宅地建物取引士

宅地建物取引士の職場!仕事のやりがいと成功する為には?

宅地建物取引士はどんな職場で活躍する仕事?

宅地建物取引士の資格取得で年齢問わず就職・転職に有利!

宅地建物取引士とは、宅地建物取引主任者を改称した名称で、毎年の受験者数20万人を超えるなど国家資格の中でもとても人気の資格です。
宅地建物取引士の資格を取得することで、将来、就職や転職にとても有利にります。

なぜならこの資格がなしで不動産業を行なう事はできず、かつ宅地建物取引士のみに与えられている業務もあるからです。
そのため、年齢、性別問わず様々な不動産取引の場で活躍したい方は、是非この資格に注目するといいでしょう。

また、求人サイトなどで「宅地建物取引士」と検索するとお分かり頂ける通り、他の求人に比べて求人数が多く、常時数千件以上の募集が出されています。
社会的需要が極めて高く、今後もますます注目され、将来有望な資格であることは間違いありません。

宅地建物取引士にしか認められていない独占業務

しかし、なぜ、宅地建物取引士の社会的需要が高く、将来的に注目されているのか?
その理由は、法律で義務付けられている宅地建物取引士だけに認められている3つの業務があるからです。

それは、

・重要事項の説明
(建物の大きさや高さの規制、電気、ガス、上下水道などの整備状況などの説明)
・重要事項説明書への記名と押印
(法律で決められた契約書の説明など)
・宅建業法第37条に定める書面(契約書等)への記名押印
(契約書の内容に間違いがないかをチェックする)

上記3項目でこれらの業務は、不動産に勤める方なら誰でもできる、というわけではありません。
宅地建物取引士のみに与えられる業務であり、それ以外の方が行なう事は法律違反になるのです。

5人に1人以上の宅地建物取引士の設置の義務付け

上記3つの独占業務が認められる宅地建物取引士は、不動産業界に不可欠な人材であり、それを生業とする事業所や会社、企業については、必ず宅地建物取引士が必要となります。

例えば、5人の社員がいる事務所や店舗であれば宅地建物取引士1人、社員20人では、4人以上の宅地建物取引士が必要。

また、宅地建物取引士の設置人数をさらに増やすべき、という意見も多いため、将来さらに宅地建物取引士の重要性が高まると予想されます。

持っていて損なし!宅地建物取引士は幅広い職場で活躍できる

では、将来需要がますます高まる宅地建物取引士ですが、活躍の場所は建物や土地を取り扱う不動産業界だけではありません。
では、具体的にどのような職場で活躍できるか、いくつか紹介しましょう。

その1、建築業界

建築業界では、依頼される物件を作るだけでなく、自社建築の物件を販売するところもあります。
販売の際は、宅地建物取引士が必要となる為、建築業界でも活躍出来ます。

特に、事業拡大を推し進める大手建築業の場合、積極的に宅地建物取引士の資格取得を推奨するところも多いことから、《給与アップや昇給などにも繋がります。》

その2、金融業界

金融業界では、ローンや融資の際に不動産を担保として取り扱うため、宅地建物取引士は不可欠な存在です。
さらに、多くの《金融機関では、不動産関係の関連会社も数多く所有していることから、不動産関連の知識・資格はとても重要》なのです。

また最近よく目にする金融商品の一つに、不動産担保ローンというものがあります。
これは、賃金業法の改正により誕生した不動産の仲介を利用した融資商品で、その際宅地建物取引士の存在は、不可欠なのです。

金融業に必要な資格と合わせて宅地建物取引士を持っていることで、昇給、昇格、転職などに大変有利になります。

その3、駐車場経営

最近注目される駐車場経営でも、宅地建物取引士の資格があると大変有利です。
ただし、コインパーキングなど駐車場そのものに対しては、宅建業法が適応されないため、直接の関係はありません。

しかしながら、駐車場を所有するほとんどの方が、マンションやテナントなどの不動産を所有しているため、おのずと不動産などの知識が要求されます。
ワンランク上の顧客獲得の際に宅地建物取引士の資格が多いに役立つことでしょう。

その4、不動産管理業界

マンションの販売から管理まで一貫してのサービスを提供する場合、宅地建物取引士の資格は不可欠です。
最近では、このような形態のマンション販売業者が多くなっています。

ジャンル、形態とわず、様々な不動産業界で活躍したいならば最も土台となる宅地建物取引士の資格を取得しておくのがベストといえます。

宅地建物取引士と相性抜群!?スキルアップに不可欠な資格は?

宅地建物取引士の資格を持っているだけで、幅広い業種、職場での活躍が期待できます。
そして、《宅地建物取引士の資格と合わせて取得すると、将来さらに有望》となる資格があります。

その資格をいくつか紹介します。

1、マンション管理士・管理業務主任者

近年、マンションの販売だけでなく、管理まで一貫したサービスを提供する不動産が多くなっています。
その際、宅地建物取引士に合わせて、マンション管理士や管理業務主任者の資格を持つとさらにおススメです。

ただし、先に土台となる宅地建物取引士の資格を取得しておきましょう。
その後、管理業務主任者の資格、そして最後にマンション管理士の資格取得を目指すのが一般的です。

2、FPファイナンシャルプランナー・簿記検定

宅地建物取引士として活躍するには、まずは不動産を買ってもらわなければなりません。
その時、不動産を購入する顧客に費用対効果や利回りの説明を上手くできなければ、売買は成立ぜす、宅地建物取引士の資格が活かせません。

そこでおススメとなるのが、お金の運用基本となるフィナンシャルプランナーです。
そして、合わせて簿記検定も取得しておくと、さらなる昇格、給与アップに繋がります。

不動産業界は、結果を残せてこそ、収入アップが見込めるので、他社員との差をつけるには、宅地建物取引士だけでなく、別スキルも手に入れておくといいでしょう。

3、不動産鑑定士

宅地建物取引士と同じく国家資格ですが、難易とは段違いに高くなる不動産鑑定士は、物件調査と価格調査を専門に行なえる資格です。
地価公示等の国の仕事を請けったり、投資会社での活躍も期待できます。

今回は、宅地建物取引士に合わせて取得することで、さらに最強になる資格を4つ紹介しましたが、そのほかにもたくさん宅地建物取引士と相性の良い資格があります。

ただし、あくまでも宅地建物取引士が土台となるのでまずは、宅地建物取引士の資格を取得し、次なるステップアップとして目指すようにしましょう。

宅地建物取引士のやりがいと、どんな心構えが必要?

宅地建物取引士のやりがいと、どんな心構えが必要?
不動産業界やその他の業種でも重要なポストとなり、とてもやりがいの多い「宅地建物取引士」ですが、専門性の高いスキルであるため、それなりに苦労はあります。

そこで今回は、「宅地建物取引士」におけるやりがい、その他たいへんな面やそれを乗り越えるために必要なスキルなどをまとめます。

「宅地建物取引士」って、どんなやりがいがある?

専門性が高く、不動産売買時の契約におけて、重要な業務を担う「宅地建物取引士」には次のようなやりがいがあります。

1、「場所」を提供できる

不動産といっても、個々で不動産に対する考えや役割りは異なります。
ただ、多くの場合不動産は、マイホームであり、家族にとっての安心の「場所」となります。

また建物は朽ち果て姿形は変わりますが、土地は、代々受継がれ、その家において価値ある場所になる事は明らか。
いざという時売却することで、その家を助けたり、また新しい場所にだったりできるのです。

「宅地建物取引士」は、代々受継がれ、家族の大事な宝となる「場所」を提供できるお仕事です。
しかし、不動産は決して安くはありません。

高額な費用はもちろん、難しい法律なども複雑に絡みあうため、トラブルもあります。
そんな不動産に対し、詳細に情報を提供し、家族が納得満足できる場所を提供してあげられるのは「宅地建物取引士」だけなのです。

2、様々な物件や土地にたずさわれる

不動産好きに「宅地建物取引士」は、たまらない資格です。
なぜなら、全国各地にある実に様々な不動産を詳細にいたるまで、見て回るのが仕事なのですから。

通常では見て回れない不動産であっても、「宅地建物取引士」なら、中を見ることも可能です。
どんな物件があって、どの位の価格なのか、住んだらどんなにイイだろうか、将来この物件は価値が相当上るかもしれないと考えながら仕事ができるなんて、素晴らしい資格だと実感している方も多いようです。

3、お客さんから感謝された時

不動産売買には、難しい権利関係などが複雑に起こります。
また手続きをするにあたり、たくさんの書類も必要です。

素人では、到底難しく対応できません。
「宅地建物取引士」は、これらの知識に優れるプロなので、トラブルなく、スムーズに売買などを進めてくれます。

そのため、お客さんから「ありがとう」と感謝されます。
仕事といえ、客から感謝の言葉を聞いたときには、この資格を持っていて本当によかったと思うでしょう。

4、チャンスが広がる

「宅地建物取引士」は、何も不動産関係の業界だけが就職先ではありません。
小売業や飲食業、その他金融関係の職種においても、「宅地建物取引士」の需要は高く、積極的に採用しているところも増えています。

そのため、様々な仕事に挑戦でき、昇給や昇格のチャンスも広がっています。

5、ドキドキ感や達成感

「宅地建物取引士」が扱う物件は、1件あたり数千万から数億。
それを自分が動かせると考えるとものすごい刺激とドキドキ、そして契約がまとまった際の達成感は、言葉では説明できないほどです。

「宅地建物取引士」で最も大変な事って?苦労はある?

「宅地建物取引士」は、たくさんのやりがいが溢れるお仕事ですが、以下のような苦労や大変な事もあります。

1、不動産管理における雑務がたくさん

不動産業界がメインとなる「宅地建物取引士」は、何も毎日が契約業務ばかりではありません。
むしろ不動産管理に関わる雑務が多い事も。

特に、賃貸物件を多く抱えている会社の場合は、退去後の掃除、補修などを自社で行なうこともあります。
その他、小企業の場合、入所者からの修繕対応に追われることも。

2、難しいクレームがたくさん

 

そもそもが権利関係や法律、税無関係など難しいことがたくさんの不動産業界ですから、クレームも大変です。
その上、莫大なお金が動くため、届くクレームは簡単に処理できないのが一般的です。

クレームをしっかり処理しなければ、後に社存続の危機に直面する大きなトラブルに発展することもあるので、毎日の難しいクレームにも対応できる術を見につけておく事も必要です。
「僕は、宅地建物取引士だから」といってクレームから逃れる事はできません。

ただ、1日中クレーム処理ばかり、という事も。

その他身につけたいスキルやあると嬉しい資格は?

「宅地建物取引士」が活躍する不動産業界は、1物件に対し大きなお金が動きます。
一生を左右することもあるので、失敗は許されないのが現状です。

そこで、苦労やトラブルをできるだけスムーズにクリアしたり、回避する方法として、以下にあると嬉しいスキルや「宅地建物取引士」と相性の良い資格をいくつか紹介します。

1、日々勉強する

まずは、スキルというか、今の状況に満足せず、日々向上する努力をしましょう。
新しい知識を取得し、そして過去に習得した知識をもう一度確認したり、と日々勉強することで、今以上の能力を身につけることが出来ます。

豊富な知識と高い能力があれば、ほとんどのトラブルは回避できるかもしれません。

2、コミュニケーション力を養う

「宅地建物取引士」が相手にするのは、物言わぬ土地や建物だけではありません。
その土地を動かすのは、売主や買主など「人間」です。

また一人を相手にするのではなく、意見や考えが異なる複数の人間を同時に対応しなければならないため、たいへんです。
双方を納得させ、《心地よい取り引きを完了させるためには、コミュニケーション力は不可欠》です。

複雑かつ難しい内容を相手にわかりやすく安心して納得してもらうためのコミュニケーション力を身につけましょう。

3、関連資格を取得する

「宅地建物取引士」には、相性の良い資格があります。
ダブル取得することで、様々なトラブルを乗り越え、今以上に仕事がやりやすくなるので、余裕のある方は、是非資格取得をチャレンジしてください。

1、ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する専門性に優れた資格を有する方のことです。
高額な商品となる不動産には、住宅ローンなどが必要です。

そのあたりを上手にアドバイスできれば、購入が難しい物件でもスムーズに取り引きが進められるでしょう。

2、行政書士

不動産取引には、多くの許可申請が必要です。
行政書士は、許可申請ができる国家資格で、宅地建物取引士とダブル取得しておけば、不動産売買がかなりスムーズに進められます。

また宅地建物取引士と試験内容がかなり似ているため、宅地建物取引士の資格取得後であれば、比較的狙いやすい資格といえます。

3、マンション管理士

宅地建物取引士の次に不動産業界で人気の資格です。
マンション管理に関わるプロフェッショナルで、試験内容が宅地建物取引士と似ているので、取得しやすいのがメリット。

どんな働き方をすると宅地建物取引士として成功する?

成功する宅地建物取引士の働き方
宅地建物取引士として、成功するには、宅地建物取引士だけに与えられる業務の意味を良く理解し、それをどのように活かすかを考え、そして実現するのみです。
そう難しくはありません。

また宅地建物取引士は、独立開業や副業も出来る資格で、小規模の個人経営であっても年収2000万以上も夢ではないのです。
実際にこれくらいの年収を得ている宅地建物取引士さんは、とても多く存在します。

では、成功するために最低限必要な

・宅地建物取引士の役割
・宅地建物取引士のみに与えられる業務内容
・職種別の働き方

等を具体的に説明します。
難しく考える必要はありません。

今一度、宅地建物取引士とは何かを良く理解し、その業務を正し行なう、ただそれだけ高収入が得られます。
現在、宅地建物取引士の資格取得に迷っている方、宅地建物取引士の資格取得にむけ勉強中の方も、是非参考にしてください。

再度確認しよう!宅地建物取引士の役割って?業務内容は?

宅地建物取引主任者
平成26年10月10日の法改正まで、この名称で呼ばれていました。

その後、名称が変更され若い人から社会人、そして主婦層にも人気を集める「宅地建物取引士」は、

不動産購入を検討するお客様が失敗や後悔しない為、正しく判断するために必要な情報を与える

それが宅地建物取引士の役割です。
不動産とは、靴や服、カバンなどと違い高額案件であることから、判断ミスにより生じるお客様の精神的負担そして、経済的負担は想像以上です。

最悪の事態を回避するためにも、不動産のキスパートの宅地建物取引士の存在はきわめて重要で、不動産購入を考えるお客様にとっても必要不可欠な存在なのです。

宅地建物取引士だけに与えられる業務内容

宅地建物取引士の資格取得に向け、日々勉強されている方にとっては、すでに承知の事と思いますが、改めて宅地建物取引士だけに与えられる業務内容を確認しましょう。
以下は、宅地建物取引士だけが行なえる独占業務なので、一つ一つの意味を十分に理解するようにしましょう。

・重要事項の説明(契約前)
・重要事項説明書(35条書面)への記名、押印
・契約書(37条書面)への記名、押印

1、重要事項の説明

宅地建物取引士は不動産売買契約前には、必ず、取り扱う物件に関する最低限の情報を買主・売主(借主・貸主)につたえる義務があります。
1物件あたり数千万から数億になる不動産売買において、一つの些細なミスが大きな損害や取り返しのつかないトラブルへと発展します。

これらの問題を防ぐため、宅地建物取引士は契約前に重要事項の説明を行ないます。
例えば、

・家を建てるための土地購入なのに、実際には建物が建てられない土地を販売された
・家族7人が住める家を建てるつもりだったのに、購入した土地に計画通りの家が建てられないサイズだった

土地や建物売買に関するこのような情報は、契約前に宅地建物取引士によって本来説明されるべき情報です。
しかしそれを怠ってしまうと、買主・売主(借主・貸主)に生じる損失は大きくなり、人生を大きく狂わせるほどのトラブルへと繋がるのです。

宅地建物取引士は、取引に関わる全ての方に損失が及ばないよう正しい情報を事前に伝える義務があります。

2、重要事項説明書(35条書面)への記名、押印

不動産取引の内容を買主・売主(借主・貸主)が確認できるよう書面化したもので、35条書面は契約前に行ないます。
こちらの書面には双方納得の上、売買契約などが締結した、という事が明らかにされています。

宅地建物取引士は、内容に誤りがないかを確認し、記名、押印します。
買主・売主(借主・貸主)それぞれに交付します。

3、契約書(37条書面)への記名、押印

先に紹介した35条書面と内容はほぼ同じで、37条書面は契約後に行ないます。
双方への説明義務はありませんが、交付は必要で、その義務を怠った場合、監督処分として業務停止処分が下ります。

罰金として宅地建物取引士に対し、50万円以下の罰金に処せられることもあるので、大変重要な業務となることを覚えておきましょう。
ちなみに、35条書面、37条書面には

・契約両当事者の住所・氏名
・目的不動産の表示
・代金、交換差金、借賃
・物件の引渡し時期
・移転登記の時期(賃借は不要)

などの記載が必要です。
以上が、宅地建物取引士の資格を持っている方のみに与えられる独占業務で、たとえ不動産会社でトップ成績のエリート先輩でも、会社の社長でも、宅地建物取引士資格がなければ、できません。

この資格を持っているか、持っていないかで、会社でのあなたの立場は大きく違います。
どんな風に働くか、この資格をどのように活かすか、それを今一度よく考えてください。

それが宅地建物取引士として成功する秘訣に繋がります。

社員に取得を進めるナンバーワン資格?持っているだけで成功する!

宅地建物取引士の資格を持っているだけで、同僚や同期との差を広げ、「成功」というステップでいち早く手に届く可能性を十分に秘めています。
なぜなら、先にも紹介したように宅地建物取引士だけに与えられる業務があるからです。

しかも現在、多くの企業で宅地建物取引士を必要とし、活躍の場は、不動産業界以外にも広がりつつあります。
事実、宅地建物取引士の資格取得を目指す受験者数の9割は、不動産業界とは直接全く関係のない人ばかりです。

さらに、社員に宅地建物取引士の資格取得を積極的に推奨したり、資格取得のためのサポートを手厚くするなどの企業も増えています。
しかし、どうして各企業で、これほどまでに宅地建物取引士の資格者を必要としているのか?

それは、企業において、土地や建物といった不動産は活動の基盤となる重要な要素だからです。
そしてその売買や契約等を勧めるには、宅地建物取引士の存在は不可欠であり、その存在なくして企業の成長はありえないのです。

また、大手であればあるほど、宅地建物取引士の需要が高まるため、誰よりも早い成功が期待できるでしょう。

独立開業で、さらに宅地建物取引士として成功できる!?

宅地建物取引士として、さらに大きく成功したい!というなら、独立開業もおススメです。
他の職種と違い、《宅地建物取引士の独立開業には、多くの設備投資は必要ありません。》

中には、ものすごく小さいスペースで、たった1人で開業されている方も多く、独立開業が比較的しやすいという特徴があります。
さらに、宅地建物取引士と相性の良いファイナンシャルプランナーや司法書士、等の資格も取得しておけば、他の宅地建物取引士と差をつけ、さらにある高収入を目指すことも出来ます。

それにより得られる年収は、数千万以上!!
同年代サラリーマンとの差はもちろん、宅地建物取引士の中でも成功者となるでしょう。

宅地建物取引士になる!宅建資格の取り方「宅建建物取引士の仕事や資格はどんなもの?」 「宅建建物取引士になるにはどうすれば良いの?」 「宅建建物取引士の知識がないけど最短で...
宅地建物取引士の仕事と資格に興味がある方
  • 宅地建物取引士の資格を取りたい!
  • 詳しく宅地建物取引士の資格についてもっと知りたい!
  • とりあえず宅地建物取引士の勉強のとっかかりが欲しい!
  • 宅地建物取引士の講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!