ペットシッター

ペットシッターの資格取得!資格を取る為の勉強と知っておきたいこと

ペットシッターに必要な資格は?

ペットシッターに必要な資格は?種類や期間、費用を教えて!

飼い主に代わって、犬の世話をする「ペットシッター」の仕事に注目が集まっています。
ペットビジネスの需要が増えていることから「稼げる仕事」「安定した仕事」としても人気となっていますが、今回は、 ペットシッターに必要な資格の種類や違い、また資格取得までに必要な期間や費用等を紹介します。

ペットシッターとして働くには?

本来特別な資格は無く、年齢や性別、さらに学歴等も一切関係なく、ペットシッターとして働く事はできます。
しかし、ペットを取り巻く環境の変化によって、各会社、企業では、ペットシッターに対しする要求も以前に比べて高くなっています。

そのため、採用条件に「資格保持者」と設定しているところも少なくありません。
さらに、高額収入と安定した仕事を確保するためにも、認められたスキルを証明できる資格は、重要不可欠です。

また将来独立開業を計画している場合は、開業条件として「動物取り扱い責任者」の要件を満たさなければならないため、今のうちに該当する民間資格の取得が必要です。

ペットシッターの資格の種類について

まず、仕事をする上での特別な資格はありません。
ただ、開業にあたっては、福祉局が管理する「動物取り扱い責任者」の要件を満たしたものでなければいけないので、事前に確認しましょう。

動物取り扱い責任者とは

業務経験や動物系の大学や専門学校を卒業している、もしくは、未経験者で、民間の資格を取得している、ことが要件となります。
該当する資格は、認定ペットシッター、ペットシッター士、愛犬飼育管理士、愛玩動物飼養管理士となります。

認定ペットシッター

ペットシッタースクールが実施する民間資格で、オリジナルの教材と講師陣による専門性の高い講座を受講後に資格が取得できます。
環境省が認定する「動物取り扱い責任者」の要件を満たせるので、将来ペットシッターとして自宅開業を希望する方におススメ。

現在、通学コースと通信コースの2タイプが準備されています。
16歳以上の方なら、どなたでも受講可能で、認定ペットシッターの資格が取得可能。

通学コースの場合は、ペットシッターの実務から、犬の行動学、犬の飼育方法やビジネスマナー、ペットシッター業経営の知識、動物法律、など幅広いカリキュラムとなります。

受講期間は、4ヶ月程度で、テキスト代、資格取得費用等を含め、189000円前後の費用が必要です。
通信コースは、 さらに安く98000円となります。

ペットシッター士

日本ペットシッター協会が認定する資格で、環境省の定める動物取り扱い業責任者の要件を満たします。
講座は通信、通学、カルチャースクール講習と3つのタイプがあります。

通信講座の場合は、受講期間が6ヶ月で、受講費用が50400円。
通学コースは、受講期間が6日間で、受講料が88200円、ただし、実施場所が東京都と限られていますので、事前にご確認ください。

カルチャー講座は、自宅学習に加え2日間講習会に参加する方法で、受講料が57200円、ただし、カルチャースクールのある場所に住んでいる方のみの利用となります。

愛犬飼育管理士

一般社団法人、ジャパンケンネルクラブ公認資格で、環境省の定める動物取り扱い業責任者の要件を満たします。
講習、資格試験の実施を全国各地で行っています。

18歳以上の方の受講参加は、可能ですが、事前入会が必要。
また試験合格者は、「JKC愛犬飼育管理士資格」の登録費用が別途かかります。

受講料は、テキスト代込みで7300円。
試験受験料は、7000円となります。

実施は、1日の受講後に試験を受験する、という仕組みになっています。

愛玩動物飼養管理士

公益社団法人 日本愛玩動物協会実施で、環境省の定める動物取り扱い業責任者の要件を満たします。
2級が18歳以上の方、1級は2級取得者が受験可能です。

費用は、2級で35000円、1級52000円が必要。
受験受講料には、教材テキスト代も含まれています。

送られてきた教材を元に自宅にて学習を行い、スクーリングを1日受講し、年2回の試験で合格してはれて資格が取得できます。
以上が、ペットシッターに必要な資格です。

実施する機関、スクールによって、受講内容や受講期間、費用等が異なるので、あらかじめ各関係機関のホームページ等でご確認ください。

資格があるのと無い人の違いは?資格取得に最適なスクール選びは?

資格があるのと無い人の違いは?資格取得に最適なスクール選びは?
犬好きの方に特に人気の動物関連の仕事が、ペットシッターです。
他の動物関連の仕事に比べ圧倒的に犬に接する機会が多く、やりがい、楽しさ、魅力ともに充実しています。

空前のペットブームの影響によって、今後もさらに需要が高まる一方のペットシッターですが、以外にも、特別な資格は必要ありません。
そのため、主婦や学生、副業などどんな方でも、「やりたい!」と思う気持さえあれば、だれにでもできます。

しかし、残念ながら、資格がある人と無い人とでは、さまざまな場面で大きな差が生じてしまいます。
具体的にどのような差があるのか、まとめてみました。

資格がある人、無い人、どんな違いがある?

まず、顕著に現れるのが、「就職・転職」です。
仕事を採用されるには、まず、書類審査、というものを通過しなければいけません。

書類審査とは、本来その人のことを書面でしか、判断できないので、採用してもらう側としては、不満を言いたくもなりますが、仕方ありません。
そんな書類審査をクリアするには、文字だけで採用担当者に高評価してもらう必要があるのですが、そのときに大活躍するのが、「資格」なのです。

ペットシッターに必要な資格を一つでも履歴書に記す事ができたら、まったく資格を記載できない人よりもはるかに好印象を与えることができますよね。
さらに、採用担当者は、資格を取得するまでの「経過」も採用の際の判断材料にします。

「経過」とは、資格を取得するまでの費やした勉強期間、そしてそれに必要な努力などです。
無資格者の場合は、その「経過」がまったくないのですから、どちらか一方を選ぶとなると、心理的にも「努力したもの」となるのは、当然です。

続いて、「給与・収入面」です。
資格がある人と、無い人では、働き方が異なるので、当然給与、収入面にも大きな違いがあります。

一応、ペットシッターは、特別な資格はない、とされてはいますが、採用する側にとって、大事な仕事を任せられるのは、やはり資格保持者となります。
そのため、資格を持っていれば、正社員として採用され、無資格の場合は、アルバイトやパートとしての勤務になるので、収入には明らかな差が出てしまいます。

最後に、将来独立開業するにあたり、資格は絶対的に必要な要件となります。
ペットシッターの独立開業には、環境省認定の「動物取り扱い責任者」として認められなければいけません。

それには、環境省の認定する所定の機関、もしくはライセンスの取得が必要となります。
将来独立開業を計画している方は、今のうちにどのような資格が必要なのかを調べておくといいでしょう。

資格が取得できるスクールの選び方は?

資格取得を実現するには、ペットシッター関連の専門学校や通信講座を利用するのがおススメです。
現在、全国各地にペットシッターに必要な資格が取得できるスクールが数多く存在します。

通いやすい場所、口コミで人気のスクール、費用が安いなど、それぞれに選び方は、異なりますが、安易に選択しては、失敗の可能性も高いので注意が必要です。
そこで、スクール選びのポイントをいくつか紹介しましょう。

1、必要な資格が取得できるか?

何よりも大事なのが、目的の資格が取得できるかどうかです。
そして、その資格を取得するためのカリキュラムや講座などが充実しているかなどもチェックしましょう。

2、資格取得率をチェックしよう

資格が取得できる!と大々的に宣伝しているけど、実際には、資格取得率が低い可能性もあります。
そこで、気になるスクールの資格取得率を把握しておきましょう。

資格取得率については、関係資料等に詳しく記載されていますので、事前にスクールの資料等を取り寄せてください。

3、学費は?

充実したカリキュラムと、高い実績があっても、あまりにも費用が高すぎると気軽に利用できないのが現実。
そこでやっぱり外せないのが、学費です。

ペットシッター関連の専門学校やスクールには、通学スタイルと通信講座スタイルがあります。
通学スタイルは、所定の時間、所定の場所に通って、先生から直接学べるのが魅力です。

しかし、学校によっては、学費が50万から100万になることもあります。
一方、通信講座は、自分の好きな時間、好きな場所で学習できるのが特徴で、何より学費が安いのが魅力。

月払いを申請すると月3000円程度からスタートできる場合もあるので、無理なくペットシッターの夢を実現できます。
上記の事を参考に、自分に適したスクールを選び、ペットシッターに必要な資格を取得してください。

ペットシッター関連の専門学校と通信講座それぞれの特徴とメリット

ペットシッター関連の専門学校と通信講座それぞれの特徴とメリット
ペットシッターの事を学ぶには、専門学校・通信講座を利用する事ができます。
ここでは、専門学校と通信講座の特徴やメリットを紹介します。

専門学校の特徴とメリット

専門学校では、実際にペットシッターのプロとして活躍する方や、動物病院の医師、看護士、その他動物関連の仕事に従事するその道のプロが直接教壇に立ち、授業を行っています。
犬だけでなく、動物関連の幅広い知識、実務体験、実習、などさまざまな事を学びます。

専門学校は、半年から1年という期間に、ペットシッターに必要な講義を組み込んで、計画的に資格取得に向けて勉強を進めます。
そして、専門学校の最大のメリットは、実際に働いている方々から、直接学べるという事です。

さらに動物関連に携わる方が教師として、常に接してくれるので、ペットシッターのリアルを知ることができます。
また、学校が準備したカリキュラムどおりに講義に参加するだけで、資格取得に必要な知識が技術を自然と習得でき、かつ同じ目的を持つ方と切磋琢磨しながら勉強できるので、一人で勉強するのが苦手な方にとって、専門学校という通学スタイルは、とてもおススメです。

ただ、通信講座に比べると、費用が高くなりますので、事前に資料等を取り寄せるなどし、内容を把握しておくようにしましょう。

通信講座の特徴とメリット

通信講座は、近年、特に注目されている勉強スタイルで、幅広い年齢、職業、の方々が利用しています。
またペットシッターに限らず、さまざまな資格が取得できる豊富な講座内容も魅力の一つとなります。

通信講座は、専門学校や大学などの通学スタイルではなく、自分の好きな場所、好きな時間、好きなタイミングで、勉強できるのが最大のメリットとなります。
そのため、会社員、OLさん、学生など、普段は、別の仕事をしたり、学校に通っていたりする方などの利用者が多いのも特徴です。

自分のペースで時間を無駄なく、有効活用でき、さらに、確実にペットシッターとしての資格取得が目指せるので、さまざまな目的で活用できます。
その他にも、学習費用が、通学スタイルと比べると圧倒的に安いのも魅力の一つとなります。

例えば、大学や短大、専門学校の場合、学費で30万から100万ほどの費用が必要です。
また通学には、交通費や食事代、宿泊費用など、学習費用外にも出費はあります。

一方、通信講座の場合は、ペットシッターの資格受験料込みで、5万から8万前後。
通学の必要もないので、交通費などの余計な出費もありません。

通信講座を実施するところによっては、一括払い以外に月払いに対応しているところもあるので、無理なくスタートできるのも人気が高まっている理由です。
以上のように、専門学校と通信講座には、それぞれ特徴やメリットが異なるので、自分に最もあった方法を選択するようにしましょう。

詳しい内容については、各スクールのホームページや資料請求等で確認できます。

ペットシッターに役立つ勉強は?プロはどんな資格を持っている?

ペットシッターに役立つ勉強は?プロはどんな資格を持っている?
将来「ペットシッター」の仕事に就きたいなら、今のうちにしておくとすごく役立つおススメの勉強をいくつか紹介します。

ペットシッター・これがあればすごく役立つ!

1、動物の飼育方法

犬が好きだけど、飼育の方法がまったく分からないでは、話になりません。
本当なら、実際に自分で犬を養い、経験を重ねたほうが一番良い方法ですが、家庭の事情、諸条件で、犬を飼う事ができない方もいるでしょう。

そんな方は、今のうちに基本的な「動物の飼い方」「飼育方法」などを勉強しておくのがおススメです。
もちろん、各家庭や飼い主さんによって、飼育方法は、さまざまですが、基本的なことを把握しておくことで、あらゆる状況に柔軟に対応しやすくなります。

例えば、犬といっても、種類や個体によって、性格も生体も、食べ物の好みもまったく違います。
全ての種類の犬を把握するのが難しいので、人気ペットトップ10くらいの種類については、性格等を把握しておくと良いでしょう。

また、犬をペットとして飼育するには、必要な手続きがあります。
各市町村に提出する書類や登録、動物病院で受ける検査や注射などを調べておきましょう。

さらに、飼い主になった際の最低限の義務などについては、家庭動物等飼育および保管に関する基準、条例等から学ぶようにしてください。

2、飼い主とのコミュニケーション力

ペットシッターは、犬と接する前に、飼い主さんと打ち合わせをするなど、密に接しなければ行けません。
そのため、コミュニケーション能力も必要な要素です。

コミュニケーション力については、独学でも学ぶ事もできますし、各市町村や企業等が開催する講習会に参加することでもスキルアップできるので、今のうちに勉強しておくようにしましょう。

その他、ペットシッターに必要な動物行動学、心理学、医学の知識などがありますが、独学で学ぶには、難しい場合が多いので、上記2点だけでも今のうちに抑えておいてください。

実際のプロが持っている資格は?

ペットシッターには、獣医師のように国家資格等の、特別な資格は存在しないため、無資格でも働く事はできます。
しかし、プロとして活躍しているペットシッターの多くは、何かしらの資格を取得しています。

では、具体的にどのような資格を持っているか紹介します。

1、認定ペットシッター

ペットスクール認定の資格で、所定の講座を修了後、資格取得が可能となります。
さらに、認定ペットシッターは、独立開業に必要な「動物取り扱い業」に関する「保管」「訓練」登録の条件となりますので、要チェックです。

実際のプロが取得している認定ペットシッターを実施しているペットスクールは、業界でも人気の講師陣が講義を行っていることでも有名です。
また、フランチャイズ展開も積極的に行っているので、独立開業の道が開きやすいのも魅力の一つなります。

2、ペットシッター士

NPO法人日本ペットシッター協会認定の資格で、通信講座、通学コース、カルチャー講習の3つのスタイルから選ぶ事ができます。
最も費用が安いのが、通信講座で、受講費用54000円で、半年の学習期間で資格取得できます。

さらにペットシッター士は、協会のホームページや会報誌などに、紹介されるなど、プロとしての活躍の場を広げやすいのがメリット。
現在多くのプロが取得している資格で、協会関連の保険加入制度で、充実の保証体制も整っています。

3、ペットシッター

日本ペット技能検定協会認定の資格です。
この資格は、「実技技能習得」をメインとしているので、現場ですぐに実力を活かしたいプロから高く支持されています。

10単位の関連講座を受講後、資格認定試験に受験できます。
詳しい内容については、関連ホームページから確認してください。

4、愛玩動物飼育管理士

ペットシッターとして将来独立開業に必要な動物取り扱い業取得に義務付けられています。
そのため、ペットシッター業経営者、などが必ず保持している資格となります。

公益社団法人日本愛玩動物協会認定の資格で、2級、1級が準備されています。

5、愛犬飼育管理士

JKC独自で認定を行う資格で、受講費用から資格取得にかかる費用は、13800円です。
講習会が、大阪、神奈川、仙台の3箇所での実施となるので、それ以外の地域にお住まいの方は、早めに日程等の確認をしましょう。

JKCはペット業界では、とてもメジャーな団体ということもあって、多くのプロが取得しています。

6、家庭動物管理士

一般社団法人全国ペット協会独自の認定資格制度です。
資格取得にあたり、さまざまな条件をクリアしなければいけませんが、独立開業に必要な「動物取り扱い業」届出の要件に該当するため、多くのプロが取得。

以上がペットシッターのプロが所有している関連資格です。
トップで活躍するには、上記6つの資格のうち、最低でも1つ、ペットシッター業を独自で開業している方は、上記のうち3つ以上取得しています。

ただ、資格取得には、ある程度の勉強期間と、所定の講座を受講する必要等があり、さらに資格取得条件などもクリアしなければいけませんので、早めに確認しておきましょう。

ペットシッターになりたい!なら「資料請求」「無料体験」「説明会」を活用しよう!

ペットシッターになりたい!なら「資料請求」「無料体験」「説明会」を活用しよう!
ペットシッターの資格が取得できるスクールは、全国にたくさんあります。
そのため、どのスクールを選べばいいのか迷っている方も多いことでしょう。

そこでおススメしたいのが、スクール関連の情報を集める事です。

スクール関連の情報を集めるメリットって?

ペットシッター関連の資格が取得できるスクール情報を集めるメリットは、次の通りです。

1、学費の相場が把握できる

1箇所のスクール情報よりも、複数のスクールの情報を集め、比較する事で、学費の相場が把握しやすくなります。
各スクールのホームページや関係資料には、入学金や講座ごとの学費、テキスト代、その他実務に必要な道具費用、受験費用等が細かく記載されています。

そのため、比較する情報が多いほど、費用の相場が明らかになります。
例えば、AとBでは、同じテキストを使用しているのに、Aは1冊3000円、Bは1冊3500円とBの方が500円も高いという計算になります。

テキストは、科目ごとに準備する必要があるので、差額500円が20冊ともなれば、1万円もの差が生じるという計算になります。
また、Aは1科目の学費が1万円なのに、Bは3000円しかしない、でも内容を詳しく比較すると、Aの講師陣は、テレビや業界でも有名な方ばかりで、一方のBは、一人の講師が複数の教科を受け持っているなど、費用だけでは、分からない事もあるでしょう。

情報が多い分、学費の相場を詳しく把握し、判断できるので、気になる複数のスクールの情報をできる限り入手するようにしましょう。

2、失敗が回避できる

闇雲にスクールに入学するよりも、ある程度の情報を入手することで、入学後の失敗が回避できます。
例えば、知人からあのスクールはペットシッターの資格を簡単に取得できる、と聞いていたのに、実際には、取得率が低くかった、というケースもあります。

その他にも、授業の内容についていけず、途中でやめてしまった、という事もあるでしょう。
これらの失敗を回避するためにも、ある程度の情報を事前に入手し、スクールの雰囲気、卒業後の進路、授業内容等を把握しておくようにしましょう。

3、無駄を省ける

ペットシッター関連の資格が取得できるスクールは、全国に数多くあります。
気になるスクールを1校ずつ確認して回っては、時間がいくらあっても足りません。

もちろん、全国各地を回り実際に確認することは不可能です。
しかし、資料を入手することで、ある程度の情報が入手できるため、数あるスクールからいくつか気になるスクールだけを厳選できます。

資料は、各スクールのHPから簡単に申し込みが可能で、かつすべて無料となっています。
この方法なら、無駄を省きながら、自分にぴったりのスクール選びがしやすくなります。

4、嬉しい特典がついてくる

各スクールの情報を集める方法は、いくつかあります。
中でも資料請求を利用すると、さまざまな特典がゲットできるのも魅力の一つです。

入学金の優待特典から、一部講座の割引、説明会やイベントの招待チケット、など、無料請求を利用した方だけに与えられる特典なので、利用しない手はありません。

情報収集の方法は?

ペットシッター関連のスクールの情報を入手する方法は、2つあります。
最も簡単な方法が「資料請求」です。

各スクールのホームページ専用フォームから誰でも申し込み可能で、しかも無料となっています。
さらに、一括無料請求サービスを利用すると、全国各地にあるペットシッター関連スクールを複数選んで、1回の手間で、資料を入手できる方法もありますので、関連サイトから利用してください。

その次に人気なのが、無料体験やオープンスクール、説明会などです。
これは、各スクールが開催するイベントで、スクール入学希望者を無料で招待し、実際の授業風景を見学したり、実地を無料で体験したり、充実の内容となっています。

イベント案内役には、在校生、卒業生、講師陣が対応するため、ホームページや資料から入手できない貴重な情報を入手することもできます。
さらに保護者も一緒に参加できるので、より入学への道が開けます。

説明会や無料体験などのオープンスクールについては、各スクールのホームページ等で情報が配信されているので、随時チェックするようにしましょう。
電話やメールなどで積極的に問い合わせるのもいいかもしれません。

以上の方法で、より多くの情報を入手し、自分にとって最適なスクールを見つけられるようにしてください。

ペットシッターになる
ペットシッターになる方法と資格「犬と触れ合う事を仕事にしたい!」 「ペットシッターに興味があるけど、どうすれば仕事にできる?」 「ペットシッターに資格はあるの?ペ...
ペットシッターの仕事と資格に興味がある方
  • ペットシッターの資格を取りたい!
  • ペットシッターに役立つ資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずペットシッターの勉強のとっかかりが欲しい!
  • ペットシッターの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!