エステティシャン

エステティシャンの仕事に就きたい!エステを仕事にする前に知っておきたい事は?

エステティシャンの仕事で得られる4つのやりがい

エステティシャンの仕事で得られる4つのやりがい

どんな仕事でもかならずそれを必要としている人がいてその人の役にたっているはず。

少しでもその人の役に立てていると分かれば、その分責任感もつき仕事へのやりがいも十分感じられるのではないでしょう。

エステティシャンの仕事も見た目の華やかさとは、異なりとても苦労の多い職業と言われています。

それでも年々、多くの人がエステティシャンになりたいと思うのには、そこにやりがいを感じられるからなのかもしれません。

美のプロフェッショナルと呼ばれるエステティシャンのやりがいについてかんがえてみましょう。

やりがい1・お客様の喜びをダイレクトに感じられる

エステティシャンとはほぼ全身のケアを行い、フェイシャルや脱毛、ボディケア、そして美容や健康に関する悩み相談を聞き入れることもあります。

エステを利用する方のほとんどが、自分の身体に自信が持てず人知れず悩みを抱えていることが一般的です。

辛い表情で来店しエステティシャンの助けを求めて飛び込んできたお客様が、施術終了後に自信に満ちた笑顔を見せてくれる瞬間は、エステティシャンにとって何よりのやりがいといえるでしょう。

やりがい2・誰かに頼りにされる

努力して得た知識や技術を誰かしらに頼りにされ、それが評価されたときにはこの仕事を続けてよかったと実感できるはずです。

手に職を持てるエステティシャンは誰にでもできることではありません。

確かに資格など特別なものは必要ありませんが、少なくとも数年は技術や知識を習得する努力は必要不可欠です。

努力して得た自分の力を誰かに頼りにされているという実感は、やりがいにつながりそれに最大限の努力で応えたい、満足させたい、客を喜ばせたいという意欲向上、スキルアップにも繋がるでしょう。

やりがい3・自分の腕一つで難題を解決したとき

エステを利用するお客様のほとんどは長年のコンプレックスを改善したいという切なる願いがあります。

ただ、それを改善することは簡単ではありません。

生活習慣や体質、その他色々なことを考え、どのようにアプローチしていけばいいのかを試行錯誤しつつ、施術を行った結果難題をクリアできたときの充実感もまたひとしおでしょう。

特に長年肥満体質だった方の痩身を担当したエステティシャンはお客様と二人三脚で施術を繰り返し行ったことで、理想的なボディラインを少しずつ現実のものとしていく感覚はエステティシャンとしてのやりがいにつながるようです。

やりがい4・いつまでも夢を追い求められる

エステティシャンは一般的な会社勤めとは異なり、年齢性別問わず、努力とスキル次第ではいくらでも上を目指すことができます。

貪欲に美を追求し、腕を磨くことを怠らなければいずれフリーや独立という夢を掴むこともできるのです。

いつかきっと自分もワンランクもツーランクも上のステージで活躍できるかもしれないという夢を抱き続けられる職業というのは、仕事へのモチベーションもアップに繋がるのではないでしょうか。

将来エステティシャンを目指しているという方にとって現役で活躍している方のこれらのやりがいは、きっとこの先の辛い下積みの時期にも励みの言葉となって後押ししてくれるでしょう。

エステティシャンの仕事のこんなところが楽しい!

エステティシャンの仕事のこんなところが楽しい!
エステティシャンに限らず、仕事とは楽しいことばかりではありません。

ただ、仕事とは長く続ければ続けるほど、その仕事の良さを実感し楽しみを噛み締められるものなのです。

エステティシャンの仕事も見た目以上にハードで、体力を必要とする仕事です。

それでも、多くの女性を魅了し年々エステティシャンになりたいと思う人が増えているのにはやはり仕事での楽しい面が、別の仕事と比較しても多いからではないでしょうか。

ここでは、実際に現場で活躍しているエステティシャンがどんなところに楽しいと感じているのかをまとめていますので、将来エステティシャンとして働きたいと思っている方は参考にするといいでしょう。

仕事での楽しい面は?「自分が綺麗になれる」

人を綺麗にするお仕事のエステティシャンですが、そのテクニックや知識は当然自分の美容や健康維持にも活用できます。

女性は日々美を追求しています。

エステティシャンとしての知識や技術がスペシャリストであればあるほど、年齢に関係なく綺麗であり続けることができます。

そのためエステティシャンである以上美しさを保つことは当然のこと。

仕事を続けるだけで、自分が綺麗になれるという特権は、仕事での楽しい面と言えるのではないでしょうか。

仕事での楽しい面は?「女性同士で美について語れる」

メンズエステティックサロンが増えているとはいえ、今だ女性中心の職場と言ってもいいでしょう。

働いているスタッフは全員女性というサロンも少なくありません。

また20代から40代、アルバイトやパートなどを含めると幅広い年齢層の方が働いているのが特徴的です。

女性にとって最も関心度の高い、美容についてあらゆる世代の方の意見が聞け、それについて会話を繰り広げられるのはエステティシャン業界ならではといっても過言ではありません。

仕事の合間のスタッフ同士のコミュニケーションやどんな情報誌よりもリアルな意見、体験談を旬な情報として入手できるその環境を楽しいと感じている方は多いようです。

仕事での楽しい面は?「お客との距離が近くなったとき」

初めてエステを利用するお客様は皆それぞれコンプレックスを抱えています。

コンプレックスはいくらプロとはいえ簡単に打ち明けることはできません。

しかし、エステティシャンのテクニック次第では少しずつ悩みを打ち明け、最終的には誰よりも信頼できるパートナーとして美容や健康以外のプライベートな悩みを打ち明けるまでに、お客さんとの関係が親しくなることも珍しくないといいます。

お客様との距離が近いと言うことは、それだけ信頼されているという証にもなり仕事の楽しさを実感できる瞬間かもしれません。

中には施術を担当したお客さんと仕事と言う環境を超え、プライベートで交流しているという方も多いなど人脈を広げられるのもエステティシャンの魅力です。

エステティシャンの仕事で大変な面は?見えない3つの苦労

エステティシャンの仕事で大変な面は?見えない3つの苦労
綺麗なお姉さんという印象を受けがちなエステティシャンですが、そのほかにどんなイメージを持っていますか?

いつも綺麗な身なりと清潔感ある雰囲気、優雅に施術を行っている、そんな華やかな印象を持つ方が多いエステティシャンは実は見た目の印象とは異なり非常に多くの苦労があります。

見えない苦労その1・美容や清潔感に気を使う

エステを利用するお客さんのほとんどが「美しくなりたい!」雑誌やモデルのような理想的な人に憧れているといったところでしょうか。

それなのに、施術を担当するエステティシャンの身なりが不潔でスタイルが悪く、美とは程遠い人だったらどんな印象を持つでしょうか。

大抵の場合、そのようなエステティシャンが在籍するエステには足を運ばず別を選ぶのではないでしょうか。

なぜなら、綺麗になりたいモデルようになりたいのに、施術をするエステティシャンが理想とは程遠い人なら、何一つ説得力が感じられないからです。

こんな人に任せて本当に大丈夫だろうかと言う不安を抱えてしまうため、エステティシャンは常に美容や見た目の印象にとても敏感なのです。

太っている人はエステティシャンになれないことでははありません。

ただ、客の理想を壊すような見た目をしていては一種の営業妨害にもなりかねません。

そのため、美容や健康にはとても神経質で経営者やスタッフからも無言の圧力をかけられていることは確かなのです。

見えない苦労その2・体力を要求される

エステティシャンの行うボディケアやフェイシャルは全身の力をこめて施術を行います。

1日に数人の客を対応するため立ったままの姿勢で、全身全霊の力で作業を進めることで、営業終了後には全身の疲労感は半端ありません。

さらには中腰での施術も日常茶飯時で、腰痛や肩こり股関節痛などの症状をうたっえる人も実はとても多いのです。

しかし、辛いことを顔に表しては客に失礼に当たるため常に笑顔で辛い作業を続けなければなりません。

サロンによっても異なりますが1日に最低8時間の労働は必要となりますので、体力に自信があってそれを前面に出さない忍耐力が求められます。

日頃から適度な運動や筋トレなどの健康管理は徹底する必要があります。

見えない苦労その3・人間関係

女性ばかりが働く職場でもっとも苦労するのは人間関係です。

男性が数人でも混じっていればその存在がクッションとなる事もあるのですが、女性ばかりの職場ではそれなりに人間関係は複雑かつ苦労します。

どの仕事でも人間関係の苦労はつきものですが、清潔感と笑顔、笑い声の裏にある女性同士のどろどろの関係でストレスを感じ、離職に追いやられる人も稀に存在します。

特に、店舗のまとめ役としての責任を任せられた場合は苦労は耐えないと言います。

以上のように綺麗なお姉さんが常に笑顔を絶やさず優しく接してくれるエステティシャンの仕事では、楽しいことばかりのような印象を受けてしまいがちですがどんな職業であっても必ず大変な面があります。

それをクリアするにはどのような行動や考えが必要で、事前に対策するにはどうしたらいいのかなども考えてみるといいでしょう。

エステティシャンって一体どのくらい稼げるの?平均月収と年収

エステティシャンって一体どのくらい稼げるの?平均月収と年収
エステティシャンって一体どのくらいのお給料をもらっているのか気になりますよね。

仕事のモチベーションを上げるのは綺麗ごとではなくやはり収入面も関係してきます。

ここではエステ業界の相場より、エステティシャンがどのくらいの収入を得ているのかまとめています。

エステティシャンの平均的な給料は?

各地域や就職先、勤務状況等によって給与は異なりますが、平均的な月収の相場は18万から23万前後と言われ30歳で、年収300万から400万程度が平均とされています。

サロンによっては歩合制を導入しているところが多く、お客さんからの指名が多ければ多いだけ評価として加算されますので、その分年収はグッと高くなります。

しかし、毎月安定したお給料を手にする前に見習い期間として雑務等を経験する必要があり、その場合は時給制が一般的です。

研修期間や見習い期間はアルバイトやパート扱いとなり時給600円から1200円程度で、非常に厳しい生活状況を強いられるのは予想されます。

そのためダブルワークをしている方も少なくありません。

見習い期間を経てやっと正社員となっても長時間労働になることは当たり前で、成績次第では給与面があまりよい待遇といえない状況に置かれている人も少なくありません。

それが原因で早期にやめてしまう人もいるなど、エステティシャンに限らずワンランク上のステージで活躍するためにはある程度の努力と忍耐は必要不可欠です。

サロンなど、大手企業等で正社員として勤務した場合40%の方が年収200万から300万前後、年収200万以下が15%前後、300万から400万が30%前後、となっています。

エステサロンを開業した場合の年収は?

エステティシャンはお客さんからの信頼が高くスキルが評価されれば、独立やフリーを目指すことも可能となりますので、雇われている時と比較しても格段に収入面のアップが期待できます。

独立には資金が必要で軌道に乗せるまでは大変厳しい状況になることは仕方ありませんが、手腕次第では年収500万から数千万円以上と成功を収めることも可能です。

資格やキャリアで年収アップが期待できる

年収アップを目指すための方法に独立やフリーがありますが、それ以外にもエステティシャンに関連する各種資格取得を行うのも一つの方法です。

特別な資格は必要とせず誰でもエステティシャンとして働くことはできますが、各種資格を保持していることでプラス評価されそれが基本給に加算される制度を設けている企業やサロンも増えています。

特に大手企業の場合、履歴書選考の段階で資格を持っていることで高い評価を受ける可能性もありますので、初任給が高く設定されることもあります。

その他、現場の経験年数によっても給与が格段に高くなりますので、年収アップを少しでも図りたい場合には資格取得、幅広いサロンや現場での経験を積むなどを検討するのもいいでしょう。

勤務先別にエステティシャンが要求される技術

勤務先別にエステティシャンが要求される技術
エステティシャンに必要とされる技術は就職先によっても異なります。

基本技術としてはフェイシャルやボディケアその他痩身に脱毛、カウンセリングなどがありますが、この作業以外にもお客様のニーズにあわせた技術力が要求されます。

ここでは就職先別にどのような技術が求められているのかをまとめていますので、自分が希望しているところでは何が必要なのかを今一度確認するようにしてください。

エステサロン就職に求められる技術

ここで求められる技術はエステティシャンの基本技術と変わりません。

人間の身体に直接触れて施術を行うため健康や美容、その他人間の身体についての基礎、専門的な知識は必要不可欠です。

またエステサロンを利用するお客のほとんどが、美容や健康面に何かしらの不安コンプレックスを抱えていますので、お客様としっかりと向き合い、話を聞き適切なアドバイスを提供できるような接客、コミュニケーション能力は最低限必要です。

ホテルエステティシャン就職で求められる技術

ホテルエステティシャンに要求される技術はサロンやエステ、スパなどと同じです。

しかし、ホテルに設置されているスパ等ではホスピタリティーが重要とされることが多いため、ホテルのブランドを汚さないような礼儀マナー、サービスなどが必要不可欠です。

単なる施術ではなく滞在期間や旅行の状況などに応じた気遣いができる施術技術が必要です。

大手化粧品メーカー就職で求められる技術

大手化粧品メーカーのエステティシャンとして勤務する場合は直営店、もしくはデパート勤務となります。

デパートの場合1回の施術で客に製品の良さを知ってもらう必要があるため、限られた時間内での最高のパフォーマンスが求められます。

施術スキルはもちろんですが、商品を販売するための営業センスそれを実現するため自社ブランドへの深い知識力が要求されます。

スパセラピストやリラクゼーションサロン就職で求められる技術

癒しの空間として近年注目されているのがスパやリラクゼーションサロンです。

男女問わず多くの客を相手にするのが特徴的で一般的なマッサージ施術だけでなく、トータル的な知識と技術を要求されます。

エステティシャンの中には指圧や整体師の資格を持っている人もいるなど美容や健康をあらゆる角度からアプローチする能力が要求されます。

また、マッサージにアロマ精油を利用することもありアロマに関する知識や資格を持つ方が優遇されます。

以上のように就職先によってエステティシャンのスキルとはまた異なる技術を要求されることもありますので、希望する就職先のエステティシャンの業務内容を良く理解した上で、取得しておいたほうが有利になる資格やスキル、知識を早めに習得するようにしましょう。

女性・主婦に人気!?手に職がつけられるエステティシャン

女性・主婦に人気!?手に職がつけられるエステティシャン
女性が手に職をつけるということは今や当たり前の時代になっています。

結婚や出産をきっかけに、これまで続けてきた仕事をやめる必要性に迫られた場合、女性なら誰しもこの先の将来が不安で仕方ないという辛い現実を経験するでしょう。

夫が一生懸命働いてある程度の収入を得ているとはいえ、夫がいつ何時病気やリストラに遭遇するか誰にも予想できません。

そんな一抹の不安から逃れ自身の力でも家計を支えられるようにするための策として、手に職を就けられる仕事が注目されているのです。

エステティシャン等、稼げる技術や資格、知識を持っているというのはどんな状況下に置かれても安心につながるのではないでしょうか。

手に職がつけられるおススメの職業

手に職がつけられる仕事は色々とありますが、近年年齢問わず多くの女性に注目されているのがエステティシャンです。

特別な資格が必要とされず、技術や知識を得られれば誰でもエステティシャンとして働くことができるのが一番の魅力です。

年々その需要は増え他の職種と比較しても求人の件数が多いのも特徴です。

また、努力次第では一般的な女性の収入と比較しても、高待遇を期待することも可能で美容に関心の高い女性にはおススメの職業です。

年齢問わずやる気さえあれば、何歳からでもスタートするのに遅いと言うこともなく、定年という時期を迎える心配もありません。

働き方も色々で正社員としてフルタイムで働くのとは別に、パートやアルバイト、派遣社員、または独立やフリーとしても活躍できます。

エステティシャンの将来性

従来と比較するとそのニーズは年々高まり女性問わず男性エステティシャンの活躍も目立つようになっています。

またエステティックサロンだけでなく今や空港やホテル、デパートなどあらゆる場所でサロンやスパが開設され、そこで働くエステティシャンの需要も多くなっているのです。

経験を重ねることで独立開業やフリーランスとして出張サービスなど幅広く活躍している方も多いのが、エステティシャンが多くの方に選ばれている理由です。

就職先はサロンだけでなく「ホテル」や「医療機関」「大手企業」に「化粧品メーカー」「自社サロン」「ブライダル関係」など色々な場所で働くことができます。

手に職をつけていることから経験とスキルさえ評価されれば、国内だけにとどまらず海外でもエステティシャンとして働くことは可能なのです。

エステティシャンの技術を身につけるには

独学、通学、通信など色々な方法でエステティシャンを目指すことはできます。

ただ将来性を考えると美容専門学校、もしくは日本エステティシャン協会認定のスクールに通うことがおススメです。

また、関連する資格、技術も幅広く習得しておくといいでしょう。

最低でも半年から1年の通学を経て下積み経験をさらに1年から2年、プロとして3~4年の経験を重ねるとフリーや独立も夢ではありません。

手に職をつけるまではそれなりに努力は必要です。

しかし誰がもできることではないため一生自分の腕一つで収入を得ることが可能となります。

エステ業で独立やフリーになるのは簡単?実現する際のメリットデメリット

エステ業で独立やフリーになるのは簡単?実現する際のメリットデメリット
エステティシャンとして3~4年の経験を重ねると将来的に独立やフリーを考える人が多くなります。

他の職種とは異なり手に職をつけることができるエステティシャンは、いずれ自身のサロンを経営することも夢ではないのす。

ただし、経験を重ねある程度の自信があるからといっても必ずフリーや独立で成功するとは限りません。

特に独立開業をするには経験を重ねることもスキルも当然重要ですが、経営に関するノウハウがなければ非常に厳しい状況に追い込まれるでしょう。

特別な資格も経験も無くすぐにエステティシャンとして働くことができるため、専門学校卒業後すぐに自身のサロンを開業する方も少なくありません。

しかし、それで本当に成功を収めることができるのか冷静に考えてみるといいでしょう。

エステサロン開業は誰にでも出来る

エステティシャンは医者や看護師、美容師などと違い国家資格というものがありません。

そのため、開業自体は誰でもすぐに行うことができるのが現状です。

例えば、飲食店などの場合各市町村へ開業申請の手続きを行い許可をもらう必要がありますが、自由業とされているエステ業は独立資金があれば、誰でも気軽に開業できます。

1年以内に半数が閉店という現実を知ろう

しかし、簡単に開業できるがゆえに開業後1年以内で半数のエステサロンが閉店に追いやられているという厳しい現状なのです。

エステティシャンとしての知識や技術を習得したからといって安易に開業やフリーを目指すのではなく、エステ業の今の現状等を良く理解することからスタートしましょう。

独立やフリーにおけるメリットだけでなくデメリットを深く理解しそのリスクをふまえた上で開業しなければ、この先エステティシャンとして活躍することは難しくなるでしょう。

エステサロン開業等、独立やフリーになるために必要なスキル

将来的に独立やフリーを目指すことは間違いではありません。

いつまでも雇われる側として働くよりも、いずれ自分の理想とするサロンを経営したいと考えるのは当然のことです。

ただ、どの程度のレベルに達したら十分に独立やフリーとして通用するのか現実を知る必要があります。

エステティシャンのプロとして働くためには、まず下積み経験を1年から2年は経験しなければなりません。

その後3年から4年ないし5年程度の現場での経験を積んだ上で独立やフリーを考えるようにしましょう。

ただ、経験を重ねたからといってすぐに独立しては成功に近づくことはできません。

例えば、フリーとして活躍するには自らを売り込む営業力が必要です。

その他、多くの方から紹介を受けられるような幅広い人脈も作っておく必要があるでしょう。

独立開業を目指す場合は経営に関するノウハウを習得する必要がありますし、どのくらいの開業資金が必要なのか資金調達の目処も立てなければいけません。

年齢問わず経営は可能?

独立やフリーを目指すには、それ以前に色々な準備が必要ですが、手に職を就けられるエステティシャンは年齢問わず何歳からでもプロとして活躍でき、かつ40歳、50歳からでも自身のサロン経営を実現することは不可能ではありません。

ただ、リスクを避けるためには独学で習得するのではなく、将来的に独立やフリーにむけたアドバイスが受けられる美容系のスクールを選ぶのも一つの方法かもしれません。

副業でも出来る?エステティシャンを副業にする際のポイント

副業でも出来る?エステティシャンを副業にする際のポイント
「もうすこしゆとりのある生活がしたい!」「もっとおしゃれに気を使いたい!」「本業だけでは物足りない!」そんな活発な女性が増えている昨今、副業が注目されています。

ただ、就職先の規定によって副業が禁止されていたり副業の種類によっては、本業に悪い影響を与えることもありますので十分な注意が必要となります。

その中でも注目されている副業の一つがエステティシャンです。

アルバイトの求人件数もとても多く、常に人件不足といわれているエステ業界では都合の良い時間帯を選んで仕事を続けやすいのが特徴的です。
しかも、美容業界という女性にとって関心の高い業界であることから人気急増中なのです。

では、副業もできるエステティシャンの仕事内容や副業で得られる収入、その他副業先を選ぶときの注意点などをかんがえてみましょう。

副業できるエステティシャンの仕事内容

エステティシャンを副業として活用する場合は店舗受付やアシスタント業務というのが一般的です。

ただし、サロンで働く以上アルバイトや副業であったとしても、最低限のエステ施術を学ぶ必要があるためプロのエステティシャンから指導を受けることもあるでしょう。

つまり、未経験の方でも副業をすることで収入を得ながらエステティシャンの技術を身につけ、いずれ本業としてプロを目指すこともできるメリットもあります。

勤務時間は本業に迷惑がかからないよう、土日、祝日、もしくは、夕方6時から10時までの勤務など時間にゆとりを持って相談できるでしょう。

エステティシャンの副業で得られる収入

副業とはいってもやはり仕事ですので、それなりに収入を得られなければモチベーションを持続させることは難しくなります。

本業だけでも疲労感は否めないのに、身体を休めるはずの貴重な時間を割いて安い収入でわざわざ副業をする意味はないはずです。

そのため副業をする際にもっとも気になるのが収入面です。

地域やサロン、勤務形態によっても異なりますが、平均的なアルバイト料は時給800円から1200円程度となるでしょう。

またアルバイトにも歩合制を導入しているサロンもありますので成果が上がればその分高収入は期待できます。

営業向けコミュニケーションが得意と言う方には最適。

その他にも今は通学や通信を利用する予算はないものの「いずれエステティシャンとして働きたい!」そのための下積みだと捉えて働く場合には収入面よりもはるかに副業として働く価値は高いのかも知れません。

副業を選ぶ時の注意点

今や気軽に副業を行える時代になってはいますが安易に考えず、働く先、働く時間などを良く考えるようにしましょう。

例えば、本業の終了時間と副業の開始時間の間にそれほどゆとりがない場合は、勤務しやすいルートにあるサロンや本業先から近い場所に選ぶ必要があります。

また毎日きっちりと定時に帰宅できれば問題ありませんが、突然の残業を言い渡された場合の対処法として副業先に事前にその旨の了解を得ることも社会人としてのマナーです。

副業先を上手に選び時間を上手く利用することで、収入面や技術面ともに将来への財産となることは間違いありません。

エステティシャンになる方法と資格
エステティシャンになる方法と資格「エステティシャンになりたい!」 「エステを仕事にしたい!」 「エステティシャンになるにはどうしたらいいの?」 「エステティシャン...
エステティシャンの仕事と資格に興味がある方
  • エステティシャンの資格を取りたい!
  • どんなエステティシャンの資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずエステティシャンの勉強のとっかかりが欲しい!
  • エステティシャンの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!