ネイリスト

資格を取ってネイリストになるのに「年齢」「独学」「主婦」「男性」は関係ない!

ネイリストになるのに年齢は関係あるのか?

ネイリストになるのに年齢は関係あるのか?

ズバリ!ネイリストに年齢制限はありません。

おばあちゃんになってもその腕が認められれば世界という大きなステージで活躍することも不可能ではありません。

さらに何歳からでもはじめることができるのが、ネイリストの魅力と人気の理由なのかもしれません。自宅でネイルサロンを開く人などは特にスタートする年齢は問題ありません。

しかし、どこかのサロンで働きたい場合にはある程度の年齢が条件に掲げられる可能性もゼロではありません。よほどの高齢者でない限り、年齢とわずスタートできるのがネイリストの魅力です。

ネイル資格取得までの概要はこちら

本当に年齢は就職の妨げにならない?

今や子育て中の主婦や子育てがひと段落した主婦の間でも注目されているネイリストですが、やり始める時期は10代から40代、50代と本当に幅が広いのが特徴的です。

ネイル専門学校や通信教育を利用している方の中には、中高年になってやっと資格を取得する人も年々増えているのです。

ネイリストになるためには年齢は特に問題はありません。しかし、就職などを視野に入れて考えると別の問題が発生します。

例えば、求人情報誌を見るとよく分かると思いますが、採用条件に年齢が設けられているところもあります。ネイリストに限らず、中高年の就職は年齢による妨げがあるのは事実です。

また実際にサロンで就職できたとしても、店長がものすごく若い人の場合年下にこき使われる辛い状況に立たされることもあるでしょう。

年齢制限はないものの、年齢によって仕事に就けない、やりずらいと感じる事はないとも言い切れません。
逆にはじめっから就職せず、自宅兼サロンのようにオーナーとしてネイリストになる場合には一切の年齢制限と妨げはないでしょう。

年齢によるあらゆる問題を事前に把握した上でネイリストを目指すようにしてください。

中高年からスタートするために必要な事とは

若い人が中心となるネイリストの世界で、中高年の女性が堂々と活躍するためにはやはり高いスキルと豊富な知識は必要不可欠です。

どんな職業でも年齢ではなく他人の評価が重要なんです。
高いスキルがあれば、経験や年齢は問わず多くの方に注目され、どんな環境でもプロのネイリストとして楽しく仕事を続けることはできるはずなのです。

そのためには、独学ではなく優れた教材と道具、抜群の講師と環境を整えたスクールもしくは通信教育などを利用することをお勧めします。

特にスクールの場合、実際の現場で活躍する現役のプロのネイリストが指導することもあるなど、日々進化するネイルの状況をいち早く習得することができるでしょう。

さらにネイリストになるためには、ネイルのケアやデザインなどアート技術だけではありません。お客様あってのネイリストですから、接客などコミュニケーション能力も絶対に要求されます。

専門学校や通信教育では、トータル的な指導を行っていますので、卒業後すぐでも現場で活躍できるスキルを身につけることができるでしょう。

年齢制限はなく、30代40代以降の女性でもネイリストとして働くことはできます。

ただ、若い方が多く活躍する華やかな場所で見劣りせず、自分の存在を存分にアピールするためには誰にも負けることのないスキルを磨くことに限ります。

社会にでれば、自分を評価してくれるのは他人です。
経験がなくてもお客様から高く評価されれば一人前のネイリストとして幅広く活躍できるでしょう。

ネイルを学ぶ!ネイリスト資格を取るならどの道?
ネイルアートを学ぶ!ネイリスト資格を取得する為に知っておきたい事「ネイルを学びたい!」 「ネイリストになりたい!」 「ネイルの技術を勉強したい!」 そんなネイリストの道に進みたいけど、どんな...

独学でもネイリストになれるのか?

独学でもネイリストになれるのか
若い人を中心に人気が高くなっているネイリストですが、ちょっとした知識があれば簡単になれると思っている方も多いようです。でも実際にはプロのネイリストとして幅広く活躍するためには最低限の資格が必要となり簡単というわけではありません。

ネイリストになるためには、ネイリスト専門の学校や通信教育が一般的です。ただ、これらのシステムを利用するためには、ある程度の予算が費用です。

そのため独学でネイリストの勉強をと考える人も少なくありませんが、独学でプロのネイリストを目指すことが、どれほど難しいのかを考えてみましょう。

独学のメリット・費用が安い

独学のメリットは、費用面です。
専門学校や通信教育を利用するよりは、はるかに安い金額で抑えることはできるでしょう。

例えば、協会が発行しているテキストは、市販で販売されていますし場合によってはネイリストを目指していた先輩のお古を譲ってもらうこともできるでしょう。

またネイル用具は、今やインターネットを利用すると全国各地から購入することも可能です。

どうしても経済面で専門学校や通信教育を利用するのが、厳しいという方は他の人の数十倍努力することでプロのネイリストになることは不可能ではないでしょう。

独学のデメリット・気持ちが萎える

独学でプロのネイリストを目指すことは不可能ではありません。しかし、非常に多くのハードルを越えなければなりません。

例えば、独学の場合、拘束力がない分「ネイリストに絶対になりたい」という強い意志を常に持っていなければ、勉強を継続することはとても難しいでしょう。

勉強とは、ただでさえ持続させるのが難しい状況であるにも関わらず、全く知らない内容に遭遇した場合それを一人の力でクリアすることができなければ、その時点で前に進めず気持ちが折れてしまうこともあるのです。

ネイリストに必要な知識は、ただ単に爪にアートを施すだけではありません。爪に与える危険性を知るためには、爪の病気や衛生面の知識、使用する絵の具やその他専門の道具、器具についても詳しく知る必要があります。

試験問題には、学科として様々な専門的な知識を求められます。それを独学で理解しようと思うのは、浅はかなことなのかもしれません。

さらに、テレビの誘惑、遊びの誘惑、怠けたい誘惑などあらゆる煩悩が勉強したいという環境を阻害し計画的に勉強を行うことができないのが独学の難しさなのです。

独学のデメリット・ちゃんとした教材や道具がそろわない

独学の場合、市販の教材やネットから購入した道具で対応しなければいけません。
協会発行の最新の教材ならば、それほど問題ありませんがここでも価格をケチってしまった場合古い情報が記載されている本を手にする危険性もあります。

日々進化するネイリストの世界ですから、常に新しい情報を得なければ難しい資格を取得できないでしょう。
その他にもネイル関連の道具は実際の現場で使用されているものが手に入るとは限りません。

間に合わせの道具でいくら技術力を習得したとしても、いざ働いてみたら使用する道具が全く違っていたなんてこともあるはず。

今やとても多くの方がプロのネイリストとして活躍する日を夢見て日々勉強に励んでいます。ライバルに勝つためには、基本となる勉強は絶対に手を抜いてはいけないのです。

予算が厳しい状況なのは、よく理解できますが、本気でプロのネイリストになりたいという目標があるならば、独学では厳しいという現実もしっかりと理解しておくようにしましょう。

30代、40代主婦でもネイリストになれる?兼業ネイリスト

主婦でもなれる兼業ネイリスト
意外と多い?主婦兼プロネイリスト!

ネイリストとして活躍している方は何も若い人だけではありません。
最近では主婦の方でもプロのネイリストを目指す方が増えているのです。

育児や家事の傍ら、気軽に収入を得る手段として自宅でネイリストとして活躍を目指す人、子育てがひと段落しこれから自分のやりたい事を目指す人、美意識の高い主婦が自分自身のためにはじめる人などその理由は色々とあります。

ネイリストとしての知識や技術力があれば、ちょっとした僅かなスペースでもすぐに開業することができるのがネイリストになるメリットです。
また、以前にくらべネイルをファッションの一部や身だしなみの一つと考えることから利用者が年々増えているのも事実です。

そのため需要も高く働く先も非常に多くなっているのです。
また自宅でネイルサロンを開くことができれば、家事や育児との両立もしやすく主婦でもネイリストになることは不可能ではないのです。

仕事と家庭の両立は、ネイリストでなくても大変ではありますがその分ものすごくやりがいは感じられるでしょう。
ただの、主婦としてそのままの人生を過ごすよりも人の喜ぶ顔を見ながら、かつ自分自身を磨きながら楽しめるネイリストに今主婦の間で注目されているのです。

主婦にお勧めのネイリストに必要な資格取得方法

主婦でもネイリストとして活躍することはできますが、ただ独身者のように知識と技術力を習得することは簡単ではありません。

母親として妻として家事や育児をしながら、勉強をしなければいけないのですから人一倍の努力は必要です。
また、プロのネイリストとして収入を得て生計を立てられるまで力をつけたい方には、「JNEネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル技能検定」などの資格も必要です。

特に独立開業やネイルサロンで働きたいという目標がある場合には2級以上の資格を最低でも持っていたほうがいいでしょう。

プロネイリストではなく、お友達やご近所さんを相手に行う趣味程度のネイリストならばそこまで高い技術力は必要ではありませんので、目標に応じて勉強方法を選ぶようにしましょう。

本格的なネイリストを目指す場合には専門学校や独学、通信教育の3つの手段があります。
主婦の場合空いている時間を有効活用できる通信教育がお勧めです。

例えば、子供がお昼寝をしている時間を利用したり学校や塾に通っている時間、家族全員が寝ている時間など都合のよい時間を使って勉強を進めることができます。

通信教育で取得できるプロネイリストの資格

通信教育でプロネイリストの知識や技術力を学ぶことはできますが、現在非常に多くの通信教育が販売されていますので内容等をじっくりと確認した上で自分目標にあった場所を利用できるようにしましょう。

通信教育を選ぶ際に注意をしたいのがどのような資格が取得できるかです。
場合によっては、ある程度の知識と技術力は習得できるものの資格取得のサポートがついていないケースもあります。

少なくとも「JNEネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」は取っておきたい資格です。
次に必要なのはどのような講座を準備しているのかです。

教材だけでなく、インターネットのウェブサイトを活用したりDVDを利用できる場合は実際に目で見ることができますので技術力習得には、大変お勧めです。

さらに、通信教育を申し込んだ時点ですべての器具がそろっているもの、別で準備しなければいけないものなどもあります。

その他価格やアフターフォローなどの内容を確認した上で、通信教育先を選ぶようにしてください。
家事や育児に日々忙しくしている主婦でもこれらの機能を利用することで、十分にネイリストを目指すことはできるでしょう。

女性でも手に職がつけられる!ネイリストになるメリット

女性でも手に職がつけられる!ネイリストになるメリット
女性にとって仕事を探すことは、男性に比べて簡単ではありません。

特に結婚し小さな子どもを抱えている女性や中高年から仕事を探すといった場合には、さらにその状況は厳しくなります。

女性でも年齢や環境に左右されず、適職を見つけ出すには手に職をつける事はとても重要で、その意味はとても大きく将来への強い希望になることは間違いありません。

今や男性と肩を並べて活躍する女性の姿も増えてはいますがプロとして活躍するには、まだまだ十分な環境とは言い切れません。

しかし、いつでも自分自身の力で立ち上がるという気持ちがあればプロとして十分に活躍することはできるのです。
現在、手に職を持ちたいと願う女性が年々増え特に趣味を生かした職業を選択する方が多くなっています。

その中でも人気を集めているのが、ネイリストなのです。手に職をつけられるネイリストとは、どのような職業なのか、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

手に職をつけられる人気のネイリスト

若い女性から中高年など幅広い年齢層に注目されているのが、ネイリストです。
ネイリストとは、ネイルアートを行う職業で趣味の範囲から世界の大舞台でプロネイリストとして活躍している人など様々です。

なぜ手に職をつけられる職業にネイリストが人気なのか、それは多種多様な働き方ができ、かつ自分自身のファッションセンスを磨くこともできるからです。

ネイリストは、特に資格が無くても知識や技術力さえあれば、すぐに活動することはできます。
つまり家事や育児の傍ら、自宅の一室を使いお友達やご友人ご近所の方を対象に仕事を始めることも不可能ではないのです。

ただ、プロネイリストとして多くのシーンで活躍したいならば、資格取得は必要です。基礎を身につけ、技術力を持っているだけで、子育てがひと段落した後から仕事に就くこともでき、かつ副業として続けることもできるのです。

今やネイリスト専門学校に通うだけでなく通信教育や通信講座で知識や技術を学ぶことができるなど大変気軽に手に職をつけられるようになっているのも人気の秘訣です。

ネイリストの技術と知識を持っているメリット

気軽に手に職をつけられるネイリストの資格や技術力、知識を持っているメリットは色々とあります。
現在主婦層に人気を集めている理由に、都合の良いときに働ける家事や育児と両立ができると言う点があります。

例えば、フルタイムでは勤務できないけど毎週2日だけなどライフスタイルに合わせて勤務できるサロンや美容院と併設のネイルサロンも多くなっています。

また自宅の一室で開業を行うことで、主婦としてもネイリストとしても無理なく両立できますよね。

その他、今は子育てに専念しいずれ子供が離れたときにネイリストとして活躍したいと将来的な目標を持って、早い時期にネイリストの資格を取得する方も増えているのです。

手に職を持っていることは、とても重要で一家の大黒柱であるご主人に頼りきりにするのではなく、いざと言うとき夫に代わって生計が立てられるというのは将来的に本当に安心です。

また夫婦の仲が悪くなり、離婚といった問題に直面したときでも手に職を持っていれば心の準備が整いやすいのではないでしょうか。

ネイリストは、他の職業と異なり年齢問わずいつからでもはじめることができます。

それだけではありません。

万が一その技術力を仕事にしなくても、自分自身のおしゃれに活かすことができるので無駄になることは一切ないのです。

今後さらに需要が高まると思われる注目の職業ですので、今のうちに資格取得を目指してみる価値はあるのではないでしょうか。

男性でもなれる?男のネイリスト

ネイリストに男性でもなれる
ネイルは女性のものだと思っている時代は今や遠い過去の話。
現在は男性でもネイルケアを行う人はとても多くなっています。

そのためネイリストの世界でも、プロのネイリストとして活躍する男性の姿も徐々に増えています。

ネイリストを取り巻くこれまでと現在の変化

従来とは異なり、今や指先までおしゃれに手を抜かず爪のその先まで美しさを求める方がとても多くなっています。
当初は爪を綺麗に切りそろえ、生皮を処理し、ただ綺麗に見せるだけのネイルから、あらゆる道具を駆使し爪にアートを施すまでその状況は進化しています。

そのため以前にも増して高い技術力とデザイン性が要求される非常に高度な職業でもあります。
また、長時間にわたり神経を集中させ同じ姿勢でじっと指先を綺麗にしていくので、心身ともにハードさを極めることは当たり前です。

日々進化するネイルについていくためには、技術力、知識、経験を毎日積み重ねる必要もあるなど、あらゆる能力が要求されるのです。

そして最近では、ネイルを利用する客層にも変化が現われています。
以前は女性のおしゃれとして注目されていたネイルですが、一種の身だしなみとしての考えが強くなっていることから男性の利用者も多くなっているのです。

現在は、男性でも化粧をしたり、スカートをファッションとして取り入れることも多くなるなど女性と男性とで美の捉え方に大きな差がなくなっている傾向にあるのです。

男性専用のネイルサロンが存在する

男性でもネイルケアに関心があるということは、当然男性の利用者も今後も増える可能性が高いということ。
女性用のネイルサロンと比較すると数は圧倒的に少ないですが、都心を中心にメンズネイリストが活躍するサロンも確かに存在します。

女性のようにビーズを使ったりするアートはないものの最低限の身だしなみとして、爪を綺麗にカットしたり、生皮の処理、光沢を取り入れる作業や男性スタッフと会話を楽しみながら指先からのおしゃれを楽しむ方も増えています。

男性がネイルサロンに通う理由

男性がネイルサロンを利用する理由については、女性とは異なり、身だしなみの一種が多いようです。
ビジネスシーンで、名刺交換などを頻繁に行う場合、相手に良い印象を持ってもらいたいという理由もあるようです・

また、モデルなど人に見られる職業についている方やギタリストとして活躍している方も爪先のおしゃれに大変気を使うようです。

特にギタリストの場合、爪のケアをしっかりと行わなければ、弦をしっかりととられることができず、指を傷つけることから定期的にネイルサロンに足を運ぶこともあるのです。

男性が客としてネイルサロンを利用する場合、女性のネイリストでも特に問題はありませんが、長時間女性に指先を触られることに抵抗がある方も少なくありません。

また男性の気持はやはり男性がよく理解しているという面からも男性のネイリストの存在は欠かせないのです。

男性のネイリストの活躍の場は、女性のネイリストと比較しても圧倒的に数は少ないですが今後さらに需要が高まると予想されます。

細かい作業が得意な人、接客が好きな人カラーやアートに興味がある男性には、大変お勧めの職業ではないでしょうか。

ネイリストとはどんな仕事?ネイルアーティストとの違いは?
ネイリストになるには?ネイル業界で働くためには何が必要?ネイリストとはどんな仕事?ネイルアーティストとの違いは? ネイリストとは、爪の専門家で主に美容に関する爪のお手入れをする職業の人です。...

長くネイリストとして活躍するために必要な能力

長くネイリストとして活躍するための適正
ネイリストとは、爪のケアやデザインなどを行う職業で今や若い人を中心に大変注目され人気度が高まっています。
最終的な目標を独立開業においている方も多く、将来的には自分のサロンを持ちたいという方もたくさんいます。

ただ、ネイリストというのは爪のケアだけを行うわけではありません。

確かに爪先をおしゃれに着飾るなどのアート技術も必要ですが手先や指先など全般のケア、お客様とのコミュニケーションなどトータル的な能力が要求されます。

趣味の範囲で楽しむなら高い技術力やコミュニケーション能力、爪に関する知識などは必要ありませんがプロとして幅広く活躍するためには、様々な能力や経験は必要不可欠です。

華やかに見えるネイリストですが心身ともに疲労が大きいのも事実です。
単なる憧れだけでネイリストになれたとしても、続けていくことは非常に難しいのが現状です。

ここでは、せっかくなった職を辞さないためにもどのようなタイプの人間がネイリストに向いているのかまとめて見ましたので参考にしてください。

チェックその1・ネイルアートが好き?

ネイリストとして活躍するために、まず必要なのはネイルアートが本当に好きかどうかです。
好きというきもちだけで、それを職業として続けることは当然できません。

しかし好きでなければ、続けることは絶対に不可能なことなのです。
基本的なことかもしれませが、ネイルアートを心から愛し関心が高い人にこそ向いている職業なのです。

チェックその2・センス、個性、忍耐力が必要

ネイルアートは、面積の狭い爪にあらゆるアートを行うものを言います。つまり手先が器用で、忍耐力があるものでなければいけません。

またデザインアートは、その人の個性、センスも問われてきます。さらに独自の発想だけで客を満足させることはできません。

自分のやりたい事を半分抑えつつ、客の要望は100%に近い状態で応えなければいけないでしょう。相手の要望を聞き入れつつ、かつ高いデザイン性と技術力でお客様に納得していただけるネイルアートを施さなければなりません。

つまり柔軟性が高くかつ忍耐強い方でなければネイリストとしては不向きです。また、日々進化しているネイリストの世界で名を残すためには、日々勉強する努力化でなければなりません

チェックその3・コミュニケーション能力

ネイリストは、1対1の作業時間が多いことから客が安心して任せられるようコミュニケーション能力も高くなければなりません。

いくら作業中だからといってお客様の質問に一切答えない、会話が弾まない場合にはただ無意味に客に不安をあおるだけです。

お客様がリラックスした状態でネイル時間を楽しめるためには、適度な会話と説明などのコミュニケーションスキルが要求されます。

口下手、人と接するのが苦手な方には当然不向きです。ネイルはネイリストだけが満足しても意味がありません。

ネイリストが絶対にいやだと思っているデザインでも、客が100%満足してればそれで成功です。お客さんに満足していただくためには、僅かな会話時間の中からでも客も好みを引き出し、ネイルアートに活かせるコミュニケーション能力は絶対なのです。

以上のようにネイリストになるためには、最低限必要なスキルがあります。
元々高いスキルを持っている方もいますが、ネイリストになることを考えると向き不向きがありますので自分はネイリストとして活躍できるのかを事前にチェックするようにしましょう。

ネイリストになる方法と資格
ネイリストになる方法と資格「プロのネイリストに憧れる!」 「ネイル資格を取得し知識を身に付けたい!」 「大好きなネイルを仕事にしたい!」 「ネイルアートに興...
ネイリストの仕事と資格に興味がある方
  • ネイリストの資格を取りたい!
  • どんなネイルの資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずネイリストの勉強のとっかかりが欲しい!
  • ネイリストの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!