エステティシャン

エステティシャンになるには?資格を取る為に知っておきたい8つのこと

エステティシャンになるまでの3つの道のり

エステティシャンになるまでの3つの道のり

エステティシャンになる方法は人によって様々です。

高校卒業後に独学で知識や技術を習得し、関連する各種資格や検定を受ける人もいますが、卒業後すぐに現場で活躍できるだけの知識と技術を身につけたいと思うならば美容専門学校など通学スタイルで学ぶのが一般的です。

道のり1・専門知識と技術を身につけよう

まず、エステティシャンのプロとして活躍するためには、フェイシャルからボディなどのエステティシャン技術やリフレクソロジーなどのリラクゼーションスキル、各種機器の取り扱いやカウンセリングテクニックなど様々な知識と技術を学ぶ必要があります。

エステティシャンに関することを学ぶ方法は3つ。

美容系の専門学校に通う「通学スタイル」と各種専門学校が行っている「通信講座」「独学」です。

もっとも自分に適していると思われる方法を選びプロを目指すようにしましょう。

技術や知識を習得するためには最低でも半年、各種資格や検定取得期間を入れると1年から2年の期間は必要となります。

各種学校の詳しい説明についてはホームページや無料の資料請求が利用可能で気軽に情報を入手することができます。

道のり2・関連する資格取得でレベルアップをはかろう

エステティシャンが資格取得は絶対ではありませんが、企業やサロンによっては資格取得が採用基準に定められているところもあります。

また、資格保持者というだけで特別手当が支給されたり収入面にもプラスに作用する場合もありますので、ワンランク上のエステティシャンを目指すならば各種資格取得を目指すことは無駄ではありません。

代表的な資格は、以下の通りで各団体が実施しています。

日本エステティック協会実施の「認定エステティシャン」「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」「ボディ認定エステティシャン」「フェイシャル認定エステティシャン」日本エステティック業協会実施の「AEA認定エステティシャン」などがあります。

資格取得を目指すことでスキルアップにも繋がりますので、積極的に取得することをおすすめします。

道のり3・現場経験を重ねてスキルを磨こう

エステティシャンの関連「スクール」や「通信」「独学」を経て、各種資格を取得できたからといって、すぐにプロとして活躍することはできません。

卒業後の就職先はサロンやブライダル関係、その他大手企業や化粧品メーカーなど色々とありますが、1年ないし2年は下積みの経験を積む必要があります。

人を相手にする仕事ですからテクニックだけでどうにでもなるということはありません。

お客様が満足してはじめて評価される世界ですから、まずは現場というものがどういったところなのか、人に満足してもらうためにはどのようなサービスを心がければいいのかトータル的な能力を養う必要があります。

下積みの経験が辛いからといって早期に職場を離れる人も多いようですが、何事も下積みの辛い日々を経験して次のステージに進むのが基本だということを忘れないようにしましょう。

エステティシャンの適性必要なスキルは?

エステティシャンの適性必要なスキルは?
近年多くの方がエステティシャンに憧れエステ業界に就職希望をしているといいます。

しかし、いざ仕事を始めてみると想像していたものとは異なっているといった理由から早期離職者が多いのも事実です。

美容を取り扱う仕事となるため一見華やかそうな印象を受けてしまうエステティシャンですが、実は見た目とは裏腹に体力がものすごく要求されます。

単なる憧れだけでエステティシャンになりたいと思っている人は本当の良さを知る前に挫折することもありますので、どのような人がエステティシャンに向いているのか今一度チェックしてみるといいでしょう。

美に対する意識が誰よりも高い人

人に美を与える仕事がエステティシャンですから、当然施術をするエステティシャン自身が美に対する高い意識を持ち続ける必要があります。

美容に興味のない人は当然ですが、この仕事には100%向いていません。

日頃から美容や健康意識が高く自分自身が綺麗であり続けるための努力を怠らない人、そしてその良さを他の誰かにも親切丁寧に伝えることを良しとしている人はエステティシャンとして長く活躍できるといえます。

ただ、美を取り巻く環境は日々急速に進化し続けていますので、常に新しい情報をキャッチし取り込めるだけの貪欲さも必要です。

コミュニケーション能力が高い人

人対人の仕事ですからコミュニケーション能力は必要不可欠です。

エステを利用する人は健康な人よりも弱っている人が多いのが現状です。

疲労や苦痛を取り除き心身ともにリラックスしてもらうためにはスキルだけではどうしようもないこともあります。

どこに疲れを感じどのような悩みを抱えているのかを言葉を交わすことで聞き出すことができるのです。

腕に自信があるから会話なんて必要ないと思っている方もいるかもしれませんが、それだけでは一流のプロとして活躍するのは難しいでしょう。

体力に自信のある人

綺麗な女性が働いている華やかな職場という印象が強いエステティシャンですが、立ちっぱなしの仕事と手技でマッサージを行うことから何よりも体力がものをいう職場です。

勤務時間が12時間以上となることも珍しくありません。

特に人気のサロンなどはひっきりなしに来客があり休んでいる暇は無いほどです。

施術をしている間はずっと立ちっぱなしなのは当たり前ですが、中腰の前かがみの姿勢によって腰や背中、腕などに痛みを感じる事もあるでしょう。

そのような過酷な状況で仕事を続けるためには誰よりも体力に自信がなければいけません。

辛い表情をお客さんに簡単に見せるような人はこの仕事には向いていません。

上記の3つですが、実はやっていくうちに自然に身に付くスキルでもあります。今が無いからダメという事ではなく、今後必要になっていくことを知っておいて下さい。

エステティシャンの勉強費用はどの位かかる?独学・通信・通学の違い

エステティシャンの勉強費用はどの位かかる?独学・通信・通学の違い
エステティシャンになるための勉強を行うためには「通学」もしくは「通信講座」「独学」など大きく分けて3つの方法から選ぶことができます。

専門学校やスクールなどの通学スタイルの中には日本エステティック協会が認定する養成施設が全国各地にありますので、認定校を選んで通学することをおすすめします。

お住まいの地域に「エステティシャン関連の専門学校がない」「通学する時間にゆとりがない」「学費面で問題がある」という場合は、通信教育や通信講座でもエステティシャンを目指すことはできます。

ただし、その場合にはエステティシャンに必要不可欠な手技を学ぶことができる、実技指導を定期的にフォローしている通信講座を選ぶ必要があります。

独学でも不可能ではありませんが、大変厳しい状況になることは明らかですので、どのような方法がより確実にエステティシャンになれる方法なのかをじっくりと考えるようにしましょう。

ここでは、学びの方法として最も重要となる勉強費用について色々とまとめていますので参考にしてください。

専門学校に通う場合

エステティシャン関連の専門学校やスクールに通学した場合は、卒業後、就職斡旋をしてくれるところがほとんどで学んだことをすぐに活かすことができるのが大きなメリットの一つです。

ただ、独学や通信講座と比較すると勉強費用が高くなるため、入学を躊躇している人も少なくありません。

通常エステティシャンの専門学校は3ヶ月から半年のコースと、半年から1年のコース、1年から2年たっぷりと時間をかけて学ぶコースに分かれています。

各コースによって、学費が異なり年数が長くなればなるほど高くなります。

各地域や学校によっても勉強費用は大きく異なりますが95万から高いところで120万以上となります。

内訳としては入学金が10万から15万程度、授業料が45万から100万、プラス施設維持費の年間20万、実習費が40万前後となります。

これらの学費は一括納入だけでなく教育ローンなどの分割、月賦に対応している学校が多くできる限り多くの方が気軽に通えるよう学費負担の軽減措置が導入されています。

通信講座、通信教育を活用する場合

どうしてもエステティシャンの専門学校に通うのが難しいという方は通信講座や通信教育を利用するといいでしょう。

通信教育の場合、約半年コースが一般的で通学スタイルと比較すると勉強にかかる費用が格段に安くなります。

例えば、半年のコースの場合入学金が平均3万円前後、受講料は30万円前後、別途教材費に10万円前後となるのが一般的です。

また実技コースが含まれている場合は別途実習費用が請求されます。

通学スタイル同様に学費の一括だけでなく、分納、月賦、その他学費の支払い方法を相談することが可能で、半年コース卒業後、日本エステティック協会認定のエステティシャンの検定試験を受けることも可能です。

その他、一般サロンでの実務経験が1年以上もしくは認定フェイシャルエステティシャンの資格保持者である場合は1年コースを選択した場合でも、半年コース同様の学費にて講座を受けることができます。

独学でエステティシャンを目指す場合

独学で必要となる勉強費用はテキスト代とエステ練習用のマネキンなどで、教材費10万円前後、マネキン購入費に2万円前後程度と予想されます。

ただし、資格試験に関する費用は別途必要となりますので事前に確認するようにしましょう。

勉強費用については独学がもっとも安価にて抑えることはできます。

しかし、その分エステティシャンを目指す環境としてはとても厳しく険しい道のりであることを忘れないようにしましょう。

エステティシャンに年齢制限は無いが若い方が有利な現状

エステティシャンに年齢制限は無いが若い方が有利な現状
エステティシャンになるのに年齢制限はありません。

誰でもやる気さえあれば、何歳からでも勉強をすることはできます。

ただ、「大手企業に就職したい!」「幅広いステージで活躍したい!」という場合には話は別です。

その理由は表立っての年齢制限はないものの、できれば若い人を採用したいというのが採用する側の率直な意見なのです。

今、エステティシャンになりたいという気持ちが本物なら、迷って無駄な時間を費やすのではなく少しでも若いうちにスキルを磨くよう行動するのが賢明です。

独身で体力のある女性を好む

エステティシャンには年齢制限は無いものの、なぜ若いければ若いほど有利になるのかという理由は体力を必要とする職業だからです。

手技で施術を行うエステティシャンは1日に何人もの客を相手にするのは当たり前です。

しかも立ったまま作業をすることが多いため1日に多い方で、8時間以上もの労働を強いられるのは当たり前です。

時には中腰の姿勢のまま施術を行う事もありますので、身体への負担は想像以上です。

またエステを利用するOLさんや主婦の方は平日夕方以降、その他土日、祝日の利用者が多いのは当たり前で、遅い時間まで働くことになります。

デスクワークとは異なり体力に自信がなければ続けられない職業となるため、当然若く元気のある方を優先的に採用する傾向にあるのが現実です。

さらに、土日祝日、夜10時までの営業時間となっているサロンが多く、そのため主婦業との両立は厳しいと判断されることから独身女性を採用条件に掲げて所が多いのも現状です。

結婚の予定のない方を好む

若ければ若いほど良いという理由の一つにエステティック業界が抱える離職率の高さも背景にあります。

就職後、すぐに一人前として仕事が与えられるのではなく厳しい下積みを経験する必要があります。

ただでさえ厳しい状況であるにも関わらず、結婚適齢期とされる20代後半から30代、40代の女性のを採用することで結婚を理由に早期離職する方がいるのも事実なのです。

せっかく採用した人材がすぐにやめてしまってはその分サロンや企業は損をすることになります。

そのリスクを避ける為、結婚しそうな年齢の女性の採用を残念ながら敬遠する傾向も稀にあります。

年齢制限はないとはいえ、これらの理由から若い世代の方を好む傾向にあり現実は非常に厳しい条件が課せられていると考えてもいいでしょう。

ただし、必ずしもすべてのサロンや企業がそうであるとは限らず、また結婚し主婦業をしている人でも働き方や働く先を選ぶことで、上手に両立している方も多く存在します。

例えば、主婦の方の場合、正社員として働くのではなくパートやアルバイトなど、ライフスタイルに合わせて勤務時間を選択しスキルに自信がある人は自宅の一室でサロンを開業するのも良い方法だと思います。

環境に馴染める柔軟性が必要

エステティシャンになるための年齢制限はありませんが、若い人がほとんどの現場となりますので、その環境に馴染める柔軟性は必要です。

もしかすると上司に当たる人が21~23歳程度のとても若い方になる可能性も少なくありません。

若い人に厳しいことを言われたり、顎でこき使われるようなこともあるでしょう。

それでもいつかはプロとして活躍するという強い意志と根気強さがなければ、この業界で成功することは難しくなります。

以上のように年齢に関係なく誰でもエステティシャンとして働くことはできますが、年齢制限がない分、大変厳しい世界であることはよく理解しておくようにしましょう。

エステティシャンは独学でもなれる?独学のメリット・デメリット

エステティシャンは独学でもなれる?独学のメリット・デメリット
エステティシャンを目指す場合「学校に通ったほうがいいのか?」「それとも独学で学んだほうがいいのか?」の選択に迷う人もいるかもしれません。

専門学校に通ったから必ずエステティシャンになれるという保証もありませんし、独学だから絶対にエステティシャンになれないということもありません。

実際に、プロで活躍している人の中には独学でも頑張ってきた人もたくさんいます。

ただし、その道は非常に険しく簡単ではありませんので、通学スタイルに比べて難しいといわれている独学のメリットとデメリットを理解した上で活用することをおすすめします。

後悔しないためにも独学が本当に自分に適している勉強方法なのかを判断するようにしてください。

独学のメリット

確実に言えることは独学よりも通学スタイルのほうが、エステティシャンになるための近道であるということ。

それなのになぜ独学を選択しようとするのかその理由はたった一つ勉強費用です。

学校に通うとなると当然かなりの費用が必要となります。

入学金や授業料、教材費に実習費その他通学するために必要な交通費に食費など色々なことを考えてもざっと100万以上は必要でしょう。

それに比べ独学は自分が必要と思う教材を必要と思うときに購入するだけ、しかも自宅で勉強を行うため移動に必要な交通費も必要ありません。

友達との交際費や食事代なども一切必要ないため無駄な費用を準備する必要もないのです。

独学のデメリット

まず通学した場合には次のようなメリットがあります。

各種試験にむけ綿密な授業内容が組み込まれているため、ただ授業に出席するだけで試験対策がスムーズにできるという点です。

その授業を担当する講師は現場で活躍しているプロのエステティシャンとなるため、旬な情報や技術を学ぶ事ができます。

さらに同じ夢を持つもの同士が肩をならべ日々過ごすため厳しく、辛い勉強期間だとしても切磋琢磨し乗り越えることができるでしょう。

卒業後の就職斡旋を行うスクールも年々多くなっていることで、夢に向けて確実に一歩を踏み出すことができます。

一方独学は時間管理のすべてを自分自身で行う必要があるため、なかなか計画的に学習を進めることができないといった問題点があります。

さらに難しい問題が発生した場合でもそれを教えてくれる講師が側にいないため問題解決までにかなりの時間を要する、もしくはクリアできないまま前に進む必要があるなどの問題も発生します。

不安定な基礎知識のままでは当然難しい試験に合格することはできません。

また一緒にその辛さを分かち合い情報を交換する仲間がいないため、モチベーション維持がとても難しく途中で断念する方が多いのも独学の特徴の一つです。

さらにもう一つ、安価ではじめられる独学は勉強費用をそれほどかけていないことで、いつでもやめてもいいと諦めやすい環境でもあるのです。

逆に、通学スタイルの場合は高い学費を払ってしまっているから、簡単にはやめられない最後まで頑張るといったモチベーション維持に繋がるのです。

以上のことからもわかるとおり、独学でエステティシャンを目指すことは不可能ではありませんが、かなりの高いハードルがあるということを忘れないようにしましょう。

主婦業をしながら働けるエステティシャンが魅力

主婦業をしながら働けるエステティシャンが魅力
主婦が起業をすることは今や珍しいことではありません。

最近では主婦業や子育てと両立させて起業や副業を行う主婦が多くなっているのです。

空いている僅かな時間を利用して各種資格取得に専念したり、何かしらの技術を取得するなど将来に前向きな主婦が急増しています。

そんな主婦に注目されているのがエステティシャンです。

主婦しながらでも自宅で起業できる?

エステティシャンは比較的安い費用のみで起業できるのが特徴で、これから結婚や子育てなどのイベントを控えている若い人からも人気の高い職業の一つです。

技術や知識を持ってさえいれば特別な資格は必要なく、専業主婦や子育て中であっても家事と両立しながらエステティシャンとして活躍できます。

自宅サロンの良いところは営業時間や曜日などを自由自在に決めることが可能で、プライベートを守りつつ自分の好きな仕事を続けることができるという点です。

手に職を持つことによって主婦業をしながらでも仕事を続けられるのですが、もちろんそれを実現するためにはそれなりのノウハウを身につける努力は必要欠で、開業後のプランが明確でなければ長く続けることもできません。

主婦しながらでも続けられるエステティシャンになる方法とは?

では、主婦をしながらでもエステティシャンとして活躍するためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

確実にスキルや知識を身につけるためには美容系の専門学校、もしくは通信講座、通信教育を受けることをおすすめします。

ただ主婦の場合スクールに通うために、何時間も留守にすることは難しい場合がありますので通信講座や通信教育を利用するのがいいかもしれません。

各美容系の専門学校では通学スタイルとは別に通信制のコースを設けているところが多くなっていますので確認してみるといいでしょう。

各学校では、独自のサイトを運営していますので学校の雰囲気や学費、勉強にかかる期間等をある程度確認できると思いますが、さらに詳しい内容を知りたいのであれば無料の資料請求もしくは学校体験、見学などのイベントを利用することもおすすめです。

自宅開業のメリット

各スクールや通信講座では卒業後の進路についての相談やサポートも充実していますので、自宅開業を行う予定のある方はアドバイスを受けるようにしましょう。

自宅開業の大きなメリットは運営コストでもっとも比重をしめる家賃費用を大幅にカットできるという点です。

自宅の一室を改良してエステサロンにするのですから敷金礼金、その他毎月の家賃がかからず負担無く馴染めることができます。

大手サロンのように大々的に宣伝しなくてもご友人やご近所等を対象にエステを続けることで、家計の足しになるくらいの収入を稼ぐことができますし何より主婦業との両立がしやすいことが大きなメリットですよね。

手のかかる小さなお子様がいる間はご近所の方を中心にのんびりとしたサロン経営を行うのもいいでしょう。

ただ、子供が大きくなり次第に家事や育児から解放され、自分の時間にゆとりが持てるようになってから本格的にエステティシャンとして活躍することもできるのが自宅サロンの良いところなのです。

このようにエステティシャンは仕事のやり方によっては、主婦をしながらでもいつまでも仕事を続けることができる女性に大変おすすめの職業といっていいのではないでしょうか。

男性でもエステティシャンになれる!その現状とは?

男性でもエステティシャンになれる!その現状とは?
エステティシャンに性別は問題ありません。

近年、男性でも美容やおしゃれに関心を持つ人は多く男性向けの化粧品や男性専用のエステティックサロンなども年々多くなっています。

そのため、女性エステティシャンだけでなく男性のエステティシャンの需要も増えているのは確かです。

男性エステティシャンの仕事内容

エステティシャンは男性でもなれますが、実際のサロン等でどのような施術を行っているの紹介しましょう。

各サロンによって施術やサービス内容は異なりますが、特に人気となっているのが脱毛施術で男性特有の濃すぎるひげのケアを希望する男性が多くその技術は最低限必要です。

その他、毛穴ケア等のフェイシャル、痩身、美肌、カウンセリングなど、女性と同様のスキルを身につける必要があります。

男性エステティシャンになるためには

男性がエステティシャンを目指す方法としては美容系のスクールに通学するスタイルから、都合の良い時間を有効活用して学ぶ通信講座スタイルその他独学等があります。

またメンズサロンの中には未経験の方を一から指導する方法でアルバイト募集を実施しているところもありますので、自分にあった方法でエステティシャンを目指すといいでしょう。

それぞれに良い点もありますが確実にスピーディーに現場で活躍できる技術を習得したいならば、美容系のスクールや専門学校への進学が一番良い方法です。

ただし、独学や通信に比べると学費が高額るため事前に各学校の学費や授業内容、実績等を確認するようにしましょう。

男性エステティシャンの収入について

男性エステティシャンの収入は女性の収入面とさほど変わりません。

サロンに正社員として入社した場合初任給で月給20万から35万程度、さらに指名率が高ければ高いほど特別手当や技術手当てを支給されることもありますので努力次第で高収入を目指すことはできます。

しかしほとんどの場合、1年から2年程度は研修期間もしくはアシスタントとしての雑務経験が必要なため、月給は15万程度のスタートと大変厳しい状況である事は確かです。

ただ、経験を重ねればいずれ独立やフリーを目指すこともできますので成功すると若くして高収入を得ることも夢ではありません。

男性エステティシャンの将来性

男性エステティシャンが増えているとはいえ現状では女性のエステティシャンが、全体の約8割以上を占めているなどまだまだ女性優位の業界といえます。

女性エステティシャンが女性客も男性客も対応できるのとは異なり、男性エステティシャンは男性客しか対応できません。

そのため男性エステティシャンが活躍できる場所は男性客が来店するサロンなどが中心となるなど、就職先が見つかりにくいといった問題もあります。

それでも、以前と比べると美容やおしゃれに関心の高い男性が急増していることを考えると、今後メンズ専用のエステサロンが増え男性エステティシャンの需要も増えることを大いに期待してもいいのではないでしょうか。

エステティシャンを目指す学生なら今のうちに準備しておきたい事

エステティシャンを目指す学生なら今のうちに準備しておきたい事
エステティシャンとして将来活躍したいと希望する学生は多いと思いますが、一体何をしたらエステティシャンになれるのか、今のうちにどんな準備をしたらいいのか迷っている人もいるでしょう。

そこで、ここではそんな疑問を解決するため学生のうちに準備しておきたいことをまとめてみました。

エステティシャンになるための道をスムーズに進みたい方は参考にするといいでしょう。

エステティシャンになる方法を知ろう

まず、エステティシャンの知識や技術を学ぶためにはどんな学校を選び、どんな風に進学したらいいのかを考えましょう。

中学校卒業後、すぐに美容系の専門学校や通信講座を利用する人もいれば、高校卒業後に専門学校や美容系の大学に進学する人もいます。

その他、専門学校や大学には進学せず、独学や通信講座を選択して知識や技術を学ぶ人も多く、その後各種資格試験に向け色々な勉強を重ね、希望する就職先へ進むというのが一般的です。

また、未経験の状態でサロンでアルバイトからエステの世界に入る人もいるなどその過程は実にさまざまです。

選ぶ道によってかかる時間や勉強費用は全く異なりますので、どの道が一番自分に適している方法なのかを知ることも重要なポイントです。

将来はどんなエステティシャンになりたいか目標を決める

将来どのようなエステティシャンになりたいのか、明確な目標を定めるようにしましょう。

現在活躍しているプロの方を目標にするのもいいかもしれません。

その他、「国内外で活躍するトップエステティシャンになりたい!」「さくても自分のサロンを経営したい!」など色々な目標があるでしょう。

目標を達成するために必要な資格や検定を取得するためには、どのくらいの勉強期間が必要なのか等具体的な計画を立てましょう。

資格や検定によっては認定校卒業でなければ、受験資格条件をクリアできないという場合もありますので、その点を含め事前に調べておくといいでしょう。

エステティシャンに関する情報を入手する方法

エステティシャン関連の各種学校では独自のホームページを運営しているため、インターネットを活用するとある程度詳しい情報を入手することはできます。

また学校によっては無料で資料を取り寄せることもできますので、各学校の授業内容や学費、資格についても比較することができます。

中学が高校卒業後どの学校へ進めばいいのかなどもあらかじめ準備できるのではないでしょうか。

その他にも専門学校ではオープンスクールといって、無料で1日体験入学などのイベントを開催していますので、実際にどのような授業を行っているのかを体験することもできます。

時間にゆとりがある学生の時期にあらゆる学校の無料体験を経験することで、本当に自分は将来エステティシャンになりたいのかを判断することもできますし大変貴重な経験になることは確かです。

学生だからこそできる準備がたくさんあると思いますので、時間にゆとりがあるうちにできる限りの情報を入手しておくようにしましょう。

エステティシャンになる方法と資格
エステティシャンになる方法と資格「エステティシャンになりたい!」 「エステを仕事にしたい!」 「エステティシャンになるにはどうしたらいいの?」 「エステティシャン...
エステティシャンの仕事と資格に興味がある方
  • エステティシャンの資格を取りたい!
  • どんなエステティシャンの資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずエステティシャンの勉強のとっかかりが欲しい!
  • エステティシャンの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!