリットがあります。

職場その4・メディカルサロン

外見的な美や健康とは異なり、医療的な視点でエステティシャンとして活躍するのが、メディカルサロンの特徴です。

例えば、エステティックサロン併設の皮膚科クリニックなどが一例で、脱毛施術後のアフターケアなどを行う事もあります。

最近では、化粧品メーカー直営サロン等でもメディカルサロンが併設されています。

職場5・リラクゼーションサロン

年々注目度が高くなっているのが、リラクゼーションサロンです。

ここで勤務するエステティシャンは、セラピストと呼ばれることが多く、体だけでなく、メンタル面のサポートも同時に行います。

そのため一人ひとりのカウンセリングを重要視しているため、カウンセリング能力が必要となります。

ストレス社会で働く方が癒しを求めて、たどり着く場所となり、男女、年齢問わず、多くの客を対象にしています。

エステティシャンってどんな仕事?仕事内容と職場について

エステティシャンってどんな仕事?仕事内容と職場について
エステティシャンになりたい!だけどエステティシャンって一体どんな仕事?勤務時間は?現在の状況ってどうなっているの?などこの仕事について色々と疑問を持っている方も少なくありません。

ここではエステティシャンがどのような仕事をしているのか、現状など大まかな状況が分かるようまとめてみました。

エステティシャンの基本の仕事って?

エステティシャンの仕事は髪の毛を除く、ほぼ全身の美容を目的に施術を行います。

特に顔のマッサージを中心としたフェイシャルやダイエットや痩身、ムダ毛の処理を行う脱毛などのケアも基本業務となります。

基本業務だけでなく、施術に使用する衣類の洗濯、器具を清潔に保つための管理、室内の清掃など施術以外の業務も多くなります。

またサロンによっては化粧品やコスメ、その他の商品を販売することもあります。

エステティシャンの勤務時間・休日って?

各勤務先によって異なりますが、一般的な会社員と比較すると就業開始、終了ともに遅い傾向にあります。

利用するお客様が仕事帰りや休日などを利用することから、業務開始が10時以降、業務終了が夜の10時というのが一般的です。

さらに休日や祝日にオープンしていることが多くお休みは平日となるのが当たり前です。

シフト制を導入しているところが多いため、スタッフ同士で相談することで意外ときっちりとした休みが確保できるのも特徴的です。

エステティシャンの求人・採用募集状況って?

他の職業と比較すると時期問わず求人募集件数が多いのもエステティシャンの特徴の一つにあげられます。

経験者を優遇して採用していますが、大手サロンの中には経験、資格問わず募集していることもあって、その場合には予想以上に応募が殺到することもあります。

求人件数が多い理由の一つに見た目以のにハードワークによる体力不足、生活習慣の乱れが原因で仕事が長続きしない、それと見合ったお給料がもらえない、といった不満も離職率の高さを招いているのかも知れません。

その他、ある程度経験を重ねると独立やフリーとして道も切り開きやすいエステティシャンは、4~5年の経験者がこれまでお世話になったサロンや企業を離れるといったことも良くある状況なのです。

近年、これまで以上に美容に高い関心を持つ男女が急増していることで、エステサロンの需要は年々上昇、そのため慢性的な人件不足は否めません。

エステティシャンになるためには

エステティシャンは主婦やOLにも大変人気の職業で、副業として活用している方も多くなっています。

結婚や出産というイベントを控えている女性にとって、手に職を持つことで将来への安心感を得ることができ、エステティシャンはその中でも大変おススメの職業として注目されているのです。

特別な資格を必要としないことから、独学もしくは未経験から現場に飛び込み経験を積む人もいますが、確実に腕を磨き知識を備えるためには、美容系のスクール、専門学校、大学への進学をおススメします。

さらに資格は必要ないとはいえ、将来的に独立やフリーなど幅広い現場で活躍を希望する場合は取っておいて損は無いと言われる資格もありますので、各種資格についても十分に調べて置くようにしましょう。

エステティシャンの資格と検定

エステティシャンの資格取得
エステティシャンの仕事は幅が広く、フェイシャルやボディケアから痩身、脱毛から、アロマテラピー、リフレクソロジー、美容カウンセリング、美容アドバイスまで含む場合もあります。

その為、スクールや通信講座でしっかりと基礎から学びエステティシャンの資格を取得し、プロとして仕事ができる知識や技術を身に付けるのが早道です。

エステティシャンになる為のスクール選び3つのポイント

エステティシャンになる為のスクール選び3つのポイント
「エステティシャンのプロとして働きたい」と思ったら真っ先にすべきことはどこのスクールで学ぶかです。

独学や通信講座といった方法もありますが、最短で確実に技術や知識を身につけるためには何よりもスクールで学ぶ方が良いと言われています。

誰かの紹介や知名度などで選ぶのではなく、どのような講座を実施しどのような講師陣が在籍しているのか、費用面や就職先の実績など様々なことを確認して自分に適したスクールを見つけるようにしてください。

スクール選びのポイント1・スタイルを選択する

まずスクール選びで考えなければいけないのが、どの程度の期間通学する必要があるのかです。

例えば、一般的な大学のように月曜日から金曜日まで毎日授業が行われる全日制自分の好きな時間に通学できるフリータイム制、さらには学校に毎日通う必要のない通信制があります。

全日制は1年から2年コースが一般的で他のスタイルと異なり授業数が圧倒的に多く、エステティシャンに関する幅広い分野の知識や技術が学べます。

また全日制はたっぷりの時間をかけて技術力を向上させるため、卒業と同時に即戦力としてのエステティシャン育成が可能となるでしょう。

フリータイム制や短期コースの場合、通常1年かける授業を少ない時間に凝縮されているため全日制と比較するとスピーディーかつハードさを極めるでしょう。

コース終了後、即戦力となる実力が備わっていないこともありますので、受験資格の為など目的に応じて利用することをおススメします。

スクールには通信制を完備しているところも多く主婦やOLに人気です。

通信講座のみを行っているケースとは異なり定期的にスクールに通学するなど技術取得に関するフォロー体制も抜群です。

スクール選びのポイント2・授業内容を確認する

次に重視したいのが、どのような授業が行われているかです。

例えば、フェイシャルやボディケア、脱毛などに関する授業はエステティシャンの基礎能力とされるため、それ以外の授業内容を確認するのがおススメです。

近年注目されているのが、アロマ精油等を活用しリラクゼーションを目的とした技術でアロマの基本的な知識や技術を学べるアロマテラピーやホテルなどのスパで活用されているリフレクソロジー、ブライダルエステなどの独自のコースが展開されている場合には、将来の就職先の幅が広がるでしょう。

人気急上昇なのが、まつ毛エクステンション技術で美容系サロンでは必須メニューとなっている為、就職先にサロンを希望している方は必須科目となるでしょう。

その他にも、スクールによってはメディカルエステなど様々な講座を整えていますので、自分が目指すエステティシャンに必要な授業内容であるかを確認しましょう。

スクール選びのポイント3・実績と就職支援状況の確認をする

スクールを無事卒業できても、学んだ技術や知識を生かせなければ意味がありません。

エステティシャンになるためにスクールで学んだのですから、就職先のサポート体制が充実しているスクールを選ぶようにしましょう。

最近ではホテルや大手サロンへの推薦枠があるスクールやスクール直営のサロンを経営している場合もありますので、希望する就職先に近いスクールを選ぶのもポイントです。

ただ注意してほしいのが、直営サロンを設けているスクールの場合、直営サロン以外への就職サポートは行っていない為、ホテルや大手企業、化粧品メーカーへの就職を希望している方は別のスクールを選ぶのがおススメです。

スクール選びを行う場合は、将来自分がどのような場所で活躍しているのかをイメージしながら行うといいでしょう。

エステシャンに向いている人

思いやりの気持ちがある

エステティシャンには知識や技能だけでなく、施術をする対象への思いやりの心が不可欠です。

単に報酬を受け取るために施術を行なうというのではなく、相手をきれいにしたい、より美しくしてあげたいという心のある人がエステティシャンに向いています。

お客さまの希望や悩みに心の底から寄り添うという気持ちがあれば相手に満足してもらう事ができるからです。

体力に自信がある

一日中立ちっ放しで腕や指先に力を込めて施術を行なうわけですから、一定の体力が欠かせません。

特別なトレーニングや運動経験は必要ないものの、ある程度体力に自信がある人がエステティシャンに適しているといえるでしょう。

あまり体力に自信がないという人は、簡単なエクササイズから体力つくりにトライしてみるといいかもしれません。

エステティシャンになる為に勉強しておきたい事

トークの勉強をする

エステティシャンは施術を行なう前にお客さまのカウンセリングをします。

お客さまの美容に関する希望や悩みを聞き、どんな施術が必要なのかという聞き取りをする為です。

エステの施術中もお客さまの話を聞いたり、リラックスしてもらえるような会話をするのが一般的です。

その為には仕事で使えるトークスキルが求められますので、トークに関する本を読んだり滑舌をよくする話し方の勉強をしておくと後で役立ちます。

美容のトレンドを知る

「美しさ」の基準は時代や国によっても異なります。

エステティシャンとしてお客さまと接するうえでは、美容に関するトレンドを知る事も大切です。

今、欧米ではどんな美容が流行っているのか、セレブに人気の美容はどんなものか、本場のエステサロンで好評の施術は何か等々、美容のトレンドを勉強する習慣を付けておいてはどうでしょうか。

こうした習慣は必ず自分の財産になります。

エステティシャンの世界に興味があるあなたへ!

ここまで、エステティシャンの世界や仕事についていろいろと説明してきましたが、多くを言いすぎたために
「じゃあ、これからどうすれば良いの?」
「結局なにから始めるべき?」
「自分には向いていないかも・・・」
などと思ったかもしれません。

でも、大丈夫です。ここまで読んで頂いたあなたならこれからも問題なく進めます。

とりあえず、今やって頂くことは「講座を受講してもらう事です!」

なんて言いません。そんな必要はまだありません。

本当に【今やるべきは無料の資料を貰う】ただそれだけです。

無料の資料を貰って、自分に向いているかを確認してください。資料も1つではなく、3つぐらいを比べてみると更に自分がこの世界とどう関わりたいのかが見えてきます。

「資料を貰うのは今度でいいや」なんて考えないでください。

よく「〇〇は明日しよ~」と思っていたことが、明日になっても一週間経っても、一ヶ月経ってもやらないことありませんか?

そうならないように、今すぐ行動してください。今1分行動するだけで、それが明日につながります!

今すぐ【無料の資料を貰う】は↓から確認してください。


「BrushUP学び」エステティシャンの資格をチェック!
エステティシャン資格「BrushUP学び」

「BrushUP学び」が提供する日本全国のエステティシャン資格一括請求サービスです。地域ごとに「通学」できるスクールの確認はもちろん、どこからでも学べる「通信講座」のチェックもできます。

あなたにとって最適なスクールや講座を比較することが出来るので、複数のスクールや講座から資料をお取り寄せ下さい。



「ビューティー資格ナビ」のエステティシャン資格
エステティシャン資格「ビューティー資格ナビ」

『ビューティー資格ナビ』でも同じく、日本全国の「エステティシャン講座」を比較できる一括資料請求サイトです。

地域によっては『BrushUP学び』とは違った講座が選べますので、物足りない方はこちらもチェックしてみて下さい。



複数の学校に一括資料請求!【なるには進学サイト】
ペット関連の専門学校資料請求

【なるには進学サイト】では、エステティシャンになる為の専門学校の資料請求が一括で行えるサイトです。
エステティシャンの仕事に関わる技術をきちんと学びたい、学生さんやフリーターにおすすめです。
もちろん、通信制講座と比較したい方、多くの専門学校の情報を見てみたい方もチェックしてみて下さい。