宅地建物取引士

宅地建物取引士の資格難易度?通信講座と独学について

宅地建物取引士の資格試験の難易度は?

宅地建物取引士の資格試験の難易度は?

「宅地建物取引士の資格試験の内容は?」
「合格するために必要な勉強時間って?独学でもいいの?」
「毎年の受験者数や合格者は?」
「宅地建物取引士資格の難易度って?」

ここでは、「宅地建物取引士」資格学習対策に必要な情報をまとめます。

「宅地建物取引士」の資格って?試験内容は?

「宅地建物取引士」の資格受験に制限はありません。
学歴はもちろん、未成年の受験も可能で、過去13歳で合格した方も。

また90歳の合格者もいるなど、幅広い年齢層の方が毎年「宅地建物取引士」資格受験にチャレンジしています。
取得後は、不動産業界はもちろん、金融機関、小売業、飲食店など幅広い分野への就職も可能で、転職にも有利。

さらに、ライフワークにも活かすことが可能で、昨今若い世代から高く評価されています。

「宅地建物取引士」資格試験内容は4分野

試験内容は、主に、不動産関連の法律、税に関する問題で、「権利関係」「法令上の制限」「宅建業法」「税金その他」の4分野から出題されます。
出題形式は、4肢択一で記述はありませんが、広範囲分野から出題されるので、早めの学習計画が必要です。

「宅地建物取引士」合格に必要な勉強時間の目安

勉強時間は、個々の能力により差はありますが、計画的かつ、効率よく学習を進めることで、3ヶ月程度で合格された方も珍しくありません。
一般的な目安としては、350時間。

1日2時間、週5日の6ヶ月程、学習を集中するのがベスト。
ただし、資格試験は1年1回しか実施されないので、そのチャンスをムダにしないよう自身にあった学習計画をしっかりと組み立てる事をおススメします。

また、「宅地建物取引士」の資格試験は、出題パターンがある程度決まっていることから、過去の試験問題集を繰り返し行なう方も多くいます。

「宅地建物取引士」資格の難易度や合格率って?

次に、1年に1回実施される「宅地建物取引士」の受験者数や合格者データを確認しましょう。
試験データを知ることで、資格試験に向けた意欲向上やより良い学習計画の組み立てに活かせます。

17%前後の合格率!毎年3万人以上が合格!

「宅地建物取引士」は、人気急増の資格で、受験者数も年々増加。
毎年20万人前後の方が受験しています。

内、合格者は3万人前後で、合格率17%。
これは、国家試験の中でもかなり高い合格率といえます。

ただ広範囲の分野から問題が出題されるので、しっかりとした学習の下でなければ、簡単には合格できません。
さらに、何度も言いますが、チャンスは年1回なので、決して後悔しないよう早めに学習に取り組むようにしましょう。

合格最低ラインは?テストで難点取ればいいの?

公表されている「宅地建物取引士」資格試験合格点を確認すると、合格最低点は、ほぼ35点前後で推移しています。
つまり、50点満点中7割以上の正解で合格できる計算です。

ただし、受験した年の問題内容によっては、例年にない高い点数での合格最低点が出ることもあるので、油断は禁物です。
幅広い分野を網羅し、一つ一つの問題を確実に回答できるようしっかり学習しましょう。

専門学校や通信講座利用者が合格しやすいってホント?

合格者についての詳細は公表されていませんが、独学より「宅地建物取引士」資格関連スクール卒業生が高い合格率を出しているのは明らかです。
これは、各スクールや通信講座などの公式サイトで発表されている合格率などから分かります。

独学の場合、テキスト選びからすべて自身で行なう必要があり、また学習計画、取り組む姿勢なども全て自己管理です。
そのため、効率よく学習できないのがデメリットで、合格率低下の原因。

一方、「宅地建物取引士」関連のスクールを利用した場合、その資格に精通した講師がみっちり教えます。
実際に「宅地建物取引士」として現役で活躍している方から勉強を学ぶことができるので、結果高い合格率へと繋がります。

どの方法で、学習を進めるべきか、早めに検討しましょう。
スクール希望の場合は無料の資料請求が可能なので、早めに情報を入手しておきましょう。

他資格と比べて「宅地建物取引士」資格の難易度は低い?それとも高い?

毎年の合格率17%前後、3万人が合格している・・・
と言われてもまだピンとこない方も多いでしょう。

そこで、もっと分かりやすく他の人気資格と比べて、「宅地建物取引士」資格の難易度を検証してみましょう。

比較その1、税理士

「宅地建物取引士」と同じくこちらも国家資格。
国家資格にこだわるならどっちがいいのか?

まず、税理士合格までに必要な学習期間は、3年から4年といわれています。
試験内容は、簿記論や財務省評論そして、税法などの2分野11科目ほど。

内5科目に合格してはじめて資格が取得できます。
一方、宅地建物取引士資格取得に必要とされる学習期間の目安は、半年から1年弱。

結果、税理士の難易度が高いという結果に。

比較その2、行政書士

同じく国家資格の「行政書士」もまた学習期間がかなり長い。
試験範囲も、憲法、行政法、民法などの法令から政治、経済、社会などの一般常識など広範囲。

合格に必要な学習時間の目安が1日5時間、週5日を半年から1年みっちり行なってようやく合格するかも、と言われているほどです。
行政書士か、もしくは宅地建物取引士か、どっちの国家資格がいいか迷うなら、短い学習期間で取得できる宅地建物取引士がおススメです。

比較その3、マンション管理士

毎年の合格率が10%未満と難易度の高い「マンション管理士」ですが、試験内容が「宅地建物取引士」と共通している部分が多いことから、宅地建物取引士資格取得後にチャレンジするのがおススメ。

ダブル資格で、就職、転職がさらに有利に。

比較その4、ファイナンシャルプランナー

人気度、難易度がほぼ「宅地建物取引士」と同等と言われています。
人によっては、ファイナンシャルプランナーの方が勉強しやすいと感じることもあるかもしれません。

ただ、将来性を考える上で、宅地建物取引士が有利なので、まずは宅地建物取引士資格を取得し、その後ダブルライセンスとしての取得を目指すといいでしょう。

宅地建物取引士(宅建)資格は通信講座でも取れる?

宅建資格は通信講座でも取れる?
宅地建物取引士(宅建)資格は、通信講座でも取れます。
むしろ、独学や通学スタイルに比べ学習に取り組みやすい環境が整っている上、その他多くに魅力やメリットがあります。

今回は、通信講座の特徴や利用するメリット、上手な活用法などを合わせて紹介します。

宅地建物取引士(宅建)資格合格率は17%!内半数が通信、通学講座利用者?

宅地建物取引士(宅建)資格合格者は、平均17%前後。
これは、国家資格の中でも、高い合格率になります。

比較的取得しやすく、また就職活動や転職に有利に働いたり、昇給や昇格につながりやすいことから、現在、学生さんや新社会人、転職を考える40代以降のサラリーマン、主婦など男女問わず、幅広い年齢層に人気です。

受験者数も年々急増していることから、宅地建物取引士(宅建)資格に関する教材やDVDなども数多く誕生し、これらを用いて学習できれば、独学でも合格できます。
ただ、独学での合格は、極めて難しく、学習スタートから合格までかなり時間を要することもあります。

ちなみに、宅地建物取引士(宅建)資格を独学で合格された方のデータを見てみると、ほとんどが、不動産や金融業、建設関係といった宅地建物取引業に何かしらの形で従事している方々ばかりで、ある程度の知識や経験があってこそ、独学で資格が取得できたと思われます。

そのため、宅地建物取引について、まった知らない方、経験が一切無い方の独学学習は、あまりおススメではありません。
それよりも、注目すべき点は、合格者の半数以上が、通信講座を利用していることです。

宅地建物取引士(宅建)資格を通信講座で学ぶ魅力やメリットって?

通信講座の魅力は、なんといっても、通学しないことです。
場所、時間問わず、自宅というもっともリラックスした環境で学習したり、仕事や家事育児などの隙間時間などを活用することも可能です。

その他、多くの魅力やメリットが凝縮した宅地建物取引士(宅建)資格の通信講座について紹介しますので、通信講座選びの参考にしてくださいね。

特徴やメリットその1、合格できるカリキュラム

宅地建物取引士(宅建)資格の通信講座では、確実に合格するためのカリキュラムがあります。
例えば、宅地建物取引士(宅建)資格の合格率を確実にするには、「過去の出題問題」がカギといわれています。

というのも、宅地建物取引士(宅建)資格の試験問題傾向を見てみると、全体のうち8割が過去に出題された問題です。
そして、宅地建物取引士(宅建)資格の合格ラインは、7割を正解すること。

つまり、過去出題された問題を繰り返し学習することで、高い確率で合格できる、という計算になります。
このように宅地建物取引士(宅建)資格の通信講座では、これまでの経験やノウハウ、膨大なデータにより、「どのように学習したら合格率を高めることができるか」「何をおさえれば正解率が高まるか」などを熟知しています。

独学では、テキストがあまりにも多すぎて、テキスト選びにも迷うところですが、通信講座では、分析されたオリジナルのテキストを黙々と進めるだけで、合格へと確実に進む事ができるのです。

特徴やメリットその2、通信講座ならではのオリジナル教材

各通信講座では、それぞれのオリジナルテキストや教材が準備されています。
これらの通信講座オリジナルのテキストは、長きに渡る経験や膨大なデータを徹底的に分析し、短期間で効率よく学べるように考えられた素晴らしい内容になっているので、宅地建物取引に関する学習が初めての方でもスムーズに学習を進めることが出来ます。

また、文字だけを長々と綴るだけでなく、イラストや図、表などを活用し、視覚的に学んだり、カラーでインパクトを与えたり、メリハリのある学習ができる工夫も施されています。
これにより、通信講座学習のデメリットとなる、学習モチベーションの低下、集中力の欠如、暗記の難しさ、等が解消できます。

さらに、最近では、DVDや動画配信などを活用し、現場で活躍する現役のプロ講師陣の講義を受けることも出来ます。
動画やDVDは繰り返し見る事も可能で、スマホやタブレットでも視聴できるため、時間、場所問わず、いつでも好きな時間に宅地建物取引士(宅建)資格の学習が出来ます。

通信講座利用者の声

実際に通信講座を利用された方の口コミもチェックしてみましょう。

・通信講座のオリジナルテキストは、市販教材とは、まったく違い、実際の試験対策として十分に活用できた
・過去問題集を繰り返し学習することで、本試験の時間配分がやりやすくなった
・DVDや動画配信は、机に向かっての学習にメリハリをつけてくれるし、通勤の移動車でも使えるので嬉しい

このように通信講座が準備するオリジナル教材なら、学習に対する自己管理が難しいとされる自宅学習にもメリハリがつき、楽しく学習できますね。

特徴やメリットその3、充実のサポート制度

通信講座は、申し込み後、必要なテキストが届き、後は、それに沿って孤独に自宅学習に向き合う、と思っていませんか?
そんな事はありません。

それでは、難しい問題に直面した時や不安に陥った時に挫折してしまいますよね。
通信講座では、学習する全ての学生さんに対し、手厚い充実のサポートを行なっています。

例えば、メールやチャットでいつでも相談や質問に応じたり、直接電話での質問にも対応しています。
チャットなら、リアルタイムで質疑応答ができるので、難しい問題に直面しても、素早くクリアし、次の学習に進む事が出来ます。

最近では、WEBカメラ設置で、講師と直接対面しながら学習をフォローする通信講座も多くなっています。
これは、もはや通信講座ではなく、通学スタイルとなんら変わりありません。

特徴やメリットその4、選べる多彩なコース

宅地建物取引士(宅建)資格を目指すのは、学生さんばかりではありません。
中には、サラリーマンとして働く40代男性や、子育てや家事に奮闘する主婦、転職を考えるOLさんなど実に様々です。

また、できる限り短い時間内で合格を目指したい方、ある程度宅地建物取引業の知識がある方、自宅ではなく外出先だけで学習したい方、など通信講座を利用できる環境もさまざまです。

そこで、各通信講座では、どのようなタイプでも合格の可能性を高められるようにと、多彩なコースを提供しています。
例えば、

・短時間で合格を目指したい方のため「3ヶ月短期集中コース」
・ある程度宅地建物取引士業の知識や経験がある方の「試験対策問題コース」
・通勤や通学の時間を上手に活用した方の「通勤問題集コース」
・スマホやタブレッドだけで学習を完結させたい方の「モバイルコース」
・1日の学習時間を少なくし、1年を通しみっちり学習したい方の「1年長期コース」

等様々です。
多彩なコースが準備されていることで、日々多忙な仕事に追われている会社員も、家事や育児で隙間時間しか学習できない主婦も、無理なく宅地建物取引士(宅建)資格を目指す事が出来ます。

特徴やメリットその5、安心の低価格

通信講座は、専門学校などの通学スタイルに比べ、圧倒的に授業料が安い点が魅力です。
様々な工夫により、運営コストを削減することで、実現した低価格ですが、だからといって、教材の質やサービスが落ちるというわけではありません。

先ほども紹介したとおり、通信講座の提供するテキストは、宅地建物取引士(宅建)資格合格のカギとなる過去の問題を徹底的に分析されたオリジナルであり、市販では決して手に入れる事は出来ません。

また、実際の講義を受けているかのようなDVDや動画授業も自宅学習にメリハリをつけてくれることでしょう。
さらに、通信講座では、一括払いのほか、月々数千円からの支払いに対応するところも多く、無理なく取り組む事が出来ます。

特徴やメリットその6、学習しやすい環境

通信講座最大のメリットは、自分の好きな時間に好きなペースで学習できることです。
これにより、残業で毎日の帰宅が遅いサラリーマンも、子育てや家事でまとまった時間が確保できない主婦も、別の学習と両立したい学生さんも宅地建物取引士(宅建)資格を目指す事が出来ます。

学習場所は、自宅以外にもカフェや公園、図書館や職場の休憩室、バスや電車の移動車などいろいろとあり、気分を変えて楽しく学習することが出来ます。
また、深夜、早朝、お昼休みなど、時間も問いません。

独学で宅地建物取引士(宅建)資格を取るのは難しい?

独学で宅地建物取引士(宅建)資格を取るのは難しい?
宅地建物取引士(宅建)の資格取得は難しい?
いや、国家資格の中では、比較的取得しやすい?

等、宅地建物取引士(宅建)資格に関し、様々な情報があり、実際には、どうなのかと不安に感じる方も多いでしょう。
特に、一人で学習を進める独学スタイルの方は、最新の情報が入りにくく、より一層不安になるかもしれません。

そこで、今回は宅地建物取引士(宅建)資格を独学で目指す場合のメリットやデメリット、難易度や他の学習方法との違いなどを詳しく説明します。
このまま独学で学習を進めるべきか、それとも通信講座を選ぶべきかの判断がしやすくなるので是非参考にしてください。

宅地建物取引士(宅建)資格の難易度って?他の資格と比べてどのくらい?

まずは、宅地建物取引士(宅建)資格の難易度を知っておきましょう。
ただ、難しい、比較的取りやすいといわれても、ピンとこない方も多いと思うため、こちらでは、他の人気資格と比較しながら難易度を紹介します。

レベルS、超難関!もっとも難しい資格

弁護士、検察官、裁判官などの司法試験、そして公認会計士、税理士、司法書士、弁護士などの資格はもっともレベルが高い資格
その他、気象予報士、電験三種などがある。

レベルA、やや難しい!

宅建建物取引士と相性の良いファイナンシャルプランナー1級や行政書士、土地家屋調査士などは、やや難しい資格
その他にも、中小企業診断士、社会保険労務士などがある

レベルB、比較的合格しやすい

国家資格の中で比較的合格率が高いといわれる宅建建物取引士は、レベルBの難易度。
その他、介護福祉士、マンション管理士、ファイナンシャルプランナー2級、社会福祉士、保育士、通関士などがある。

レベルC、取得しやすい!

衛生管理者、二級ボイラー技士、危険物取扱者、いずれも3ヶ月ほどで取得可能。

以上のことから、宅地建物取引士(宅建)は、比較的取得しやすい国家資格であることが分かって頂けたと思います。
その上、宅地建物取引士(宅建)にしか与えられない独占業務もあるため、不動産業界その他、不動産を取り扱う企業ではかなり貴重な存在となるでしょう。

取得しやすいなら独学でも合格できる?独学のメリットって?

他の国家資格に比べ、比較的合格しやすい宅地建物取引士(宅建)資格ですが、甘く考えてはいけません。
「比較的合格しやすい」というのは、あくまでもしっかりと勉強した結果であり、何もせず受験しただけでは合格できません。

また、ネット上では「宅地建物取引士(宅建)資格は独学でも合格できる」と紹介されているサイトもありますが、それを鵜呑みにすることも危険です。
実際に、独学で合格されている方もいますし、数ヶ月の独学学習で、一発合格された方も少なくありません。

しかし、独学で合格された方の多くは、すでに不動産業界での経験があり、ある程度宅地建物取引業に関する知識が備わっている方々ばかりです。
その他にも宅地建物取引士(宅建)資格に必要な民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法など権利関係に関する法律を大学や専門学校で学んだ経験ある方ばかりです。

もしもあなたが、宅地建物取引士(宅建)資格に関する勉強を初めて取り組む場合は、独学では非常に難しいと思ってください。
それでも、宅地建物取引士(宅建)資格を独学でという方は、以下に独学のメリット、独学で合格するための方法などを紹介しますので、参考にしてください。

独学のメリットって?デメリットもある?

宅地建物取引士(宅建)資格を独学で目指すメリットは、次の通りです。

・好きな時間、好きな場所で、学習できる
・自分のペースで学習できる
・苦手な分野だけを勉強できる
・勉強費用が安い!
・仕事と勉強の両立がしやすい

しかし、独学では、メリットよりもデメリットの方が圧倒的に多いのです。
独学におけるデメリットは

・膨大なテキストから自分にあったものを見つけるのが難しい
・分らないことがあると解決まで時間がかかる、もしくは解決できない
・どのように学習したらいいかわからない
・どの教材から取り組めばいいかわからない
・最新情報が入りにくい
・学習意欲が低下しやすい
・モチベーション維持が難しい
・挫折しやすい

独学で宅地建物取引士(宅建)資格に合格するのは、このように多くのデメリットを自らの力でクリアしなければなりません。
また通学や通信などでいち早く入手できる宅地建物取引士(宅建)資格に関する情報も自ら積極的に収集しなくてはならない点も独学の難しさといえます。

独学で合格するために必要な勉強時間は?

勉強に必要とされる時間は、個々の能力により大きく異なります。
例えば、学習期間3ヶ月で一発合格したという方もいれば、1日5時間週5の勉強、半年で合格したという方もいます。

中には、毎年1回実施の試験に3回落ち、4回目でようやく合格したという方も珍しくありません。
いずれも、学習能力だけでなく、勉強する環境や勉強に費やせる時間などによっても違ってくるでしょう。

そこで、一般的に言われているのが、宅地建物取引士(宅建)資格合格に必要な時間は、3ヶ月から半年。
時間にして、300時間程度です。

これは、独学、通学、通信に限らず同様の勉強時間が求められます。
ただし、通信講座や通学の場合は、試験合格に必要な知識などを1講座あたりに濃密に詰め込んだり、効率よく学ばせるカリキュラムが充実しているので、独学よりも少ない時間で合格が近くなります。

しかし、独学は、全てを自力で行なう必要があるため、最低300時間、場合によっては、500時間以上の勉強時間が必要となります。
300時間といえば、1日3時間の週5日に勉強した場合、およそ5ヶ月。

また500時間では、1日3時間の週5で、9ヶ月ほどの勉強期間が必要です。
仕事や家事育児をされている方にとって、1日3時間もの勉強時間を確保することは容易ではありませんし、学生の方でも、1日3時間みっちり週5日をもくもくと自宅で学習する事は、モチベーション維持においても簡単ではありませんね。

独学では、1日の時間をしっかり確保する、それを毎日、毎月、半年以上も継続することが合格への一歩となるでしょう。
あなたは、そんな毎日を半年以上も続けることはできますか?

独学より合格しやすい?宅地建物取引士(宅建)資格の通信講座を受けるメリット

これまで独学で、宅地建物取引士(宅建)資格を目指すメリットやデメリットなどを紹介してきましたが、あなたはそれでも独学を選びますか?
それよりも確実にそして、無理なく宅地建物取引士(宅建)資格を半年から1年ほどで取得できると評判なのが、通信講座です。

通学や専門学校へ通うよりもはるかに学習費用が抑えられるので、経済的な負担はありません。
また、短い期間でも効率よく学習できるようなサポートが充実しています。

例えば、難しい問題などに直面した場合、即解決できるようチャットやメールにはいつでも対応可能。
さらに、オリジナルのテキストは、これまでの受験データや過去問題集などを徹底的に分析した内容となっているので、効率よく宅地建物取引士(宅建)資格に必要な知識が得られます。

その他にも、通信や専門学校さながらの講義が受けられるDVDや動画講座も魅力的です。
チャットでは、通信講座で宅地建物取引士(宅建)資格を目指す他生徒さんと交流できるので、勉強への意欲も高まるでしょう。

独学よりもはるかの多くの魅力やメリットを秘める通信講座の情報は、関係サイトから無料で資料が取り寄せられます。

宅地建物取引士になる!宅建資格の取り方「宅建建物取引士の仕事や資格はどんなもの?」 「宅建建物取引士になるにはどうすれば良いの?」 「宅建建物取引士の知識がないけど最短で...
宅地建物取引士の仕事と資格に興味がある方
  • 宅地建物取引士の資格を取りたい!
  • 詳しく宅地建物取引士の資格についてもっと知りたい!
  • とりあえず宅地建物取引士の勉強のとっかかりが欲しい!
  • 宅地建物取引士の講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!