リフレクソロジスト

リフレクソロジー資格取得!通信講座と専門校の違い。最短でリフレクソロジー資格を取る方法

リフレクソロジー資格取得までの流れと道のり

リフレクソロジー資格取得までの流れと道のり

リフレクソロジーの資格取得には比較的短期間で取得できるものや、専門校に通って本格的にリフレクソロジーを学んだのちに取得できるもの、通信講座で手軽に取得可能なものなどの種類があります。

次は一般的なリフレクソロジーの資格取得までの流れです。

目的を明確にする

リフレクソロジーの資格を取得するにあたっては、さまざまな目的があるはずです。

たとえば、プロのリフレクソロジストとして働きたい、独立開業したい、家族に施術を提供したい、やボランティア活動に活かしたい等々です。

もし、ばくぜんと資格を取得したいと考えているなら、まずは資格取得の目的を明確にしておきましょう。

リフレクソロジーの基本知識
リフレクソロジストになりたい!初めに知っておきたいリフレクソロジーのことリフレクソロジーの基本知識 リフレクソロジーは日本語では「反射学」といいます。 反射学(reflexology)という言葉は英語...

学習手段を決定する

リフレクソロジー資格の取得目的が明確になったら、次は「どこで・何を・どのレベルまで」学ぶかという点を決めます。

「どこで」はリフレクソロジー専門学校で学ぶか、通信講座などを利用するかということです。

「何を」はリフレクソロジー専門に学ぶか、アロマテラピーやツボ押しなども併せて学ぶかということになります。

「どのレベルまで」はプロのリフレクソロジストになれるレベルか、個人的に使用するために学ぶレベルかといった点です。

こうした条件を考え合わせ、時間や資金の問題と比較検討しながら学習手段を決定するといいでしょう。

資料請求・見学を行なう

目的・手段・レベルなどが決まったら、自分の条件に合うスクールや講座の資料を請求します。

できれば1社(1校)だけでなく比較検討が可能なように複数請求するといいでしょう。

届いた資料を比較検討してある程度絞り込みができたら、疑問点などを問い合わせたり見学が可能ならば実際に見学に訪れてみます。

この段階で充分に納得できないまま学習をスタートしても、あとになってから「○○のほうが良かったのでは?」や「考えていたのと違った」などとなってしまいますので事前のリサーチはしっかり行なっておく必要があります。

ただし、あまり考え込んでいては結果を出すことができませんので注意してください。

資格取得までの流れ

(1) スクールや講座を決定して申込み、規定の学習過程を修了する。
(2) 修了後、該当する資格レベルの認定試験(筆記・実技など)を受験する。
(3) 合否通知を受け、無事合格していれば必要な登録手続きを行なう。

スクールや講座のなかには複数の資格レベルを設けているところもありますので、1つの資格を取得できたら一段階上の資格に取得してみてもいいでしょう。

確実なリフレクソロジー資格の取り方2つ

リフレクソロジー資格の取り方
リフレクソロジストになるには、法的にいえば看護師や鍼灸師のような国家資格などの免許は必要ありません。

現在、日本国内にあるリフレクソロジストの資格はすべて民間資格であり、取得していなくても就業することは可能です。

しかし、現実的には資格なしにリフレクソロジストとして働くには条件面などのデメリットがあり、効率良く就業したい場合は資格取得をしておいたほうが良いのです。

リフレクソロジーの資格取得にあたって、「安心して確実に資格を取りたい!」と考えるはずですよね?それであれば、こちらで紹介する2つの道がおすすめとなります。

リフレクソロジーはじまりの歴史
リフレクソロジーの種類と流派!欧米式と東洋式リフレクソロジーの歴史リフレクソロジーの種類と流派には大きく分けて2つあります。 「欧米式リフレクソロジー」と「東洋式レフレクソロジー」の2つの違いなど...

確実にリフレクソロジー資格を取る方法は2つ

「1、専門学校で資格取得」
「2、通信講座で資格所得」の2つです。

専門学校で資格を取る

リフレクソロジー関連資格を取得するには専門学校や専門課程で学ぶのが早道です。

こうした過程ではリフレクソロジーの基礎や知識、技術などを効率良く学ぶことができ、就職や資格取得にも大きなメリットがあります。

主なリフレクソロジーの専門校としては次のようなものがあります。

(1) 一般のリフレクソロジー専門学校、スクール
(2) サロン直営のリフレクソロジー専門学校、スクール
(3) 総合的な専門学校、スクールのリフレクソロジー科

ほとんどの専門学校、スクールで民間団体のリフレクソロジー資格を取得することができますので、学習課程や学費などを考慮して自分の条件にマッチした方法を選ぶといいでしょう。

通信制講座で資格を取る

通信制講座は自宅にいながらリフレクソロジーを学び、認定資格を取得できる便利な方法です。

自宅近隣に適当な学校がなかったり、家庭の事情で通学が困難な場合には通信講座を選択してみてはどうでしょうか。

リフレクソロジーの通信制講座はDVDとテキストで学ぶという方法で、技術面の習得に関してのスクーリングを実施しているところもあります。

通信講座でも認定試験に合格すれば資格取得も可能で、自分のペースでリフレクソロジーを学びながら資格を取得できるというメリットを活かすことができるでしょう。

資格取得までの期間と費用

リフレクソロジー資格を取得するまでの期間や費用は、どんな方法で学ぶのか、どのような種類の資格を取りたいのかで異なってきます。

通信制講座で学びプロとして通用する資格取得のためには3~6カ月(学費20~30万円)程度、専門学校は資格取得に3~6カ月(学費30~50万円)程度というのが標準的です。

これはあくまで標準的な目安で、スクールや講座によって違ってきます。

ちなみにリフレクソロジーについて深く学び、エキスパートを目指せるスクールの例としては、1年間通学・受講料200万円というコースが挙げられます。

このコースを修了するとリフレクソロジスト資格のほかにホリスティック・リフレクソロジスト、アドバイサー、インストラクターなどの資格が取得できます。

まとめ:確実なリフレクソロジー資格の取り方2つ

リフレクソロジストになる方法は、実はたくさんあります。

自分で教材を探し学ぶ独学という方法も魅力的ですが、確実に資格を取る方法という点では「専門学校に通う」ことと「通信講座で学ぶ」ことの2つが最適なのです。

費用の面では、独学に比べ高くなる傾向にありますが、その分時間を短縮し確実な知識と技術が学べる点で「専門学校に通う」「通信講座で学ぶ」の2つを選択することをおすすめします。

リフレクソロジーの資格!通信講座と専門学校どちらで学ぶべき?

通信制講座と専門学校どちらで学ぶべき
リフレクソロジストを目指し、リフレクソロジーを学ぶためには、「通信講座」「スクール・専門学校」で勉強するという2つの方法があります。
そこで、多くの人が迷うのが「通信講座とスクールは、どちらがいい?」という問題です。

いずれも知識や技能の学習、リフレクソロジスト関連の資格取得には有効な方法ですが、そのメリットには多少の違いがあります。

リフレクソロジーの専門校・通信講座には多様な種類があります。

どの学校や講座を選ぶかは学ぶ人の考え方次第ですが、実際にはたくさんの選択肢があって迷うこともあると思います。

スクール・専門校選びの基準としては次の3点が挙げられます。

(1) 自分の主旨や目的に合わせて選ぶ
(2) 具体的な条件やメリットで選ぶ
(3) フィーリング(直感)で選ぶ

主旨や目的で選ぶ

リフレクソロジーを学びたいという際に、自分の主旨や目的に合わせて選ぶという方法です。

本格的に学びたいのであれば、充実したカリキュラムがそろい経験と実績のある講師が在籍する専門学校が適しています。

また、英国式や台湾式など特定の施術を学びたいなら、特定の流派を標榜しているか、カリキュラム内容にその流派の施術が含まれている学校を選ぶ必要があるでしょう。

プロとして仕事に就きたい、就活にダイレクトに結び付く学習をしたいなら、大手チェーン店などのサロン直営校を選ぶのが効率的です。

サロン直営校では卒業後の就職サポート体制も整っていますので就活の苦労などを軽減することも可能になります。

リフレクソロジーの基礎的な知識や技術を学びたい、個人的な趣味として学びたいという目的なら、まずは手軽で便利な通信講座からスタートしてみてもいいでしょう。

基礎をしっかり学んでおけば将来的に専門校やスクールに入学し直して本格的に学ぶこともできます。

具体的な条件で選ぶ

リフレクソロジーを学ぶ主旨や目的も大切ですが、自分の条件にマッチしている学校・講座か否かも重要なポイントです。

チェックポイントとしては、

・講習期間(通学期間、総カリキュラム時間数、修了までの期間等)
・学費(入学金、授業料や講習料、分割払いの有無、資格試験費用等)
・資格(取得できる資格の種類や数、内容、レベル等)
・地域(学校の場所、周囲の環境、通学しやすいか等)
・個人の事情(新卒、転職、育児との両立等)などが挙げられます。

具体的な条件で選ぶ場合は「何を優先するのか」、「バランスを重視するのか」などの問題も発生してくるかもしれません。

学費や地域の問題は融通が利かないことが多いものですが、優先順位を決めて選ぶようにすると整理しやすいでしょう。

また、バランス重視で条件に合った学校選びをする際には「帯に短し襷に長し」のコトワザのように中途半端な選択にならないよう注意してください。

フィーリングで選ぶ

「学校をフィーリングで選ぶ」というと少し奇異に感じる人もいるかもしれません。

しかし、実際に見学に行ったり体験講座を受けてみると、意外に直感的に「ここが自分に合っている」と分かることがあります。

資料請求やインターネットで学校を絞れたら、次は体験講座などを経験してみると分かりやすいでしょう。

リフレクソロジー資格の通信講座を活用

資格取得に通信制講座を活用するメリット

通信講座のほうがいい?通信講座のメリット

リフレクソロジーの通信講座の良さとしては次の点が挙げられます。

通信制のメリット1:自宅学習

通信制の1つめのメリットは「自宅でリフレクソロジーを学べる」という点です。

・自宅の近くに適当なリフレクソロジー専門学校がない
・専門学校はあるが自分が希望するような講座がない
・家事や子育てをしながらリフレクソロジーを勉強したい
・自営業の新たな一分野としてリフレクソロジーを導入したい
・現在の仕事をしながら余暇にリフレクソロジーを学びたい

こんな人にはリフレクソロジーの通信制が適しています。

通学の手間や交通費を省くことができる。家事や子育てと両立できる。他の仕事をしながら余暇に学べる。介護などをしながらでも勉強できる等々。
自宅でリフレクソロジーを学びながら、他の事もできるという点で大きなメリットがあります。

通信制のメリット2:自分のペース

2つめのメリットは「自分のペースで学べる」という点です。

・専門学校やスクールに通うのはあまり気が進まない
・自分の生活スタイルに合わせて自由な時間割で学びたい
・家事や子育て、介護などの合間にリフレクソロジーを学びたい
・通学時間を掛けずに効率的にリフレクソロジーの勉強がしたい

通信講座の多くはテキストとDVDでの学習ですので、好きな時に好きなだけ勉強することができます。忙しい人は余暇を見つけて、時間に余裕のある人は集中的にリフレクソロジーを学習することができて便利です。

自分のペースでリフレクソロジーを学びたい人は通信制講座がおすすめです。

通信制のメリット3:勉強費用

3つめのメリットは「初期費用を抑えながら学べる」という点です。

・大きな費用を掛けずにリーズナブルに勉強したい
・少ない学費でリフレクソロジーの基礎を学びたい
・通学の交通費を掛けずにリフレクソロジーを学びたい

通信講座の料金は専門学校やスクールに比べ、安く設定されています。そのため、お金にあまり余裕がない人でも勉強費用を抑えて、リフレクソロジーを学び資格取得を目指すことができます。

学費や受講料を低く押さえたい人は通信制から始めてみるという方法もあります。

通信制のメリット4:資格を受けられる

4つめのメリットは「自宅学習で資格を取得できる」という点です。

・通学はできないが資格を取得したい
・あまり時間がないが資格を取得したい
・将来のために何かの資格を得ておきたい

就職氷河期ともいわれる現代において、資格を取得しているというのは大きなアドバンテージになります。

通信制のメリット5:レベルが高い

5つめのメリットは「通学制と同レベルの通信制もある」という点です。

通信制のなかには、通学制と同レベルの学習ができるリフレクソロジー講座もあります。

個人的な事情で通学がむずかしいという人でも、同じレベルの知識や技術が身に付けられるというのは重要なポイントといえるでしょう。

また、そうした講座の多くは通学制と同レベルの資格取得が可能ですのでその点でもメリットがあります。

リフレクソロジーを通信講座で学ぶデメリットは?

もちろん、通信講座で学ぶデメリットもあります。

(1) モチベーションを保つのが難しい

通信講座は基本一人で勉強するので、特に家の中では誘惑が多く、勉強がはかどらないという心配もあります。反対に、「一人の方が集中できる!」「コツコツ勉強するのが得意!」という方であれば問題ないとも言えます。

(2) 技術面に弱い

通信講座では、知識や理論は学習できても、実技としての技術を学ぶ点ではスクールに通うよりも弱くなります。ただし、通信講座でも、日にちを選び近くにある運営校やサロンで実技指導(スクーリング)を受けられる場合もあります。
また、資格を取ったのち勤務する職場で技術を身に付けていくという道もあります。

リフレクソロジー資格の「技術」を学ぶなら専門学校!

専門校に通うメリットと特徴
リフレクソロジーの資格取得と技術の習得の早道といえるのがリフレクソロジー専門学校・スクールで学ぶという方法です。

なぜなら、専門学校では生の体験ができること、それはライブ感。
例えば、大好きな歌手(アーティスト)の曲をCDで聞くのと、実際にライブに行き生歌を聞くのでは全然違いますよね?

それと同じで、通信講座で学ぶ知識と技術は同じでも、「体験」を通して学ぶ量が違ってくるのです。

ですので、近い将来プロとして働きたいという人、サロンの開業を考えている人、就活のための資格取得を考えている人はリフレクソロジー専門学校・スクールで学ぶことをおすすめします。

ただし、通信講座にもメリットがあります。時間が無く、働きながらや育児をしながらと考えているなら通信講座の方が合うでしょう。

ここでは、確実なリフレクソロジー技術を望む場合であれば、専門学校が良いという事についてお伝えしているのです。

リフレクソロジー専門学校に通うべき5つのメリット

専門学校に通うと多くの体験を得ることが出来るのですが、それ以外に考えられる5つのメリットがあります。

1、学習スピード
2、講師や仲間の存在
3、就職しやすい
4、プロの講師
5、仲間と切磋琢磨

これら5つのメリットは通信講座には無い特長ですので、学生さんや時間が取れる方にお勧めのリフレクソロジー資格の取り方です。

メリット1:学習スピード

リフレクソロジーを専門学校・スクールで学ぶメリット1は「ダイレクトで技術が学べる」という点です。

通学制は講師の講義を聞きながらダイレクトで技術を学ぶことができ、有用なテクニックを身に付けられるので上達が早くなります。

学校のなかには本場で技術を習得してきた講師や、業界では有名なセラピストなどから直接指導してもらえるところもあり、伝統的な技術から最新の技術まで幅広く触れることが可能です。

メリット2:講師や仲間の存在

2つめのメリットは「講師への質疑応答がしやすい」という点です。

スクールでは講師への質問が随時できますので、分からない点はすぐに質問することで返答が得られるため進歩が早いというメリットがあります。

また、他のスクール生の質問に対する返答も聞くことができますから、そこから重要なヒントを得ることもできます。

メリット3:就職しやすい

3つめのメリットは「就職につながる」という点です。

専門校やスクールの多くはプロのリフレクソロジーサロン直営校ですので、就職にダイレクトにつながり無駄な就活をしなくてすむというメリットが得られます。

学校によっては卒業後の就職サポートや就業後のサポート体制を整えているところもあります。

メリット4:プロの講師

メリット4は「プロから直接教えてもらえる」という点です。

専門校やスクールの講師はプロのリフレクソロジストですので、プロの技術を直接教えてもらえるというメリットがあります。

リフレクソロジーの理論や技術を、現役のプロ講師からダイレクトに学ぶことができます。特に手技のテクニックは直接講師から教わったほうが覚えやすいだけでなく、分からない部分を随時質問することができて便利です。

憧れの有名リフレクソロジストに、現場で活躍している状況や、臨場感のある話を、教えてもらえるチャンスもありますので、プロを目指している人には大きなメリットがあります。

プロのテクニックや理論を身に付ける大きなチャンスであるだけでなく、憧れのリフレクソロジストとからアドバイスをもらえる可能性もあるわけです。

メリット5:仲間と切磋琢磨

5つめのメリットは「たくさんの仲間ができる」という点です。

専門校やスクールにはリフレクソロジストを目指すたくさんの仲間がいます。

そうした仲間と共に学ぶことで切磋琢磨することができたり、卒業後にリフレクソロジストとしてのネットワークを作ることもできます。

スクールに通うということは、周りに同じ志の仲間がいるということにもなり、「仲間」であり「ライバル」でもある生徒同士は、助け合いながらも切磋琢磨しあえるという関係でもあります。
つまり、勉強の環境としてはとても良いと言えます。

もしプロとして活躍したいなら、このような人脈作りができることも重要なメリットのひとつといえるでしょう。

スクール生のなかには同級生たちと共同でサロン開業を成功させている例もあります。

リフレクソロジーをスクールで学ぶデメリットは?

(1) 勉強費用が高い

スクールなどの専門学校で学ぶと、どうしても費用が通信講座よりもかかってしまいます。通信講座なら10万円台で勉強できるのに対して、スクールでは10万円以上となるのが普通です。場合によっては100万円以上かかることもあります。
ただし、それは勉強期間やカリキュラムにより違いがあります。

(2) 自分の時間がとられる

スクールに通うということは、「通学」はもちろん、固定の学習時間を作らなくてはいけないということです。専業できる人であれば環境的にはさいこうなのですが、他にも仕事があったり、家事などをしなくてはいけない場合は、時間のやりくりをしっかりとしなければ、負担になることがあります。

リフレクソロジー通信講座とスクールを比較

自宅で自由に自分のペースでリフレクソロジーを学びたいなら
⇒「リフレクソロジーの通信講座」

プロ講師から直接指導してもらいたいなら
⇒「リフレクソロジーのスクール・専門学校」
と考えて良いでしょう。

その他にも、通信講座のメリットとして、「複数の講座を同時進行で学ぶことができる」という点です。例えば、アロマセラピーや、リンパドレナージュ(リンパマッサージ)なども効率良く資格取得することも可能です。

スクールであれば「資格取得から就職まで有利」というメリットがあり、かつ人脈作りや仲間作りという利点もあります。

結局のところ、あなたの「置かれている環境」や「考え方」、「性格」によって通信講座が良いのか、スクールに通うのかは変わってきます。まずは、あなた自身で「どのような学び方をしたいのか」、「資格を取った後はどうするのか」なども一度考えてみる必要があるのです。

「時間が無い!」人は通信講座でリフレクソロジーの資格取得

通信講座で資格取得
「時間が無いけど、リフレクソロジーに興味があり資格を取りたい!」
のであれば、時間の融通がきく通信講座をうけ資格取得を目指すのが良いでしょう。

自宅にいながらリフレクソロジーの知識と技術が学べ、資格取得もできるのが魅力の通信制講座。

通信講座は自宅の近隣に学校のない人や、主婦で子育て中の人、会社で働きながら資格を取得したい人に適しています。

リフレクソロジー通信講座の種類と特徴

通信講座の特徴は通学しなくてもリフレクソロジーを学べるという点です。

かつての通信講座はテキストや写真だけで学ぶというスタイルが主流でしたが、現在では見て聞いて分かりやすいDVDを活用することでテキストと合わせてスムーズに学習できるという形式が主流になっています。

DVD+テキストという形式であれば、初めて学ぶという人にも理解しやすくて便利です。

リフレクソロジーの実技に関しては、セミナーなどに参加できるスクーリングというシステムがあるため心配はありません。

さらに通信学習だけでは分かりにくい点については、通信講座の担当窓口に直接質問できるシステムなどが設けられている講座もありますので有効に活用することができます。

リフレクソロジー通信講座でどんな資格が取得できるの?

リフレクソロジストには公的な資格はないものの、通信講座修了後には独自の民間資格を取得することができます。

同じ通信講座でも1級・2級というように種類分けされているケースもあり、どのレベルの資格を取得するかなど自分の目的にしたがって選ぶことができます。

通信講座の期間・学費の目安

カリキュラム内容や資格の種類によって講座修了までの期間や学費は異なります。

一例を挙げると、自宅用のリフレクソロジーの実技を学ぶ1回コースや期間4回の4日間コースといった短期間のものから、6~12カ月間程度を掛けて本格的に学べるコースまで機関も多様です。

学費に関しても同様で、1万5000円程度でお小遣い感覚で学べる講座から50~70万円程度の予算が必要なプロを目指せる講座もあります。

ハイレベル資格を取得したり、リフレクソロジストを目指せる内容の講座であれば期間・学費ともに高めであり、逆に個人の趣味や実用性を目指した講座であれば低めと考えればいいでしょう。

もし予算や修学期間に制約があるようなら、入門講座からスタートして徐々にレベルアップしていくという方法もあります。

通信講座は現在別の職業に就いているがリフレクソロジストを目指している人、家事や子育てのかたわらリフレクソロジーを学びたい人、自分や家族のためにリフレクソロジーを習得したい人などにもピッタリです。

また、すでに仕事をリタイアして第二の人生を目指している人、子育てが終わって生きがいを探している人などにも適しており、家族にリフレクソロジーのケアをしたりボランティアとして施術を活かしたいという目的で受講してみるのもいいでしょう。

まとめ:「時間が無い!」人は通信講座でリフレクソロジーの資格取得

現在、仕事で忙しい方や育児、家事で時間が取れない方にも最適な資格の取り方が、通信講座です。

仕事が終わった夕方から夜にかけてや、子どもが寝静まった夜の自分の時間を有効活用出る点で、通信講座は忙しい方に適しているのです。

また、通学で学ぶよりも一般的に学習費用も安く抑えられるメリットもあります。

ただ難点としては、通学よりも技術面で学ぶことが少なくなる面があります。
この場合、実際に就職した際に技術面を学びながら働くということで補えると考えれば、それほど気にする必要もありません。

現状「忙しい」という方であれば、通信講座を検討することをおすすめします。

リフレクソロジー専門学校の特徴!勉強期間と費用

専門学校でリフレクソロジーを学ぶ
リフレクソロジーの専門校では基礎や知識、技術などを学ぶ場所です。

最近では日本国内にも多数の学校が作られており、自分の目的や条件に合った学校を選ぶことができます。

専門学校の種類と特徴

リフレクソロジーの専門学校と一言で言っても運営母体や流れに違いがあります。

同じようにリフレクソロジーの資格が取れる点では、それほど気にする必要はありませんが、自分が通う専門学校はどのような流れなのかを知っておいても損はありません。

主なリフレクソロジーの学校としては次のようなものがあります。

リフレクソロジーの専門学校、スクール
リフレクソロジーの歴史や知識などを基礎から学び、リフレクソロジストになるための技術や技能などを習得できます。必要な過程を納めて卒業もしくは認定試験に合格するとリフレクソロジストとしての民間資格を取得できます。本格的にリフレクソロジーを学びたい人に適した学校です。

サロン直営のリフレクソロジー学校
リフレクソロジーサロンを経営している企業の直営校(スクール)です。学校卒業後は直営サロンに勤務することも可能で、在校中から働きながら学べるシステムを採用しているところもあります。学費の資金面が不安な人にも適した学校です。

総合的な学校やスクール
リフレクソロジーだけでなくエステやアロマなども学べる学校です。専門校ではありませんが、リフレクソロジー科などが設けられています。リフレクソロジーを専門に学べる学校や全般的なケアをオールマイティーに学べる学校などさまざまな種類があります。

リフレクソロジー専門学校では、どんな資格が取得できるの?

リフレクソロジストには国家資格などの公的な資格はありません。

リフレクソロジーの専門学校やスクールでは独自の民間資格を発行しており、学校卒業または認定試験に合格するとそれぞれの資格を取得することができます。

同じ学校でも初級から1級・2級というように段階を設け、さらに上位資格のアドバイサーやインストラクターなどの資格を設けているところもあります。

こうした資格は民間のものではありますが、サロン勤務のための就活や独立開業などを行なううえでは心強い武器となるでしょう。

スクールの期間・学費の目安

リフレクソロジスト資格の取得までに必要となる学費や費用は学校によって異なります。

一例を挙げると期間90時間程度という手軽なコースから期間1年間といったコースまであります。

90時間程度であれば仕事をしながらでも通学できますし、1年間の通学であれば本格的にリフレクソロジーを学ぶことができます。

学費に関しては40万円程度から200万円程度まで、期間や内容に応じて段階がありますので一概にはいえません。

予算が決まっているようなら、手軽なコースから初めて徐々にレベルアップしていくという方法を採ることも可能です。

リフレクソロジストになる方法と資格
リフレクソロジストになる方法と資格「人を癒すのが好き!」 「リフレクソロジーを仕事にしたい!」 「リフレクソロジーに興味があるけど、どうすればプロになれる?」 「リ...
リフレクソロジストの仕事と資格に興味がある方
  • リフレクソロジーの資格を取りたい!
  • どんなリフレクソロジーの資格があるかもっと知りたい!
  • とりあえずリフレクソロジストの勉強のとっかかりが欲しい!
  • リフレクソロジーの講座やスクールの資料が欲しい!
  • 資格や講座の種類を比較したい!

そう、お考えのあなたならこちらチェック!