医療事務

医療事務資格の勉強方法!どんな勉強が自分に合ってる?

医療事務資格を取る理由

医療事務の資格を取得しておくべきという5つの理由

あなたは「資格を取るなら医療事務がいい」といわれていることを知っていますか?

医療事務の資格を取得しておくといいといわれる5つの理由を紹介します。

理由1・就活にプラス

現代は人手不足が叫ばれる時代ですが、給料や勤務条件の良い仕事は競争率が高いのが一般的です。

自分の希望の条件にマッチした仕事に就くためには資格が役立ちます。

医療事務の求人でも「有資格者歓迎」と書かれていることが多いのはそのためで、同じ求人に応募しても資格があるのと無いのとでは競争力が違ってきます。

医療事務のように有用な資格を持つ人は、就活でもプラスになることが多いというわけです。

理由2・一生の仕事

同じ働いて収入を得るのなら、できればやりがいのある仕事をしたいという女性が増えています。

医療事務の仕事は女性ならではの気遣いが活かせるだけでなく、病院やクリニックを訪れる患者さんたちの役に立つという特徴があります。

人の役に立つことを一生の仕事にするのは、まさに「やりがいがある」といえるのではないでしょうか。

今後の日本は超高齢化の社会に進むといわれ、医療に関する仕事の需要が伸びると考えられています。

その意味でも医療事務は一生の仕事に適しているといえ、資格を取得しておくと就職や転職をする際にメリットが得られるでしょう。

理由3・能力の活用と証明

医療事務の仕事は受付業務からレセプトやカルテの作成まで多岐にわたっています。

接客が得意な人、書類作成に能力がある人、計算に強い人など、さまざまな分野で自分の知識や能力を活かすことのできる仕事です。

その知識と能力を証明するのが資格で、資格を持つことは自分の能力を証明することになるわけです。

理由4・転職に有利

医療事務の資格を持っていると、転職時にも有利な状況を作ることができます。

年齢や性別に関わらず、資格を持つ人は転職で有利になります。

結婚や子育てとの両立や、ブランク明けの復職にも資格の有無は大きく作用するのです。

理由5・全国的に有用

資格で重要なのは、全国的に通用するかどうかという点です。

医療事務の資格は全国共通なので、転居をした場合でも問題なく活用することができます。

結婚後にご主人の転勤で引っ越すような場合でも、転居先で資格を有効に使えるというのは心強いメリットといえるでしょう。

以上、医療事務の資格を取得しておくべき5つの理由について説明してきました。

医療事務の資格にはたくさんの種類がありますので、自分の能力や目的にマッチしたものを選択してください。

医療事務の通信講座のメリットとデメリットとは?

医療事務通信講座のメリットとデメリット
医療事務の資格を取得するためには、通信講座で勉強するという方法があります。

通信講座で学んで資格を取得する3つのメリットとは何なのでしょうか?

メリット1:資格に直結している

医療事務の通信講座のなかには、講座修了と同時に資格試験を受験できるものもあります。

これは医療事務資格を実施している団体が講座を運営しているといったケースで、学んだことをすぐに受験に活かすことができて効率的です。

なかには合格保証付きの通信講座もあり、就職や転職をサポートしてくれるというメリットもあります。

すべての医療事務の通信講座に合格保証や就職や転職サポートが付いているわけではありませんが、スピーディーに資格を取って仕事をしたい人にとって便利なサービスといえるでしょう。

メリット2:自分のペースで勉強できる

通信講座の最大のメリットのひとつが、自分のペースで医療事務が学べるという点です。

結婚していて家事や育児が忙しい、仕事をしながら資格を取得したいといった人はスクールに通学するのが難しい場合があります。

医療事務の通信講座なら、自分の空き時間に効率良く勉強ができて便利です。

最近では家族の介護をしながら医療事務の通信講座で学ぶという人も増えています。

医療事務の仕事は年齢や性別にあまり左右されず、全国的に求人が多いのが特徴です。

生活のサイクルに合わせて通信講座で医療事務を学び、資格を取得すれば地元でアルバイトやパートも可能というのは大きなメリットでしょう。

メリット3:リーズナブルに資格が取れる

医療事務の勉強をして資格を取ろうという場合、学費の問題を避けて通るわけにはいきません。

スクールに通うとなると入学金や授業料、教材費などのほかの交通費も必要になります。

こうした費用を低く抑えて資格を取得できるのが通信講座という方法です。

医療事務スクールの学費は50万円超というケースも見られるのに対し、通信講座はトータルでも3~5万円程度というのが一般的です。

リーズナブルに医療事務を学び、資格も取得できるというのは大きなメリットといえます。

こんなデメリットも…

メリットの多い通信講座という方法ですが、デメリットも存在しています。

自宅での勉強ではモチベーションが維持できにくい、ついつい気が散って遊んでしまうといった性格の人は通信講座に向いていないかもしれません。

通信講座ではたくさんの人が医療事務を学んで資格を取得しています。

自分に向いた勉強方法かどうかを知るためには、無料の資料を取り寄せてチェックしてみるといいでしょう。

医療事務スクールのメリットとデメリットとは?

医療事務のスクール
医療事務の資格を取得するためには、スクール(通学)で勉強するという方法があります。

スクール(通学)で学んで資格を取得する3つのメリットを紹介していきます。

メリット1:合格率が高くなる

医療事務をスクール(通学)で学ぶ場合、単なる学習だけではなく資格受験用の勉強をすることができます

スクールの多くは受験傾向を熟知しており、それに合った対策ノウハウを知っています。

こうした傾向や対策を踏まえた勉強ができるので、自然と資格の合格率もアップしていくというわけです。

資格試験前には集中して受験傾向を予想した対策用の勉強もできるので効率的です。

メリット2:勉強が分かりやすい

スクールでは医療事務に精通した講師の授業を受けることができます。

テキストやDVDなどの教材で勉強する通信講座とは違い、ホワイトボードや各種教材を使った授業が受けられるので勉強内容が分かりやすいというメリットがあります。

細かい計算が必要とされるレセプト(診療報酬明細書)の作成や、専門的な知識が求められるカルテ記入などもスクールで学べば一目瞭然で理解しやすいという特徴があるのです。

少し複雑な医療保険制度や医療法規の勉強も、スクールなら分かりやすく学べるでしょう。

メリット3:講師から直接襲われる

スクールの最大のメリットのひとつが、講師から直接医療事務を教われるという点です。

病院やクリニックで欠かせない患者さんとの接遇マナーも、経験ある講師から手取り足取り教われるとなれば心強いでしょう。

ビジネスシーンで知っておくべき電話応対のノウハウや、クレーム対応の方法なども講師から学ぶことができます。

医療事務を勉強していく過程で分からない点や疑問に感じる点は、スクールの講師に直接質問してその場で解決できるという点も大きなメリットです。

こんなデメリットも…

スクール(通学)で勉強するデメリットは、自分の生活サイクルを授業時間に合わせなくてはならないという点です。

結婚や家事・子育てとスクールの両立は難しい場合があります。

昼間働きながら医療事務を学びたいという場合も授業時間に制限が出てしまうことが考えられます。

学費に関してもスクールの授業料は比較的高めというケースも少なくありません。

時間とお金の問題にデメリットが生じる可能性があるというのがスクールの特徴です。

医療事務の資格取得にはメリットのあるスクール(通学)で勉強するという方法ですが、デメリットもあるということは知っておきましょう。

独学でも医療事務の資格は取得可能なの?その方法は?

医療事務資格は独学でもとれる?
医療事務の資格取得のためには、スクールや通信講座で学ぶという方法が一般的です。

こうした勉強方法のほかに、自宅で独学で勉強して資格を取るための準備を行なうという方法もあります。

独学でも医療事務の資格取得は可能なのか、その勉強方法にはどんなものがあるのかをまとめてみました。

独学で医療事務の資格を取れるの?

スクールや通信講座ではなく、自宅で独学で勉強しても医療事務の資格は取得できます

資格取得が可能かどうかは受験する人の知識や技術の能力によることは言うまでもありません。

しっかりと勉強して必要な準備が整っていれば、独学でも資格取得は可能だということです。

医療事務の資格には難易度の高いものもあり、すべての資格が独学で取得できるというわけではない点は理解しておきましょう。

例えば医療事務の資格のなかには合格率20~30%というものもあります。

このような資格を独学で取得しようとすれば、かなりの勉強が必要になってくると考える必要があります。

独学では勉強していて分からない点を質問する相手がいないため、疑問点などは自分でコツコツ努力して調べていくことになるでしょう。

医療事務を独学で勉強する方法は?

独学で医療事務を勉強するには次のような方法が考えられます。

  • 医療事務の参考書やDVDを購入して勉強する
  • 医療事務の経験のある人からアドバイスをもらう
  • インターネット等で医療事務について調べる
  • 医療事務のアルバイトをして現場で勉強する

以上のような方法を組み合わせれば、独学で医療事務の勉強をすることも可能でしょう。

医療事務を勉強することと、資格取得のための勉強をすることはイコールではない場合があります。

資格を取得したい場合は、受験する予定の資格の受験内容をよく調べたうえで勉強する必要があるという点に留意しておいてください。

独学と通学や通信講座との違いは?

独学で医療事務の勉強をすると、授業料などの学費を低く抑えることができる、自宅で自分の好きな時間に勉強できる等のメリットがあります。

デメリットは勉強を続けるモチベーションが保ちにくい、途中で挫折しやすい、分からない点を質問する相手がいない等が挙げられます。

スクール通学では講師から直接医療事務について教えてもらえる、一緒に勉強する仲間ができる、規則正しいスケジュールで効率的に学べるというメリットがあります。

デメリットは独学より学費が掛かる、通学時間を作る必要がある等の点です。

通信講座は通学と独学の良い点を併せ持っている効果的な勉強方法といえるでしょう。

医療事務の資格を取る前に勉強しておきたいこと

医療事務の勉強
医療事務の資格を取ろうという方で「何を勉強しておけばいいのか分からない」というケースは意外に少なくありません。

資格取得のために独学で勉強するという方法もありますが、スクールや通信講座で勉強すると効率的です。

医療事務の資格とスクール

医療事務の仕事に必要な知識や技術を学べるのが医療事務コースなどがあるスクール(学校)です。

実際に医療事務の現場で役立つ基本的な知識や実践的な技術を身に付けることができます。

主なカリキュラムとしては、医療保険や法規の基本知識、受付業務・カルテ整理・レセプト作成等の技術、患者さんと接するための接遇マナーなどが挙げられます。

スクールは昼間時間帯に通学するコースだけでなく、働きながら学びたい人のための夜間コースを設けているところもあるので上手に活用しましょう。

授業料は2万円程度から80万円程度までとスクールによって幅があります。

どんな資格を目指すのか、どのような勉強をしたいのか等、自分の条件にあったスクールを探すようにしてください。

医療事務の資格と通信講座

自宅に居ながらにして医療事務の知識や技術を学べるのが通信講座です。

通信講座は仕事や家事・育児などをしながら医療事務を学びたい人、働きながら医療事務の資格を取りたい人、近隣地域に適当なスクールがない人にも適しています。

主なカリキュラムとしては、医療保険制度や接遇マナーの基本知識、カルテ作成や保管、レセプト作成業務等の技術などが挙げられます。

学習方法はテキスト(教科書)やDVDといった教材を活用して自宅で勉強するというやり方です。

分からない点があった場合は、メールでの質疑応答ができるので心配はありません。

受講料は3万円程度から5万円程度が標準的な金額です。

費用の面では通信講座のほうがリーズナブルですので、トライしてみてはどうでしょうか。

スクールと通信講座を比較!

スクールで医療事務を勉強するメリットは

  • 講師から直接医療事務を学べる、質問に応えてもらえる
  • いっしょに学ぶ仲間がいるから心強く途中で挫折しにくい
  • スクールに登校するので集中して勉強できる

通信講座のメリットは

  • 自分の空いた時間に効率的に医療事務の勉強ができる
  • 仕事や家事、子育て、介護などと勉強が両立できる
  • スクールよりも少ない費用で医療事務が学べる

どちらにもメリット・デメリットがありますので、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶようにしてください。

医療事務資格の取得
医療事務の資格と仕事に就く方法「医療事務の仕事や資格はどんなもの?」 「医療事務は病院の受付というイメージだけど合っている?」 「医学の知識がないけど医療事務の仕...
医療事務の仕事と資格に興味がある方
  • 医療事務の資格を取りたい!
  • どんな医療事務の資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえず医療事務の勉強のとっかかりが欲しい!
  • 医療事務の講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!