ネイリストになる方法と資格

ネイリストになる方法と資格

「プロのネイリストに憧れる!」
「ネイル資格を取得し知識を身に付けたい!」
「大好きなネイルを仕事にしたい!」
「ネイルアートに興味があるけど、どうすればプロになれる?」
「ネイリストに資格は必要?ネイルの資格の取り方は?」

そんな想いを持ち、ネイリストの仕事に興味があるという方を応援する為の情報サイトです。


▼クラスタイルネイルカレッジ▼
クラスタイルネイルカレッジ

『クラスタイルネイルカレッジ』では、「JNECネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」に対応した通信講座とスクールで学ぶことが出来るネイルの専門学校です。

  • ネイリスト技能検定もジェルネイル技能検定も気になる!
  • 通信講座か通学講座かで迷っている!
  • 自分に合うネイルの学習コースを知りたい!
  • どんな流れで勉強し、資格取得でネイリストになるの?

など、気になることが一つでもあれば資料請求をしてみください。どんな学校なのか?どんなカリキュラムなのか?等も解決してくれます。

もちろん資料請求は無料ですので、先ずはお気軽に資料を取り寄せてください。

ネイリストとは?ネイルアート資格の基礎知識

ネイリストとは?基礎知識
ネイリストとは、女性の爪の形を整えたり、エナメルやジェルなどで美しく飾る職業です。

手足の爪のお手入れをするネイルケア、爪に彩色したりラメやストーンを施す、人工の爪を付けるネイルアート等の施術を行ないます。

元々は爪の形を整えるファイリング、爪を磨くバフィング、甘皮の手入れをするキューティクルケアなどがネイリストの業務の中心でした。

最近ではより装飾的なグリッターや3Dアート、ペイントアートなどネイルアートなどの業務が増える傾向にあります。

ケアやアートと並行して、深爪や巻き爪の矯正といった爪の健康をサポートする施術を行なうネイリストもいます。

美しい爪を作るための爪本来の健康をサポートしつつ、魅力あふれるアートを施すのがネイリストという仕事なのです。

ネイリストの知識と技術を身に付ける3つのメリット

知識と技術を身に付ける3つのメリット
ネイリストになる!ネイルの資格を取る!

でも、「ネイルの資格取得が面倒だ・・・。」「難しい資格勉強は無理だ・・・。」と思っている方にも、ネイリストの知識と技術を取得するだけで、将来的に多くのメリットがあることをご紹介します。

美を追求する楽しさが実感できる

年齢問わず永遠のテーマになるのが「美」。
いやむしろ、年齢を重ねれば重ねるほどに美は絶対的なものになるでしょう。

しかし、老いに抵抗することは難しいのは事実。
ただ、その老いをカバーできるのは髪の毛やファッション、スタイルなどのおしゃれではないでしょうか。

その中の一つに「爪(つめ)」があります。
例え、見るからに年老いた女性でも、爪先がしっかりとケアされ美しくアートが施されていれば、それだけですごくおしゃれな印象を受けますよね。

逆に若く、ブランド品で身を固めていても爪先のケアを怠り、手を抜いているのがあからさまの場合にはそれだけでがっかりすることもあります。

特別なシーンだけでなくビジネスシーンなどあらゆる環境において注目される手元ですから、爪先までしっかりとした美を追求したい方には断然お勧めです。

ネイリストの知識や技術があれば、わざわざサロンに行く必要もありませんし自らの爪をケアし、アートできるのは本当にすばらしいこと。
ファッションやヘアスタイル、シーンに合わせて自由自在におしゃれを取り入れることができるでしょう。

ネイルの資格があればどこでも働ける

結婚して、子供ができ子育てや家事に追われていると、どうしても仕事と両立するのは難しくなります。
妻、母親である以上家庭をおろそかにできず次第に家庭におさまってしまう人も少なくありません。

その結果、子供が手を離れ自分の時間がたっぷりと作れる時期にきても手に職を持っていないために、ただじっと家庭におさまっているという人もいるのです。
しかしネイリストとしての知識や技術力があれば、どんな時でもどんな場所でだって働くことができるのです。

サロンで働いたり自宅でのんびりと働くことも可能。
また万が一、引越しや夫の転勤で海外へ行くことになっても世界中でネイリストとして活躍することはできます。

最悪夫と離婚することになっても、ネイルの資格があり手に職を持っていれば女手一つで子どもを立派に育てることも不可能ではありません。
いざというときの自分への投資になると考えると今のうちにネイリストの資格を持っているのも無駄ではないですよね。

ネイリストはいろいろな働き先がある

本格的なプロのネイリストとして働くには、資格を取得すること。ネイル関連に必要な資格を持っていると色々な働き方が楽しめます。
もっともポピュラーな方法がサロン勤務です。

有名サロンから規模の小さなサロン、美容室と併設のネイルサロンからウェディングシーンで活躍するネイルサロンなど色々なジャンルの店で働くことができます。
幅広い年齢層の客と接することもできますので、毎日が楽しく充実できること間違いありません。

その他、フリーのネイリストして世界中を飛び回っている方もいます。
各地域のイベント、出張先へのネイルサービスなど評判が広まれば有名人などの専属ネイリストとして幅広い活躍が期待できます。

ネイルの資格を持っている多くの方が最終的な目標にあげているのが独立開業
経験と技術力を身につけ、自分のサロンを持つことを夢にしている方も少なくありません。

自宅を改装し、小さく始める人もいれば大規模展開を行い成功を収めている人も非常に多いのです。
憧れの経営者になることも不可能ではありません。

以上のようにネイルの資格を持っているだけでネイリストとして活躍する場所は多岐にわたります。
プロのネイリストとして働くだけでなく、自分自身のおしゃれに磨きをかけたいと言う方にも一切の損がないのが魅力的なところです。

ネイル資格の取り方とネイリストになる為の準備

ネイリストになる為の準備

ネイリストになるには資格がいる?3つの道となり方

日本では「ネイリストになる為の資格」が絶対必要というわけではありません。

美容師のような国家資格は必要なく、誰でも自由にネイリストの仕事をする事ができます。

ネイリストとしての勉強をしていなくても就職や開業は可能というわけですが、プロとしての知識やスキルが身に付いていなければ成功は難しいというのも事実です。

ですので、ネイリストとして、活躍する為にはネイル関連の資格を持っていた方が絶対有利なのです。また、現役のネイリストの多くはネイルの資格を持っているのが普通。

ネイリストの資格を取得するには次の3つの方法があります。

1、ネイルスクールで知識や技術を勉強し、資格を取る

ネイルスクールに入学し、通学でネイルの知識や技術を身に付ける方法です。入学金や授業料が必要ではあるものの、最も確実にプロへの道を目指せる方法といえるでしょう。

スクールで学んだ事は後々プロになってから大いに役立ちます。大抵、スクールを卒業する時の試験に合格することで資格を取得することが出来ます。

2、ネイルの通信教育で知識や技術を習得し、資格を取る

スクールに通う時間の余裕がない人、自宅の近隣にスクールがない人などに適した方法です。実績のある通信講座でしっかり学べばネイリストになる道が開けてきます。

費用もスクール通学より低く抑える事ができるというメリットもあります。独学でありながら、しっかりした教材などによって資格を取る事が出来ます。

3、ネイルサロンに就職して働きながら、資格を取る

ネイルサロンに就職し、サロンで働きながらネイルの知識や技術を学んでプロになる方法です。勉強の為の費用は必要がないものの、未経験可のサロン求人を探したり、仕事をしながら学ぶ為、かなりの努力が必要になるかもしれません。

サロンによっては、研修を終える事で資格を取得できる場合もありますが、すべてのサロンで取れるとは限りません。


▼クラスタイルネイルカレッジ▼
クラスタイルネイルカレッジ

『クラスタイルネイルカレッジ』では、「JNECネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」に対応した通信講座とスクールで学ぶことが出来るネイルの専門学校です。

  • ネイリスト技能検定もジェルネイル技能検定も気になる!
  • 通信講座か通学講座かで迷っている!
  • 自分に合うネイルの学習コースを知りたい!
  • どんな流れで勉強し、資格取得でネイリストになるの?

など、気になることが一つでもあれば資料請求をしてみください。どんな学校なのか?どんなカリキュラムなのか?等も解決してくれます。

もちろん資料請求は無料ですので、先ずはお気軽に資料を取り寄せてください。

ネイリストの資格があると就職に絶対有利!独立後にも影響

資格がある人ない人の差
プロのネイリストになるためには、資格は絶対に必要なの?

ネイリストになるには特に資格が必要だとは決められていないので、そんな風に思う方も少なくありません。

ただ、プロのネイリストに求められているものは単に爪を綺麗にすることだけではありません。
趣味程度であれば、何ら問題はありませんがお客さんに金を払ってもらい、満足させるためにはネイルの技術力、知識が要求されます。

例えば、爪に特殊な液を使って、ネールアートを施した結果アレルギーは起り、爪や手全体に炎症を引き起こしたというケースも少なくありません。

十分な知識が無いままにネイリストとして施術をしたがゆえの最悪の結果です。
また多少ネイルの技術があるからといって、サロンで勤務できるほど甘いものでもありません。

ネイリストの資格取得が推奨されている理由をご紹介します。

ネイリストの資格が必要な理由は「安心と信頼」

ネイリストには、特に資格は必要ありませんが、資格を持っている人と、もっていない人とでは働く環境に大きな違いがあります。

お金を得ず、好意で友達や家族にネイルをする分には、資格は無くてもいいでしょう。
しかし、プロのネイリストとして有名サロンで勤務したり、世界のトップアーティストを目指す、または講師として活躍したいと思うならば資格を持っていなければその道を開くことはできません。

またフリーや独立するネイリストの方にも資格は必要不可欠です。なぜなら初めてのネイルサロンを利用する客が確認しているのは、どのような資格を持っているかなどです。

お金を払って施術を受けるのですから「安心感」は絶対です。それなのに無資格のネイリストに対応してもらってもうれしくありませんよね。

特に新規のお客様が数あるネイルサロンやフリーで活躍しているネイリストの中から選ぶ基準となるのが、どのような資格を持っているかという点になります。

ネイリスト1級の資格があれば就職活動に有利

ネイリストの職場ネイルサロン
お客さんを安心させることができるネイリストの資格ですが、とはいえ色々な資格があって、それぞれにレベルがあります。
特に難しいとされているのが、ネイリスト1級の資格でこれをもっていれば確実に就職に有利に働くとされています。

ネイル資格取得には費用が必要となりますが、持っている人と、もっていない人とでは仕事の幅に大きな違いがありますので、できるだけ取得するようにしましょう。

ネイリスト資格さえ持っていれば、全国にあるすべてのネイルサロンで活躍することもできますし年齢問わずいつまでもネイリストとして活躍することもできます。

また資格取得をしておくことで、単なるサロン勤務のネイリストだけにとどまらず、最終的にはネイルの知識や技術力を若い人に教える立場として活躍することもできるのです。

講師になることができれば、たとえ年齢の影響で手先の細かい仕事ができなくても、高齢者になるまで教壇に立つことも夢ではないのです。

しつこいようですが、それには資格取得は絶対条件となりますので、難しい資格にも果敢にチャレンジできるように優れた環境に身をおいて勉強するようにしましょう。

ネイリストとして働ける職場

ネイリストとして働ける職場
美に対する関心が高く爪の先までおしゃれをたのしみたい、ネイルをするのが大好きだということから、将来の仕事にしたいとネイリストを目指している人が増えています。

ただネイリストといっても、サロン以外でどのような働き先があるのか、全く想像できない人も少なくありません。

働く環境によって、収入面ややりがいにも大きな違いがありますので、目標を高く持つためにもネイリストの働く職場についてご紹介します。

ネイリストの働く環境1:ネイルサロン

ネイル専門の学校や通信教育などを終了したばかりの方が働く先にあげているのが、ネイルサロンです。もっともポピュラーな職場といえます。
ネイルサロンとは、実際の店舗を構え、そこに訪れた客に対しネイルアートを施術するスタイルで、有名なサロンになればなるほど1日に対応する客数は多くなります。

実際の現場で数をこなし、スピーディーに経験を重ねるには最高の環境であると言えます。

ただ、日々忙しくするよりは、じっくりと時間をかけて技術力を磨き、経験を重ねたいという方には規模の小さなネイルサロンを選択するといいでしょう。

個人で経営しているようなこじんまりとしたネイルサロンの場合、1日の対応できる客数が限られていることが多く焦らず自分のペースで経験を重ねることができます。

ただし、有名サロンのように高い実績を残せるわけではありませんので、ネイルサロン勤務から講師としてのキャリアアップを考えている方には不適な職場であると思われます。

将来どのような目標を持っているのかによって、職場を決めるようにしましょう。

また未経験や資格を問わないとした条件を掲げているネイルサロンも多く、無資格でも働くことはできますが店長やマネージャーとして昇格するためにも最低限必要な資格は取得しておくことをおすすめします。

ネイリストの働く環境2:美容室やエステサロンとの併設

最近多いのが、ネイル専門のサロンではなく美容室やエステサロンの中に設置されているネイルサロンもあります。
例えば、ヘアアレンジメインで来客した方の中には、ついでにネイルアートも希望することが多く、1美容室に対し1人から2人程度のネイリストを雇っていることもあります。

その他にもウエディング専門のエステサロンなどの場合には、結婚式前日などにネイルアートを施すこともあるなど、お客様の希望に応じて対応するネイリストの職場もあります。

その場合、常勤ではなく依頼を受けてからの対応となりますので、勤務形態が若干異なる可能性もあります。フルタイムで働くことができない育児や家事との両立を考えている方にとっては、最高の職場ではないでしょうか。

美容室やサロンによっては、出張サービスを行っているところも多くブライダル会場に出張したりとあらゆる場所に出向いたネイルサービスも展開しています。

同じところにとどまってネイリストとして働くよりは、色々な環境で自分の実力を試したいという方にもおすすめです。その場合には、直接美容室やサロンに雇われる以外に派遣スタッフとして登録することもできます。

ネイリストの働く環境3:ネイルの講師

幅広い経験を重ね、豊富な知識と高い技術力、さらに経営に関するテクニックなども備わったら次のステップとしてネイリスト講師として働くこともできます。

その場合、ネイル専門学校やスクール、通信講座や通信教育の場所が職場になりますのでいわゆる先生としての立場になるでしょう。

将来への夢にひた走っている生徒を前に経験したことを一つ一つ教えていく作業になりますので、人に教えるだけの豊富な経験、知識は必要不可欠です。

講師として働く場合には、どのような経験と実績があるのかが判断されます。

  • 有名ネイルサロンで店長やマネージャーとして働いてきた経験があるか
  • 世界のトップモデルの専属ネイリストの経験があるか
  • 雑誌やCMなどに関わった経験があるか

などありとあらゆる実績が必要となるでしょう。

講師として働くことができれば、雑誌のコラムやパネリストとして各メディアが職場になる事もありますので、ここまでの技術力と知識を養うことができれば、さらに活躍の場は広がりを見せることでしょう。

ネイリストの働く環境4:独立開業

ネイリストとしての最終的な目標に独立開業をおいているかたも少なくありません。
ある程度の経験を重ねた後、オーナーとしての地位を得たいと思うのは誰しも同じことでしょう。

その場合、新店舗を構える場合や自宅の一室を改装する方法、マンションの1室で開業する方法など色々とあります。
美容院やエステサロンのように大掛かりな器具やスペースは特に必要ないことから、自宅を改装する方が意外と多いのが特徴的です。

つまり自宅が職場になることで、生涯ずっとネイリストとして働くことができるのです。

ネイリストの資格と検定

ネイリストの資格を勉強
ネイリストになるにはスクールや通信講座でしっかりと基礎から学び、プロとして仕事ができる知識や技術を身に付けるのが早道です。

一人前のネイリストとして自立する為には、まずはサロン勤務で経験と実績を積んでいきましょう。

サロンでは働いて収入を得ながら、ネイリストとして必要なノウハウを学ぶ事ができます。店長や先輩の技術を見て覚えたり、お客さまと接するマナーなども勉強できるなどメリットが多いのも特徴です。

ネイリストとして成長しつつ、リピーターのお客さまを増やしたり資金を溜めれば独立開業も夢ではありません。

働きながらネイル資格取得!通信講座でネイリストになる!

通信教育・通信講座でもネイリストになれる
ネイリストになりたいと思っている方の中には、日々家事や育児に忙しくしている主婦や本業に就いているOL、別の学校に通学中の学生もいるでしょう。

他の仕事やライフスタイルと両立させながら、ネイリストを目指すための強い味方になるのがネイルの通信講座です。

通信講座はネイル専門の学校と比較すると価格や安く、なりより空いている時間を活用して知識や技術を学ぶこともできます。

努力次第では、プロのネイリストとして活躍できるだけの資格を取得することも不可能ではありません。事実、通信講座を利用して、全くの素人からプロネイリストになった人も少なくありません。

ただし、相当な努力と根性は必要不可欠です。現在ネイリストになりたいのに、別の理由で学校に通うことを諦めている人は通信講座のメリットを最大限に活かしてみると良いでしょう。

ネイル通信講座のメリットは自分のペースで学べること

ネイリストを目指している方が利用する通信講座のメリットは、なんといってもライフスタイルに合わせた勉強計画が作れるという点です。

仕事や家事、育児で忙しくしている、予算の都合でネイル専門のスクールに通うことができない等、色々な理由を抱えネイリストになることを諦めている人も、ネイル通信講座を最大限活用することでネイルアートの技術や知識を学ぶことは可能です。

ネイルの学習スケジュール

ネイル通信講座は、通学スタイルの学校のように学校側が決めたスケジュールどおりに講座を受講するのではなく、自分の時間を中心に学習計画を立てることができます。

例えば、主婦の場合は子供が学校へ通っている時間帯、その他小さな子供がお昼寝をしている時間帯を利用するのがもっとも良い方法でしょう。

その他、日中は別の仕事に従事している女性の場合は、夕方から深夜にかけての時間帯を利用したいと思っているかもしれません。

通信講座は、ありとあらゆる方の時間に合わせて、いつでも気軽に学習を行うことができるのです。
スクールに通うには、時間がない、独学ではレベルアップが難しいなどの問題はありますが、通信講座ならこれらの問題をクリアできるはずです。

通信講座なら費用もお得

通学スタイルの学校よりは、価格も抑えることができ、かつ独学よりは若干費用はかかるものの独学では難しい資格取得を狙うことも可能です。

さらにネイル通信講座の場合、わざわざ学校へ通うために時間を割いて電車やバスなどの異動時間や料金等の出費を省くこともでき、その分学習時間にあてることができるのも魅力の一つです。

ネイル通信講座のデメリットとは

通信講座は、メリットだけではありません。
ネイル専門学校の場合、学校に通学さえすれば後は机に座っているだけで否が応でも授業を受けなければなりません。

モチベーションの維持に気を付ける

しかし、通信講座の場合自分の意思で学習する環境を整え、机に向かいペンを持ち教材を開き学習をスタートさせる必要があります。

そのため、あらゆる誘惑に負けてしまいなかなか机に向かうことができない可能性もゼロではないのです。
さらに、難しい問題に直面した際、すぐに質問をすることができずスムーズに学習ができない事も多々発生するでしょう。

臨場感や緊張感に気を付ける

その他、技術面においても直接指導してくれる人がいないため、自己評価が甘くレベルアップがどこまで進んでいるのかを把握するのが難しい状況といえます。

最近の通信講座は、インターネットやSkype等を活用し講師と直接話をすることもできますが、やはり強い覚悟と意志、努力はネイル専門学校に通う生徒以上に維持しなければ続けられません。

ネイリストになるために、通信講座を利用するということは、いかにモチベーションを維持するかが大きなポイントになってくるでしょう。

ネイルの資格取得で通信講座を選ぶポイント

メリットとデメリットをよく理解した上で、通信講座を利用する決意が固まったらまず、いくつかの会社の講座の資料を入手し比較検討してください。

講座の内容、価格、資格取得の有無など詳しく確認し、さらには実際にその講座を利用した方の体験談を参考にするのもおすすめです。

会社によって受講料も大きく異なりますので、価格に見合った内容なのか、終了と同時にネイリストとして仕事に就けるレベルまで対応しているか、などが講座を選ぶ大きなポイントになるでしょう。

またネイル資格取得を目指している方は、事前に資格取得に必要な条件を満たした講座であるのかも確認してください。

ネイリスト資格取得!ネイルスクール・講座の選び方

ライフスタイルに合わせたスクール・講座を選べ
ネイリストになる為、市販されている参考書などを活用し、独学で知識や技術力を得ることも不可能ではありません。
サロンで働きたいと希望している方でも、採用条件に「未経験可能」もしくは「資格問わない」などが記載されていればアルバイトとして勤務することはできるはずです。

しかし、プロのネイリストとして将来独立開業やフリーのネイリスト、さらにはモデルや女優さんなどトップアーティストに混じって活躍したいと思っているならばネイル資格を取得する方が断然有利です。

また経験を積んで将来的には、教える立場になりたいと講師への夢を抱いている方は、資格取得は絶対条件に挙げられています。

資格取得には必ずしも通学が必要とは限りません。

最近では、通信講座などを利用して資格取得に挑む方も増えています。

ただ、現場で活躍している現役のネイリストから直接学ぶことができるスクールという環境は確実にかつスピーディーにプロのネイリストとしての実力をつけることができるのです。

ネイルスクール・専門学校の選び方

独学に比べるとはるかに技術力と知識を養うことができるネイル専門のスクールですが、現在非常に多くの学校が存在しているためどのようなところを選べばいいのか迷っている方も多いはずです。

全日制のネイルスクール

例えば、普通の学校のように月曜日から金曜日までの朝から夕方近くまで通うタイプの学校。

ネイルの夜間学校

仕事をしながらネイリストの資格を取得したいと思っている方などには夜間に講座を開講しているところもあります。

学費や卒業後のサポート

ライフスタイルや目的などによって通学するスタイルは大きく異なります。さらに学費も各学校によって様々です。

講座のみを受講するところよりも、資格取得から卒業後のアフターフォロー、就職斡旋までサポートしてくれる学校もあります。

後者の方が学費が高く設定されていることが多いですので、自分のペースや目的予算に合った学校を選べるようにしてください。

学校の資料やパンフレットを集める

ネイリストの専門スクールに通う場合、通常の大学や専門学校のように入学試験等はなく手続きのみで入学できるのが一般的です。

これまでの経験等も一切必要ありせんし、当然学歴も必要ありません。

またネイリストの知識が全くない初心者でも入学すること可能ですから、まずは気になるスクールの資料を取り寄せて詳しい内容を確認してみるといいでしょう。

ネイル講座やネイルスクールの費用はどれくらい?

各専門スクールによって学費は様々ですので一概にどのくらいとはいいきれません。

平均すると5万から10万前後の講座が一般的です。

ただ、講座の件数もしくは内容、技術対応に資格取得などすべての内容を含めると50万以上もしくは100万で設定されているところもあります。

支払い方法についても、一括、分割など学校によって全く異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

ネイリストの世界に興味があるあなたへ!

ここまで、ネイリストの世界や仕事についていろいろと説明してきましたが、多くを言いすぎたために
「じゃあ、これからどうすれば良いの?」
「結局なにから始めるべき?」
「自分には向いていないかも・・・」
などと思ったかもしれません。

でも、大丈夫です。ここまで読んで頂いたあなたならこれからも問題なく進めます。

とりあえず、今やって頂くことは「講座を受講してもらう事です!」

なんて言いません。そんな必要はまだありません。

本当に【今やるべきは無料の資料を貰う】ただそれだけです。

無料の資料を貰って、自分に向いているかを確認してください。資料も1つではなく、3つぐらいを比べてみると更に自分がこの世界とどう関わりたいのかが見えてきます。

「資料を貰うのは今度でいいや」なんて考えないでください。

よく「〇〇は明日しよ~」と思っていたことが、明日になっても一週間経っても、一ヶ月経ってもやらないことありませんか?

そうならないように、今すぐ行動してください。今1分行動するだけで、それが明日につながります!

今すぐ【無料の資料を貰う】は↓から確認してください。


▼クラスタイルネイルカレッジ▼
クラスタイルネイルカレッジ

『クラスタイルネイルカレッジ』では、「JNECネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」に対応した通信講座とスクールで学ぶことが出来るネイルの専門学校です。

  • ネイリスト技能検定もジェルネイル技能検定も気になる!
  • 通信講座か通学講座かで迷っている!
  • 自分に合うネイルの学習コースを知りたい!
  • どんな流れで勉強し、資格取得でネイリストになるの?

など、気になることが一つでもあれば資料請求をしてみください。どんな学校なのか?どんなカリキュラムなのか?等も解決してくれます。

もちろん資料請求は無料ですので、先ずはお気軽に資料を取り寄せてください。



▼ネイルスクールラボ▼
ネイルスクールラボ

ネイルスクールラボは日本全国の「通信講座」「スクール」の資料請求が行えるサイトです。
その為ネイリストになる為の様々なコースがあり、自分が目指したい仕事や、合いそうなスクールを選ぶことが出来ます。

ネイリストのお仕事に就きたいという方や、とりあえずネイルの資格を取っておきたい方であれば、一度目を通しておいても損はありません。
先ずは、無料の資料請求から興味があるパンフレットをお取り寄せください。



▼ジェルネイル認定講師講座▼
ジェルネイル認定講師 資格取得講座

【ジェルネイル認定講師 資格取得講座】は、ジェルネイルを仕事にする為の知識と技術が学べる資格講座です。
未経験からでもジェルネイルの仕事に関わる技術を学べ、将来ネイリストとしてを活躍したいという方におすすめです。
資料請求は無料ですので、ネイリストの情報を探している方もチェックしてみて下さい。



▼ビューティー資格ナビ▼
ビューティ資格ネイル

美容系専門の資格情報サイト「ビューティー資格ナビ」では、プロのネイリストの声なども掲載されているので、ネイリストを目指す方にはとても参考になります。
複数の専門学校やスクールの資料が一度にもらえるので、いろいろ比較してみたい方はこちらがおすすめです。



▼なるには進学サイト▼
ペット関連の専門学校資料請求

【なるには進学サイト】では、ネイリストになる為の専門学校の資料請求が一括で行えるサイトです。
ネイリストの仕事に関わる技術をきちんと学びたい、学生さんやフリーターにおすすめです。
もちろん、通信制講座と比較したい方、多くの専門学校の情報を見てみたい方もチェックしてみて下さい。