宅地建物取引士になる!宅建資格の取り方

「宅建建物取引士の仕事や資格はどんなもの?」
「宅建建物取引士になるにはどうすれば良いの?」
「宅建建物取引士の知識がないけど最短で資格をとるには?」

そんな想いを持ち、宅建の仕事に興味があるという方向けに「資格の取り方」「資格の種類」「宅建建物取引士の仕事に就くまでの道」をご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、宅建建物取引士のお仕事に就くまでの概要が理解できます。

▼Brush UP学びの宅建講座▼
Brush UP学びの宅建講座の比較

『BrushUP学び(ブラッシュアップ学び)』では、日本全国にある「宅建を学べる」スクールや通信講座の資料請求が一括で行えるサイトです。

ガッツリと知識を学びたい場合には、あなたの通える地域のスクールをチェック。
仕事や子育てしながらで、通学が難しい場合には「通信講座」をチェックし、無料のパンフレットを取り寄せることが出来ます。

もちろん資料請求は無料ですので、興味があるスクールや講座を遠慮なく選べます。

「宅建の仕事に興味がある!」「宅建に関する資格を取りたい!」という方なら一度目を通しておいても損はありません。

宅建建物取引士とはどんな職業でどんな仕事?

宅建建物取引士とはどんな職業でどんな仕事?
「宅建建物取引士」とは、国家資格で不動産の取引を専門に行なう職業のこと。

仕事内容は、就職先で違いはあり、

不動産関係の会社に就職した場合

重要事項の説明書、重要事項書への記名・押印、契約書への記名・押印の3つの業務を担います。

飲食、小売業に就職した場合

土地や賃貸テナントに関する市場調査から、契約時の重要事項説明書、契約書の確認などを行ないます。

金融機関に就職した場合

不動産評価額の確認、重要事項説明書や契約時の内容確認などを行ないます。

そして、「宅建建物取引士」の稼ぎについては、就職先により左右されますが、1物件あたり数千から数億単位でお金が動き、相当な利益を上げる不動産業界を考えても、高収入は期待できます。

ただし、「宅建建物取引士」になるためには、国家試験を受け、合格する必要があるので、情報を入手し早めに勉強に取り掛かるようにしてください。

宅建建物取引士とはどんな職業でどんな仕事?
宅地建物取引士とはどんな職業でどんな仕事?転職や就職に有利として話題の「宅建建物取引士」。 資格取得者も年々急増傾向にあります。 しかし、「宅建建物取引士」という資格をよ...

宅地建物取引士になる方法

最短で宅地建物取引士になるには

最短で宅地建物取引士になるには

他の国家試験に比べ、出題範囲がとても広範囲であることから、合格率は20%と簡単ではありません。

ただし、数ヶ月足らずで合格している方や、13歳という若さ、そして90歳という超高齢で合格している方もいるなど、やり方次第では、短い道のりで「宅地建物取引士」になることは十分可能です。

その方法として、最短での道のりは

  • ステップ1、資格合格を目指す
  • ステップ2、合格後の登録申請
  • ステップ3、2年以上の実務経験もしくは、登録実務講習修了が必要
  • ステップ4、宅地建物取引士証取得

ステップ1からステップ4までにかかる期間は、早い人で3ヶ月から半年。

ただし、合格率を高めるには、「宅地建物取引士」専門の通信講座やスクールなどを上手く活用し、年1回の受験日に向け、計画的かつ早めに勉強をスタートさせるのが望ましい。

宅地建物取引士の資格試験の難易度

「宅地建物取引士」資格の合格率、合格者、難易度について要点をご紹介します。

資格試験内容

4分野4肢択一で、記述はないものの広範囲にわたる

勉強時間の目安

350時間、1日2時間、週5日の6ヶ月程。

難易度や合格率

合格率17%前後で、毎年約3万人以上が合格。
他資格との難易度も比較

「宅地建物取引士」の資格試験データを知ることで、高い合格率を目指した学習計画がたてやすいので、参考にしてください。

宅地建物取引士として仕事するとどうなる?

宅地建物取引士の収入!就職した時の給与と年収は?

宅地建物取引士の収入!就職した時の給与と年収は?

「宅地建物取引士」の年収や給与、ボーナスについてご紹介します。

不動産業界は、実力と努力次第で、若くして高収入が目指せる業種です。

ただ、「宅地建物取引士」の資格がなければ、それも実現不可である事をしっかり覚えておくといいでしょう。

例えば、大企業の場合、取り扱う物件の規模や年間取引数が多いことから、年収は最も多く
650万前後、平均給与は40万前後。

それよりも規模がやや小さくなる中企業で、
年収500万前後、平均給与30万前後。

小企業でも、他業種より若干高い
年収460万前後、平均給与30万前後となります。

さらに肩書き、役職でも年収は異なります。

宅地建物取引士のやりがいと心構え

 
宅地建物取引士におけるやりがいは、以下の通りで

・「場所」を提供できる
・様々な物件や土地にたずさわれる
・お客さんから感謝された時
・チャンスが広がる
・ドキドキ感や達成感

マイホームの場合、代々受継がれる大事な家族の場所になります。
また、他業種でも「宅地建物取引士」の需要が高まっており、資格があるだけで多くのチャンスに出会う事が出来ます。

さらに、1物件あたりの価格が高額であることから、契約がまとまった時の達成感やドキドキ感は半端ありません。
ただし、良い面ばかりではなく

・不動産管理における雑務がたくさん
・難しいクレームがたくさん

等、苦労もたくさんあります。
さらに失敗が大きなトラブルへと発展しやすい業種なので、これらのトラブルを回避する方法として、身につけたいスキルや資格について。

・日々勉強する
・コミュニケーション力を養う
・関連資格を取得する

関連資格を取得することで、高収入にも繋がるため、取得しておいて損はありません。

宅地建物取引士はどんな職場で活躍する仕事?

 

宅地建物取引士はどんな職場で活躍する仕事?
宅地建物取引士の職場!仕事のやりがいと成功する為には?宅地建物取引士の資格取得で年齢問わず就職・転職に有利! 宅地建物取引士とは、宅地建物取引主任者を改称した名称で、毎年の受験者数20...

宅地建物取引士の資格を持っていると、年齢や性別問わず、就職・転職、昇給に大変有利です。

そのため、昨今受験者数が年々急増するほど。
宅地建物取引士に与えられる業務は

・重要事項の説明
・重要事項説明書への記名と押印
・宅建業法第37条に定める書面(契約書等)への記名押印

で、上記3つは法律上宅地建物取引士のみに認められる独占業務なのです。
そのため、現在社員5人につき1人、20人につき4人の宅地建物取引士を設置しなければならないと決まっています。

不動産業界において、不可欠な人材として年々需要が高まる宅地建物取引士の活躍の場所は、不動産業界のみならず
・建築業
・金融業
・駐車場経営
・不動産“管理”業
と実にさまざま。

さらに合わせて取得することで、最強となる資格が、以下の3つ。

・マンション管理士・管理業務主任
・FPファイナンシャルプランナー・簿記検定
・不動産鑑定士

宅地建物取引士とのあわせ取得で、若くして高収入も期待できるでしょう。
ただし、あくまでも土台は、宅地建物取引士なので、まずは、宅地建物取引士を取得し、次なるステップとして目指すのがベスト。

宅地建物取引士の働き方

成功する宅地建物取引士の働き方

成功する宅地建物取引士の働き方

宅地建物取引士の受験者数は、年々増えています。

その理由は、宅地建物取引士を必要とする企業が急増し、高収入を得やすいからです。
また独立開業もしやすいため、若い人から社会人、主婦層にまで人気が広がっています。

では、宅地建物取引士として成功するために必要な事。
それには、

・宅地建物取引士だけに与えられる業務の意味を理解する事
・そしてその役割をどのように活かすか考え
・実現する

宅地建物取引士だけができる業務が以下の3つ。

・重要事項の説明(契約前)
・重要事項説明書(35条書面)への記名、押印
・契約書(37条書面)への記名、押印

上記は、会社の社長でも、エリート先輩でも資格がなければ実務できず、宅地建物取引士のみに与えられる「独占業務」です。

宅地建物取引士の資格は、不動産業界だけでなく、金融業会や飲食業、その他多くの企業でも重要視され、社員に勧めるナンバーワン資格としても注目されています。

さらに宅地建物取引士は独立開業も比較的しやすい資格で、年収数千万以上も夢ではありません。

宅地建物取引士(不動産業)として独立開業した場合どうなる?

宅地建物取引士(不動産業)の独立開業に関することで、資格取得に向け日々勉強されている方にとっては、「まだまだ先のこと」と思うかもしれません。

しかし、他業種に比べ、独立開業がしやすい宅地建物取引士(不動産業)は、若くして高収入を得られるチャンスが広がっています。
また独立開業という大きな目標を立てることで、日々の勉強へのモチベーションも高まるのではないでしょうか。

宅地建物取引士(不動産業)の独立開業には、宅地建物取引士業免許が必要です。

免許申請には、業をこなす「場所」が必要で選択肢は3つ。

・自宅兼事務所
・他法人と一緒にする(会社専門のテナントビルなど)
・会社を設立する

上記3つの「場所」設置には、厳しい条件があるので要チェック。
場所が決まったら免許を申請しましょう。

免許申請は次の流れで進めます。

手順1、免許申請(各種書類の作成)
手順2、免許通知(申請書類審査後通知)
手順3、保証協会への加入

宅地建物取引士(不動産業)の独立開業に必要な資金の目安が

・自宅兼事務所の場合 500万~800万程度
・会社設立の場合 1000万程度

宅地建物取引士(不動産業)独立開業のメリットは

・自由度の高い働き方ができる
・幅広いステージで働ける
・成果次第で高収入が期待できる

以上の情報を参考に、資格取得後の独立開業を是非実現させてください。

宅地建物取引士への転職、会社員、主婦(女性)が宅地建物取引士になることは出来る?
宅地建物取引士への転職!副業と独立開業で活躍するには?宅地建物取引士への転職、会社員、主婦(女性)が宅地建物取引士になることは出来る? 宅地建物取引士は、大変人気の資格ですが、現在会社員と...

宅地建物取引士は副業でも始められる?

宅地建物取引士は、若い人から社会人、主婦層にまで人気の広がる注目の資格です。

ただ、宅地建物取引士は、常勤として働く必要があるので、副業はかなり難しいかもしれません。
その場合、副業としてのアルバイトやパートであれば活用できるかもしれません。

実際に現在宅地建物取引士の副業募集も多く

・時給3000円スタート
・業務内容は
「宅地建物取引士としての現場立会いと売買契約」
「重要事項説明と売買契約内容説明」

・追加業務として
「重要事項説明書作成」
「契約書作成」
「役所調査」

等があります。
正社員としての宅地建物取引士の仕事に縛られず、楽しくゆとりを持って働きたい方に最適です。

また副業的アルバイトやパートは、転職や主婦の子育てとの両立にもおススメといえるでしょう。
宅地建物取引士として違った形で働きたい方は、是非副業的アルバイトやパートも視野に入れてみるといいでしょう。

宅地建物取引士への転職、会社員、主婦(女性)が宅地建物取引士になるには

ここでは、宅地建物取引士の資格が転職などにどのように有利に働くか、そして、会社員や主婦(女性)が宅地建物取引士の資格を取得した場合のメリットなどを紹介します。

主婦(女性)が宅地建物取引士の資格を取得した場合

・男性が活躍するイメージの強い不動産業界でも活躍できる
・出産、子育て、家事がひと段落した後の就活に有利に働く
・不動産業界以外の職種でも活かせる
・宅地建物取引士の資格取得で得た知識が自身を守る武器となる

等、転職や就活にたくさんのメリットがあることがわかります。
さらに、宅地建物取引士の資格取得までの学習は、1日3時間程度、半年から1年では取得可能なので、子育て中の多忙な主婦(女性)でも比較的合格を目指しやすいのが魅力。

会社員、特に働き盛りの40代男性が宅地建物取引士を取得した場合

・将来に不安を抱える40代以降の転職、就活に有利
・不動産業界では、50代、60代の採用を積極的に実施
・現、職場での昇給、昇格の可能性もあり
・40代以降の独立開業も夢ではない

など、40代以降、今まではとは違い職種にチャレンジしたり、現職場での地位を高めたいなどに有利に働きます
また、宅地建物取引士の資格取得は、通信スクールを利用することで、仕事と学習の両立がしやすく、半年から1年では取得可能です。

以上のことから、宅地建物取引士の資格は、何歳からでも、また男女問わず、様々なシーンで活用できます。
もちろん、若いうちに取得しておくと、将来、万が一の場合に安心です。

宅地建物取引士(宅建)資格の取得方法

宅建資格は通信講座でも取れる?

宅建資格は通信講座でも取れる?

宅地建物取引士(宅建)資格を通信講座で目指す方法と通信講座の特徴や魅力を紹介します。

通信講座は独学より合格率が高く、通学スタイルより授業料が安い、など多くの魅力があります。

・合格できるカリキュラム
・通信講座ならではのオリジナル教材
・充実のサポート制度
・選べる多彩なコース
・安心の低価格
・学習しやすい環境

以上、6つの魅力、特徴を持つ通信講座は、現在たくさんあります。
自分にあった通信講座を見つけ、快適かつ、確実に合格するための学習を進めるためにも、早めに無料の資料請求を利用し情報を集めてください。

宅建建物取引士(宅建)資格の勉強にかかる費用や期間の目安

宅地建物取引士(宅建)資格の勉強にかかる費用や勉強期間の目安などを紹介します。

勉強スタイルによりかかる費用が大きく異なるので、まずはどのスタイルで学習を進めるか決めてください。

勉強スタイルは3つ。

独学

もっとも勉強費用がかからない分、デメリットが多いのが難点

通学

もっとも勉強費用が必要で、経済的負担が大きい。
ただし、同じ目標を持つ仲間と一緒に勉強できる環境。

通信

勉強費用が比較的安価で、経済的負担が軽減。
また合格率の高いカリキュラムを自分の好きな時間、好きな場所でこなせる。

そして、宅地建物取引士(宅建)資格合格に必要とされる勉強期間の目安が

100時間から500時間

個人の能力により必要な勉強期間は違うので

・1日どのくらい学習時間が確保できるか
・トータル勉強期間を半年にするのか、1年にするのか

を早めに決めるといいでしょう。

独学で宅建建物取引士(宅建)資格を取るのは難しい?

宅地建物取引士(宅建)資格を独学で目指すメリットやデメリット。

宅地建物取引士(宅建)資格に限らず、独学でなんらかの資格を取得するのは簡単ではありません。

なぜなら、独学はメリットよりもデメリットの方が多いからです。

宅地建物取引士の資格試験の難易度は?
宅地建物取引士の資格難易度?通信講座と独学について宅地建物取引士の資格試験の難易度は? 「宅地建物取引士の資格試験の内容は?」 「合格するために必要な勉強時間って?独学でもいいの?」...

独学のメリット

・好きな時間、好きな場所で、学習できる
・自分のペースで学習できる
・苦手な分野だけを勉強できる
・勉強費用が安い!
・仕事と勉強の両立がしやすい

独学のデメリット

・膨大なテキストから自分にあったものを見つけるのが難しい
・分らないことがあると解決まで時間がかかる、もしくは解決できない
・どのように学習したらいいかわからない
・どの教材から取り組めばいいかわからない
・最新情報が入りにくい
・学習意欲が低下しやすい
・モチベーション維持が難しい
・挫折しやすい

独学で宅建建物取引士(宅建)の資格合格を目指すには、これだけたくさんのデメリットを自らの力で一つ一つクリアしなければならないのです。

一方、通信講座は、魅力やメリットが一杯で、現在多くの方が利用しています。

ある情報によれば、宅建建物取引士(宅建)資格合格者の半数がなんらかの通信講座を利用しているようです。

計画的、確実に宅建建物取引士(宅建)資格に合格したいのであれば、あなたはどれを選択しますか?

この機会にじっくりご検討ください。

宅地建物取引士(宅建)資格を取得するメリット

宅地建物取引士(宅建)資格を取得するメリット
宅地建物取引士(宅建)資格を取得するメリット。

・給料アップ
・豊富な知識が活かせる
・転職に有利に働く
・独立開業しやすい

万が一、資格取得に失敗しても、資格取得までに得た知識は、確実にあなたの力になります。

たくさんの魅力が詰まった宅地建物取引士(宅建)について、今一度理解し、是非資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

宅地建物取引士(宅建)資格の勉強にかかる費用や期間の目安は?
宅建資格の勉強費用と期間!宅建資格のメリット宅地建物取引士(宅建)資格の勉強にかかる費用や期間の目安は? 宅地建物取引士(宅建)資格に必要な学習期間やそれにかかる費用を意外と...

宅地建物取引士(宅建)資格を取った方が良い人は?どんな職業に役立つ?

 
宅地建物取引士(宅建)資格を取得したほうが良い人、おススメの人は

・不動産が好きな人
・人と人を繋ぐのが好き、コミュニケーションが好きな人
・どんな状況でも冷静に対応できる人

この資格は、不動産業界に欠かせないため、不動産好きに最適なのはもちろん。
ただし、人が関わる仕事なので、クレームも多く、どのような状況でも冷静に対応できる人に向いています。

そして、向いてる職業は

・不動産業
・金融業
・独立・起業

やはりこの資格を最大限に活かせる職業は不動産業界です。
ただし、昨今、様々な企業で不動産を扱うことが多く、例えば、常にテナントや店舗物件を探す飲食業や小売業でも宅地建物取引士を求めています。

その他、融資の際に担保物件を扱う金融業、そして、独立開業でもこの資格は大いに活かせるでしょう。

今、どの資格を取得したら良いか迷っている、就職や転職を有利にしたい、将来独立開業も視野に入れている、という方は、この機会に宅地建物取引士(宅建)資格取得を考えてみては?

宅地建物取引士の世界に興味があるあなたへ!

ここまで、宅地建物取引士の世界や仕事についていろいろと説明してきましたが、多くを言いすぎたために
「じゃあ、これからどうすれば良いの?」
「結局なにから始めるべき?」
「自分には向いていないかも・・・」
などと思ったかもしれません。

でも、大丈夫です。ここまで読んで頂いたあなたならこれからも問題なく進めます。

とりあえず、今やって頂くことは「講座を受講してもらう事です!」

なんて言いません。そんな必要はまだありません。

本当に【今やるべきは無料の資料を貰う】ただそれだけです。

無料の資料を貰って、自分に向いているかを確認してください。資料も1つではなく、3つぐらいを比べてみると更に自分がこの世界とどう関わりたいのかが見えてきます。

「資料を貰うのは今度でいいや」なんて考えないでください。

よく「〇〇は明日しよ~」と思っていたことが、明日になっても一週間経っても、一ヶ月経ってもやらないことありませんか?

そうならないように、今すぐ行動してください。今1分行動するだけで、それが明日につながります!

今すぐ【無料の資料を貰う】は↓から確認してください。

▼Brush UP学びの宅建講座▼
Brush UP学びの宅建講座の比較

『BrushUP学び(ブラッシュアップ学び)』では、日本全国にある「宅建を学べる」スクールや通信講座の資料請求が一括で行えるサイトです。

ガッツリと知識を学びたい場合には、あなたの通える地域のスクールをチェック。
仕事や子育てしながらで、通学が難しい場合には「通信講座」をチェックし、無料のパンフレットを取り寄せることが出来ます。

もちろん資料請求は無料ですので、興味があるスクールや講座を遠慮なく選べます。

「宅建の仕事に興味がある!」「宅建に関する資格を取りたい!」という方なら一度目を通しておいても損はありません。