ネイリスト

ネイルアートを学ぶ!ネイリスト資格を取得する為に知っておきたい事

ネイルを学ぶ!ネイリスト資格を取るならどの道?

「ネイルを学びたい!」
「ネイリストになりたい!」
「ネイルの技術を勉強したい!」

そんなネイリストの道に進みたいけど、どんな歩み方をすれば良いのか?

また、どんな道を進めばネイリストになれるのかについてご説明します。

ネイルアートの学び方!ネイリストになる為の3つの方法

ネイルアートは今や、女性にとっては当然のファッションとなっています。
デートやパーティーなど華やかなシーンでは、以前から爪先を綺麗に着飾るおしゃれは一般的でしたが、最近では、華やかに爪を彩るだけでなく、最低限の身だしなみとして取り入れるネイルケアも注目されているのです。

そのため一見タブーのように思われるビジネスシーンでもネイルアートを行っている女性が年々増えているのです。
それと同時にネイリストとして活躍する幅も広がり、若い女性を中心に、将来なりたい職業に「ネイリスト」をあげる方も多くなっているのです。

手に職をつけることができれば、いずれ自分のサロンを持つことも不可能ではないのです。

ネイルアート資格を取得し、ネイリストになる方法として考えられる方法は3つあります。

ネイリスト専門の養成スクールで学ぶ

もっとも確実かつ計画的にプロのネイリストになれる方法としては、ネイリスト専門のスクールに通うことです。

ネイリストとしてすでに活躍している講師から直接学ぶことができ、資格取得にむけた学習から、現場で働くために必要なコミュニケーション能力に至るまで幅広い知識を得ることができるでしょう。

その他、ネイリスト専門スクールによっては卒業と同時に就職サポートを実施し、すぐにプロのネイリストして活躍できる環境を整えている点においても大変お勧めです。

同じ夢を持っているもの同士が集まり切磋琢磨して技術力向上に励める環境は、通信教育や独学ではないすばらしいものであることは間違いありません。

ネイルの通信講座で学ぶ

若い人だけでなく子育て中の主婦や副業としてネイリストになりたい夢を持っている方も少なくありません。
ただし、その場合専門スクール等に通うことができないといった問題があります。

そのような方が利用しているのが通信講座による学びの環境です。
通学ができない方、自分のペースでゆっくりと学びたい方にはおすすめです。

専門スクールと同様に資格取得も可能で講座終了後にはプロのネイリストとして活躍している方も多いのが特徴的です。

以前に比べると通信講座の環境もすばらしく質が向上しインターネットやDVDを駆使することで、専任講師とマンツーマンでいつでも都合の良いときに学習を行うことができるのです。

その他、場合によっては卒業後のフォロー体制も充実し就職斡旋から独立開業支援等トータル的なサポートも行っています。

ただ、通信講座全般の問題としてスクールと異なり実技の習得面にやや不安が残る場合があります。
これらを回避するため、通信講座にプラススクール学習を取り入れているところもありますので「目的」「ライフスタイル」などにあった講座を選ぶことがとても重要です。

独学でネイルを学ぶ

学校に通う時間の余裕もなく経済面においても厳しい場合には独学で学ぶほかありません。市販されている本を参考に、とにかく一人の力で知識を得る必要があります。

独学の場合、「絶対にプロのネイリストになりたい」という強い意志がなければ実現することは難しく日々自分との戦いになることでしょう。

それが難しい場合には、知識も経験もないまま現場に飛び込むという方法もあります。
例えばネイルサロンの雑用、掃除などのアルバイトなど最初はなんだってやる気持で現場に飛び込み肌で感じ目で見て学ぶという手段もあります。

場所によっては、先輩から直接技術を学ぶこともできるでしょう。

ネイルを楽しむだけなら、資格などは一切必要ありません。多少のセンスと技術力があれば、誰だって明日からでも「ネイリスト」になることはできます。

ただそれを職業とし、収入を得るためには最低限の知識、資格、経験が必要ですから自分にあった方法を見つけプロのネイリストして活躍できるよう努力する必要があります。

ネイリスト資格の違いと難しさ

ネイリスト資格の違いと難しさ
ネイリストの資格にも複数種類があります。ご自身に合った資格は何かを知って段階的に取るのが一般的です。

ネイリスト検定試験の違い
ネイリストの資格種類!「JNEC」「JNA」「I-NAIL-A」ネイリスト検定試験の違いネイリスト資格の種類は年々変わっています。運営団体が変わったり、表記名が変わったりしています。 その流れで、混乱することも多くありまし...

ネイリストの資格ってどんな資格なの?

現在あるネイリストの資格は、大きく分けて2つ。一つは基礎レベルの3級からプロ級の1級までに分かれているネイリスト技能検定試験

もう一つは、初心者や学生向けの試験とプロの試験に分けられているネイルスペシャリスト技能検定試験があります。

プロのネイリストとして活躍するには、必ずしも資格は必要ではありませんが持っていて損はありませんし多種多様な環境で力を試したい、できるだけ高いレベルで活躍したいのであれば持っていたほうが有利です。

そこで必要とされているのが、上記にあげた2つの試験で、特にネイリスト技能検定試験は実施が15年となり、これまでに37万名もの受験者実績がある試験となっています。

どんな人が受験しているの?

まず初心者や学生が少しずつレベルアップを図るなら、ネイリスト技能検定試験3級から受けることをお勧めします。

3級は義務教育を修了したものであれば、どなたでも受験資格がありますが、2級と1級についてはそれぞれ下の級に合格できなければ受ける資格はありません。

一方、受験者の多くが20代、30代の女性でしかもプロのネイリストが受けているのがネイルスペシャリスト技能検定試験のPA/AA/AAA級です。

A級の受験者は学生から20代の方が多く、最近では男性の受験者も少しずつですが増えています。

各試験の難易度はどのくらい?

ネイリスト技能検定試験の3級が全体の9割が合格するのに対し、1級と2級に合格する確率は全体の4割程度と非常に難しくなっています。

またネイルスペシャリスト技能検定試験のA級の合格率は約8割となり、その上のPA/AA/AAA級は非常に難易度が高く実際に現場でネイリストとして活躍しているプロの方でも、合格するのは至難の業。

つまりPA/AA/AAA級の試験に合格できれば、トップクラスのネイリストとして高いレベルで活躍の幅を広げることができ、かつ将来的にネイルを指導する側の講師として活躍する道も広がります。

試験に合格するにはどのような勉強が必要?

いずれの試験にも学科と実技があります。そのため教科書どおりの学習ではなく実践スキルを磨くこともとても大切なのです。

もっとも資格取得に近道な方法は、ネイル専門スクールで学ぶことではないでしょうか。事実、資格取得を現実にしている方のほとんどが、ネイルスクールで学んだ生徒さんであることが証明されています。

その他にも通信講座や独学でのスタイルもありますが、学習への高い意欲、モチベーションの維持、他の誘惑を断ち切れる覚悟と多大な努力が必要で、簡単に資格取得をすることは難しいでしょう。

ネイリストになる為の勉強と期間

ネイリストになる為の勉強と期間
ネイルが誕生したアメリカでは、「マニキュアリスト」と呼ぶのが一般的ですが、「ネイリスト」は日本独特の呼び方とされています。

その仕事内容は大きく分けて3つ。
一つ目は「サロンワーク」といって、名前の通り、サロン内で働くことで、爪のケアを中心としたネイルアートを行います。

二つ目に、ネイリストを育てるため、学校などで講師、つまり指導者として働くこと。

三つ目が、ネイルに関する商品の開発などを行い、それらをより多くの方に知ってもらうために働く活動のことを言います。

最も多くの方が希望しているのが、サロンで働くサロンワークで最近では、ジェルネイルといってゲル状の人工爪を使った方法も注目されています。

プロネイリスとして活躍するのに必要な勉強

いずれにせよ、ネイリストとして働くためには、勉強を重ね、多くの知識と経験を積み重ねる必要があります。
爪は体の一部で、当然毎日目にし、触れているといえ、実際には爪のことについて何にも知らないのが普通なのです。

そのため、爪の構造から成長、病気や衛生管理、その他もろもろの爪そのものを知る必要があります。
また爪を綺麗にし、おしゃれを楽しむために使用されるネイル専用の絵の具、接着剤、などの薬品、用品についても把握する必要があります。

使用される薬剤や用品には、人によってアレルギー症状を引き起こしたり、皮膚への炎症等の危険性もありますので、安全性を確保するためには使用する道具、薬剤、用品についてすべての理解が必要不可欠です。

それだけではありません。
プロのネイリストとして活躍すると言うことは、お客様と1対1で接するお仕事になります。

つまり、接客業ですから、当然コミュニケーション能力を高めることも大事なことです。
どのような接客をするのがお客様に満足していただけるのかを考えながらネイリストとして活躍しなければいけないでしょう。

業務に関しては、ネイルアートのデザインを任せられることもあるでしょう。
その場合には、デザイン性も求められますので、発想力、カラーに関する知識の習得も必要不可欠です。

ネイリストとは、ただ単に爪をケアし、絵の具で色を入れればいい、ということではありません。
お客様に安心して満足していただけるためには総合的な勉強が必要となります。

ネイリストの知識を得るための勉強期間

プロのネイリストになるためには、勉強する場所や方法によって異なります。
例えば、専門学校に通い講師から直接教えてもらう場合には、1年から2年程度で仕事につけるくらいの実力を得ることができるでしょう。

子育てや他の仕事と両立しながら空いた時間で勉強をしたい場合は通信教育を選ぶ方が多く習得までに1年ないし2年程度必要となります。

ただし、学ぶ場所によってはプロネイリストとして活躍するために、必要な資格取得がスムーズにできない場合もありますので、受講内容等を事前に確認する必要があります。

もっとも時間を要するのが、独学による勉強方法です。
独学の場合空いた時間を有効活用し、かつ自分で勉強の時間を確保しなければいけないため他の誘惑に負け、日々の勉強をおろそかにしがちです。

意志が強く、市販の本の内容を理解できる方であれば、計画的かつスムーズに勉強を進めることができるでしょう。
しかしながら、多くの方が、2年以上独学での勉強にと貴重な時間を費やしても、資格が取得できないプロネイリストとして働くことができないなどの状況にあります。

独学にてプロのネイリストとして活躍している方も稀にいますので、100%無理とはいいませんが他の勉強方法に比べると圧倒的に厳しい状況であることは間違いありません。

ネイリストの資格を勉強するのにかかる費用

ネイリストの資格を勉強するのにかかる費用
年齢に限らず、女性はずっと綺麗で美しくありたいと願っています。
ファッションやヘアスタイル、美顔など頭のてっぺんから足の指先まで全身手を抜くことなく美を意識していることでしょう。

さらに今や爪先までおしゃれを楽しむ方が増え、おしゃれのみならず身だしなみの一貫としてビジネスシーンにも取り入れている方も年々多くなっています。

ネイルのおしゃれが注目され、あらゆるシーンで認められるようになるとその職業につきたい、自分でも手軽にネイルができる技術が欲しいと思うようになるものなのです。

そのため、若い人を中心に将来の職業として考える方も増え専門のスクールや通信講座などの学びの場所も多くなっています。

趣味の範囲内で知識や技術を習得したいのであれば、独学で学んでも特に問題ありません。

しかしそれをちゃんとした仕事として考える場合には、ネイリストの専門学校などで基礎から学び就職に有利になるよう資格を取得しなければいけないでしょう。

ただ、当然ですがそれにはお金が必要です。
学校に通う場合には、入学金から教材費が必要となりますし資格取得にも費用がかかります。

次に、ネイリストになるために必要な費用についてご紹介します。

ネイリストになるために必要な費用について

ネイリストになるための手段は色々とあります。
その中の一つに、通学タイプのネイリスト専門学校もしくは専門スクールがあります。

プロのネイリストとして計画的かつ確実に活躍するためには大変おすすめめの方法です。
ただ、通学するためには入学金、毎月の学費、授業料さらには教材費に各種資格取得費用が必要となります。

ネイルの専門学校で学ぶ費用

各専門学校や専門スクールによって、これらの費用は大きく異なりますが一般的な場合は、30万から40万前後とされています。

入学金に3万前後、教材費が7,8万程度が現在数多く存在するネイリスト専門学校の相場です。

ただ、講師陣に現役の人気ネイリストを在籍させ講義を行っている学校やプロで大活躍するネイリストを数多く誕生させている実績の高い学校の場合には、入学金や受講料が高く数百万円になる場合も少なくありません。

ネイルを通信講座で学ぶ費用

一方、近年幅広い年齢層に注目されているのが、ネイルの通信講座です。

通学タイプのスクールに比べるとやや劣る面もありますが、テキストやDVD、インターネットのウェブサイトなど様々なものを活用することでプロネイリストとして活躍できる知識と技術力を習得することは十分可能です。

また必要な資格取得も可能ですから、他の仕事の傍らネイリストとしての夢を追い求めている方や子育て中の主婦などに大変人気です。

通信教育を利用する場合教材や添削、インターネットでのサポートなどを含め8万円前後となるでしょう。
ただし、この価格に資格取得のための検定費用は含まれていませんので注意をしてください。

ちなみにJNAが3級で6,000円、2級が8,000円、1級が10,000円となっています。
ネイリスト専門学校と通信講座とでは、費用に大きな差がありますがどのタイプの学びを選ぶかは予算、ライフスタイル、目標等すべてを考慮した上で自分に一番あった方法を選ぶようにしてください。

価格だけで選んでしまうと、結局続かないで途中で断念することもありますので無理なく納得した上で学習を進められる環境を整えてください。

ネイリストの資格を取得している人はどんな人?

ネイリストの資格を取得している人はどんな人?

ネイリストの資格取得者の傾向

ネイリストの資格は国家資格ではなく、民間資格ですから事実上資格がなくてもネイリストになることはできます。
ただ、大手サロンへの就職を希望している方が、自分自身の技術力をアピールする場合には具体的な判断材料が必要不可欠です。

その際何かしらの資格があれば、ネイリストとしての活躍の場が広がり生計を立てられるくらいの収入を得ることも可能でしょう。

その結果、以前に比べるとネイリストを目指している多くの方が難しい資格に果敢にチャレンジしている傾向にあるのです。

さらに、本職を抱えながら多くのOLさんがネイリストになるため資格取得に日夜励んできます。

なぜ本業を抱え安定した収入があるOLが数ある資格の中からネイリストの資格取得を選んだのか、それは転職です。

ネイルの仕事といえば、サロンワークのみがクローズアップされていますが、実はそれ以外にも多種多様な働き方があるのです。

例えば、ブライダルシーンで働くネイリスト、モデルや女優などトップアーティストの専属ネイリスト、セレブ御用達の出張ネイリストなど様々な環境で力を発揮することができます。

しかも女性の場合、結婚し、子どもを出産し家庭に収まることを考えると、フルタイムでの勤務は将来的に厳しくなり、かといって子育てもひと段落し、自分の時間を有意義に使える年齢に差し掛かった時にいざ働きたいと思っても、長く主婦として家庭にいた女性が簡単に職場復帰できるほど甘いものではないのです。

そんなとき、ネイリストのように手に職を持っていれば自宅でのんびりとネイリストとして働くこともできますし、パート勤務として働くことも可能です。

さらには、会社という環境にしがみついていることにつかれたOLたちが、好きな美容関連にどっぶりと身をおけるネイリストの資格は、将来的に考えても非常に意味のある資格なのです。

いざというときのため、そして女性としての立場上、ネイリストの資格を選択することには何ら損は無いのです。
ただし働きながら、かつ低予算でネイリストの資格取得ができるまで能力を高めるためには、フリータイム制を導入しているスクールや通信講座がお勧めです。

ネイリスト検定について

ネイリストとして多くの現場で活躍するためには、様々な知識、経験、技術力は必要です。またその技術力と知識の高さをアピールできる方法にネイリスト検定があります。

ネイリスト検定とは、筆記試験と実技試験が行われ、80点以上の点数を獲得したものだけが合格となります。その試験に合格するためには、それに達するだけのレベルアップをしなければいけません。

初めてネイルの勉強をした人は、覚えなければいけない事の多さに圧倒されるかもしれません。

しかし、資格取得が目標ではなく、それを取得してこそ、夢を実現することができるのだということを忘れないようにしましょう。

ネイリストの検定内容は、プロとし活躍する際に最低限必要とされるものばかりです。資格制度は、3段階に分かれており初心者向けの3級から、プロフェッショナルの1級までが準備されています。

3級は誰でも受講できますが、2級は、3級に合格したもの、1級は2級に合格したものでなければ受験できません。検定試験のその日までに、計画的に学習を進めていれば、合格ラインをもぎとることは不可能ではありません。

各スクールや通信講座のパンフレットには、以上のような資格の概要やネイル業界を取り巻く現状ネイリストの将来性、実際に働いている方の体験談などとても多くの情報が記載されています。

また学校で教えてくれる内容や通信講座と学校、独学との違いなども比較できるようになっていますので一度無料の資料を入手してみるといいでしょう。

ネイル学びの王道!ネイリスト養成専門学校(スクール)の選び方

ネイリスト養成専門学校(スクール)の選び方
ネイルのお手入れが今やおしゃれの常識となっている昨今、プロのネイリストを育成する専門スクール、専門学校も大変人気を集めています。

次に、ネイル専門学校やネイルスクールの選び方を紹介します。

認定校としての専門学校の特徴

ネイル専門の学校やスクールには、NPO法人日本ネイリスト協会略してJNA認定の学校があります。他の専門学校とは事なり信頼できるのが一番の特徴です。

バックグラウンドが全く見えない学校で学ぶよりも、ネイリストに関する資格試験の実施やすべてを網羅している機関認定の学校ならば、資格取得に大変有利であることは間違いありません。

さらに、カリキュラム設定や講師、指導者、学則等すべてにおいて、必要条件を満たし、高いスキルを得ることができる環境である事は明らかです。

事実、認定校として機能するためには、事前にJNAからの調査が入りすべての条件をクリアした学校のみに与えられる称号なのです。

他の専門学校やスクールと比較しても断然安心感はありますが、だからといって他の学校が劣るとは限りません。

サロン研修や就職斡旋まで対応する環境を整えているところもありますので、自分にあった学校を選ぶようにしてください。

専門学校で行われる講座の特徴

専門学校は、通信教育や独学とは異なり実際にプロのネイリストとして活躍してきた豊富な経験を持つ講師から直接指導が受けられるのが大きな特徴です。

現役で活躍しているプロのネイリストを在籍させている学校もあります。
DVD教材や教科書による学びだけでなく、実際に講師を目の真にし肌で触れたり、目で確認できるのは専門学校ならではの特徴です。

疑問が生じたら、その都度確認することもできますので、技術力、知識アップには最高の環境ではないでしょうか。
講座は初心者コース、中級コース、プロフェッショナルコースなどレベルに応じて選択することも可能ですし、資格取得のために必要な講座を専門的に設けているスクールもあります。

また、昼間は社会人として、また主婦として働いている方が自分の都合の良い夜間などを利用して通学できる夜間講座を設けている学校もあります。

ネイル専門学校は、ライフスタイルにあわせて、自分のペースで学習を進めることができるのも特徴の一つとなっています。

専門学校やスクール選びの注意点

独学や通信教育とは異なり、多くの特徴がある専門学校ですがすべての学校が優れた環境を提供しているとは限りません。

特に料金の安さだけを考えてしまうと、講師のスキルの低さや講座の種類が少ない、授業回数が少ない、教材の質が悪い、資格取得対策がない、アフタフォローに対応してないなどのトラブルも多々あります。

また中には、資格取得レベルまで到達していないのに、講座終了となってしまったと無駄な時間を過ごす苦い経験をした方も少なくありません。

時間をかけて手に職をと求めて入学したのに、最終的に技術力が全く得られないとなると大損です。最低でもサロンで働けるレベルまで達しなければ専門学校に通った意味がないのです。

学校選びの失敗を避けるためには、目先の価格だけにとらわれず、どのような特徴があって、過去の実績がどうなっているかなども確認するようにしましょう。

ネイルの資格・技術以外に身に付けたいビジネススキル

ネイルの資格・技術以外に身に付けたいビジネススキル
ネイルアートは、今やファッションと捉えるだけでなく身だしなみの一部となり、華やかなシーンだけでなくビジネスシーンでもネイルアートを取り入れている方が多くなっています。

多くの方が利用しつつあるネールアートは、今後もさらに需要が高まり、それを提供するネイリストの職業の幅も次第に広がりを見せています。
爪のスペシャリストとしての立場で存在するのがネイリストで、求められる能力は当然ですが技術力、デザイン力、などアートセンスです。

しかし、ネイリストに求められているものは、ネイルそのものに対するセンスや技術力だけではありません。
では、ネイリストとしての資格や技術力、その他アートセンス以外にどのような能力が求められているのか考えてみましょう。

ネイリストとはどんな仕事?ネイルアーティストとの違いは?
ネイリストになるには?ネイル業界で働くためには何が必要?ネイリストとはどんな仕事?ネイルアーティストとの違いは? ネイリストとは、爪の専門家で主に美容に関する爪のお手入れをする職業の人です。...

資格や技術力以外に重要なコミュニケーション能力

まず技術力以外に重要な要素してあげられるのが、コミュニケーション能力です。ネイリストは、自分ひとりだけでするものではありません。

お客様あってのネイリストですから、当然接客は必要不可欠。

客が何を求めどのようなデザインのネイルアートを求めているのかなどを引き出したり、初めての客に安心してもらうために必要な会話能力も要求されます。

さらには、売り上げアップに貢献するためには、客にデザインを気に入ってもらいもう一度足を運んでもらう必要もあります。

客に認めてもらうには、ただセンスの良さだけではいけません。
人間は、いくら優れた技術力で対応してもらっても、対応してくれた人間そのものの評価が悪ければ次に利用することは無いのです。

悪く言えば、技術力はそこそこでも、人間性が高く評価されれば人は次も利用したくなるものなのです。
初めて会う客に高く評価されるためには、コミュニケーション能力は絶対に必要なのです。

コミュニケーション能力を養うためには、教科書だけの勉強ではいけません。
常日頃から人接するときに、相手が何を考え何を求めているのかを考えて対応できるよう癖をつけましょう。

また、多くの接客業を経験し、コミュニケーション能力を現場で養うのも一つの方法です。
爪を綺麗にしてもらうことはネイルサロンでは当然のこと。

ただし、そこで会話をし対応してもらったネイリストから技術力以外のプラスαをもらうことができれば、それだけで十分満足させられるでしょう。

資格や技術力以外に必要な経営力

将来的に独立開業やフリーを目指しているネイリストにとっては、技術力、デザイン性、さらにはコミュニケーション能力以外に、経営能力も要求されます。

ネイリストとしてだけでなく、いかに客を呼び込み利益をあげられるかなどビジネス面からの思考能力も必要です。ネイリストとしての能力とは全く異なる能力が要求されますので、独立開業で成功することは簡単ではありません。

卒業後すぐに開業する方もいますが、大抵は厳しい状況にさらされているのが現状なのです。
最も良い方法は、有名ネイルサロンなどで店長もしくはマネージャーとしての役職を経験し、1店舗内の運営を実際に経験することもお勧めです。

先輩やオーナーから直接学びつつ、経験を重ねることで独立開業への準備がゆっくりとできるでしょう。ネイリストの資格や技術力、その他デザイン性以外にもあらゆる能力が要求されます。

将来どんなネイリストになりたいのかを明確にすることで、何を勉強したらいいのかが自ずと理解できるはずです。
ライバルと差をつけるためにも、色々な視点から考えてみるようにしましょう。

ネイリストになる方法と資格
ネイリストになる方法と資格「プロのネイリストに憧れる!」 「ネイル資格を取得し知識を身に付けたい!」 「大好きなネイルを仕事にしたい!」 「ネイルアートに興...
ネイリストの仕事と資格に興味がある方
  • ネイリストの資格を取りたい!
  • どんなネイルの資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずネイリストの勉強のとっかかりが欲しい!
  • ネイリストの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!